ココナラでアイコン作成の依頼をしたら、何もかも変わった話【表情差分】

ラッシュモア山のアイコン 岡山のブログ

こんにちは。

岡山で会社員をしながらブログを書いている神高(かんだか)です。

2019年11月にブログ開設をしてからしばらく、無料で作れるアイコン(アバター)を使っていました。

でも、そろそろ表情をつけて、「 cocoon 」(無料のワードプレステーマ)の「吹き出し」機能を楽しみたいな、と思ったので、思い切って「ココナラ」にお願いしました。

結果は……、

神高
神高

もっと、早くお願いすればよかった……

せっかくの「ハッピーな」経験なので、ご紹介しておきます。

こんな岡山みたいな地方に住んでいても、ネットですぐに頼める時代。ほんと、便利ですよね。

ココナラでアイコンの依頼をしたら、何もかもが変わった話【表情差分】

まずは、初期型ののアイコンに登場してもらいましょう。

神高|初期型
神高|初期型

初期型です。こんごともよろしく。

2019年9月23日に最初の記事を投稿する直前に「イケてる似顔絵メーカー」さんで作成させてもらったものです。丸顔、眼鏡、短めの髪、と実在する「本人らしさ」は出したつもりです。

カミサンの話では、「お兄さんみたい」ということですから、「親戚すじ」程度には似ているのでしょう。

で、今回、「本人の写真」などは公開せず、ブログの雰囲気を参考に「アイコン→アイコン」の孫引き(原典を無視しての引用)で作成してもらったのが、

神高
神高
新しい「神高十真」です

正直、「ひとめぼれ」です。500×500のフルサイズで紹介すると、こちら。

ブログの自己紹介、Twitter、Facebook、マイネオの掲示板(マイネ王)など、これからは全て、「彼」が主役です。

さて、再びカミサンの評価によると、「息子みたい」とのこと。

確かに、小5の息子はメガネをまだ掛けていないものの、雰囲気がとても似ています。

進化して、アイコンも第二世代に入った、ということでしょうか。

この表情一つで1,000円。納得のクオリティです。

とてもハッピーな「取引」ができました。

さらに、「カミさん」もつくってもらいました。実在の妻と、よく似ています。

カミさん
カミさん

つくってくれてありがとう

ココナラで見つけたクリエイターの方は、表情差分を格安で作ってくれました

今回、「ココナラ」でお願いした方は「表情差分、100円で作成します」と提案されていた「佐伯竜香」さんでした。

ココナラ|佐伯竜香さんの「ゆるいアイコン描きます」

「表情差分(ひょうじょうさぶん)」=「最初に作成するアイコンの表情違い」

つまり、これから紹介する「各表情」は、一つ100円で作成していただいたのです。

アンビリーバブル!

まずは、「喜怒哀楽」から。

注)それぞれ、クリックいただくとフルサイズを表示します。

これらに追加して「ビックリ」「はてな?」「おいおい」をお願いしました。

つまり、メインを入れて、これら全部で「1,700円」です。

しかも、これらの前に「ラフ(スケッチ)」を24種類送っていただき、その中から選んでの「7つ」。

どうです、素晴らしいでしょう?

プロの仕事の「すごさ」を見せていただきました。しかも、ぼく自身の確認作業を含めても、全て揃うのに約1週間です。

一つの「匿名アイコン(顔出しNG)」から、ここまで創っていただけたわけです。

何事も、「才能」x「努力」ですねー。

「できる人」に頼まないと、水車すら回りません

ブログのアイコンで「アシスタント登場」も検討中

ぼくのような類の、比較的「まじめ」なテーマで運営されているブログは、「アシスタント」がつきもののようです。

たとえば、教育系のテレビ番組では、

  • モグタン(まんがはじめて物語)
  • ゴン太くん(できるかな)
  • ゴロリ(つくってあそぼ、ほか)
  • アボット(???)

など、枚挙にいとまがありません。(最後は、YAMASA のパチスロ「タイムクロス」ですけど……)

というのも、会話形式で番組や記事を始めると、「導入部の固さ」がやわらぐからです。

たとえば、ビジタブルの「貿易事務関連」の記事は、「本格的な貿易実務に携わっている人でも、業務改善に役立つレベル」を目指していますから、画面に「ロボット犬」や「天然キャラのお嬢さん」が登場すると、職場で閲覧しにくくなります。

ということで、ロボット犬(仮)登場は、「趣味・ブログ」カテゴリーがどこまで伸びるかで検討したいと思います。

ココナラは、「出品者」「依頼者」ともに「匿名」で取引できる

ココナラ」は、「出品者(サービスを提供する人)」「依頼者(サービスを頼みたい人)」ともに「匿名(とくめい、本名や連絡先、口座番号などを相手に知られないこと)」で取引できるのです。

「メルカリ」が世に出てきて、「匿名取引」が一気に広がりました。「ヤフオク」も2017年末(本格的な運用は2018年)から、互いに個人情報を知られず、荷物を受け渡しできるサービスが出てきました。

注)家財道具などの大きい荷物は、さすがにダメです。まだ、対応できる運送業者がありません。

ココナラ」は、出品者側が本名とはとても思えない「ハンドルネーム(ネット上のあだ名、ビジネスネーム)」を名乗っている人がほとんどなので、依頼者側も「ハンドルネーム」で構わないのです。

いろいろな事情で「顔出し」できず、それでもネットの世界で何か、面白いことをしたい、という人にとって、「ココナラ」は力になってくれるサービスです。

まとめ:ブログが「趣味」なら、ココナラを試してみる価値はあります

たとえば、TOEIC を趣味として楽しんでいる人(年に数回受けるなら、立派な趣味でしょう)は、都度、「6,490円」の受験料を支払っています。

(注:消費増税とは別に、2020年4月から、さらに値上げされています)

何をするにも、「趣味」を本格的に楽しむには、多少のお金がかかります。

そういう意味では、ブログだって、「何から何まで『ゼロ円』以外はありえない」とこだわるのも、もったいない。

アイコンやデザイン画などに少しだけ投資してみると、「趣味」としての「楽しみ」「深み」が増えますよ。

↓↓↓ 「ココナラ」を利用したい方は、こちらからどうぞ。 ↓↓↓

キャンペーンで「割引クーポン」を配っている時があります
タイトルとURLをコピーしました