【実録】英検1級の面接もオンライン英会話で対策可能! 【合格体験記】

英語・英検

こんにちは。

とあるメーカーで貿易実務に関わって20年超の神高(かんだか)です。

もともと、英語を使う仕事に就きたい、と思い、若いころから海外営業や貿易実務周辺の仕事に関わってきました。

資格試験への挑戦も嫌いじゃなく、TOEIC だけでなく、英検にも挑戦しています。

とはいえ、特別な才能はなくて、随分と時間がかかってるんですよね (^^;。

具体的には、1次試験(筆記とリスニング)に4回挑戦しています。

そして、最後は 2018年7月に英検1級の二次試験を受けて、長年の目標を達成しました。

英検1級の面接もオンライン英会話で対策可能! 【合格体験記】

さっそく、合格体験記にまいりましょう。

恥ずかしい内容ながら、リアリティを感じて欲しいので、合格証とぼくの1級の一次試験の得点推移を掲載します。

ReadingListeningWritingTotalTarget
2017年第1回62263667119292028G1-4
2017年第2回66765862219472028G1-4
2017年第3回66665865419782028G1-2
2018年第1回67371167620602028G1+2

注)携帯電話で閲覧中の方は横にしてください

英検1級一次合格

英検一級二次合格

どうです、ギリギリでしょう?(笑)

幸い、この2次試験(面接)は一発合格だったのですが、ずいぶんとおもしろい経験をしました。

それは、「オンライン英会話のレベルの高さ」、そして「学ぶコストの低さ」です。

ぼくの一発合格は、A&A ENGLISH というオンライン英会話の ALEX先生のおかげです。

一次試験に三回連続で落ちていることと、最近、二次試験がかなり難化していると噂に聞いていたことから、正直、二次試験には相当な不安がありました。

神高
神高

「どうやって準備しようか。街の英会話学校のプライベートレッスンを払うほどの経済的余裕もないしな……」なんて感じで。

しかし、今はオンライン英会話がある。

これに賭けてみよう。

腹は決まりました。

今までも、小学生の息子の経験のために、とインターネットでオンライン英会話を比較検討していたので、ある程度、オンライン英会話の実情はわかっています。

ただ、正直、1級まで対応しているサービスは少なく、対応をうたっていても、オンライン英会話にしては時間当たりの単価が高い印象でした。

でも、ここは違った。

そして、二次試験の準備ができた、というわけです。

英検1級の面接をオンライン英会話で「一発合格」に導いてくれたAlex先生

A&A ENGLISHは日本(東京)に拠点があるサービスで、フィリピン人、アメリカ人、日本人の先生が在籍されています。

1回のお試しレッスンをフィリピン人の女性教師で受講したものの、しっくりこない。

そこで、運営の方に「実は英検1級の2次試験の準備をしたいのですが…」と相談したところ、Alex 先生を紹介いただきました。

Alex 先生は教員免許も持たれているフィリピン人男性。

英検二次試験の指導経験が豊富で、1級で合格者を多数、輩出されています。

レッスンの日は毎回、スカイプをつないで数分間、試験問題の準備が終わるまで、少し雑談をしました。

その中で、過去、英検1級二次受験者への助言、一般的に日本人が苦手にしている部分など参考になる情報を教えていただきました。

1級のスピーチは、まず5つのトピックの中から1つを選びます。

その論点に対して、最初に賛成か反対の立場を表明し、根拠を数点、述べるのがテンプレート。

その根拠をいくつ述べるべきか、との問いには「二つで合格できる。一般的に言われる三つでは、ほどんどの受験者は時間が足りない」と明確な助言をいただきました。

これで、本試験への迷いがなくなった、といえます。

ここで、Alex先生のレッスンの流れは、このようなものでした。

  1. 英検の過去問から、先生側で5つのスピーチのテーマを適当に選ぶ。
  2. スカイプのメッセージ機能で5つの選択肢が届く。
  3. 1分間でスピーチを準備し、2分間話す。その後、質疑応答が約4分行われる。

受講者側が問題を用意しないため、まさに試験同様、真の実力が試されます。

ここまでやって時間が余れば、別のトピックで、もう一ラウンド。

本当に、サービス精神旺盛な先生。

僕は毎回、25分のレッスンでヘトヘトになっていました。

これほどのレベルの指導をしていただいて、25分のレッスンが300円。しかも月締めの後払い。(三千円の打ち間違いではありません)

二次試験の直前は、ライティングでも使ったジャパンタイムスの市販の英検1級用教材を持ち歩きながら、自分になじみのある論点を一つでも多く、一部でも暗唱できるよう音読を繰り返し、Alex先生の授業も可能な限り受け続けました。

週末に二次試験がある時期に海外出張が入ってしまい、時差がある中で携帯電話のスカイプを立ち上げてレッスンを受けたこともありました。

我々は、便利な時代に生きています。

A&A ENGLISH は、サブスク全盛の世の中で後払いのオンライン英会話

ミーティング

先ほども触れた通り、A&A ENGLISHでは、他社のサービスにはあまり見られない、後払い方式が採用されています。

月々、一定の金額を支払えばサービスを受け放題(ただし、一日あたりの受講回数に上限がある)、というビジネスモデルはサブスクリプション(通称サブスク)と呼ばれます。

現在、ほとんどの online 英会話学校はスポーツクラブやランチバイキングよろしく、サブスクを採用しています。(最近は洋服のサブスクもありますよね。STRIPE さんがされているメチャカリなど)

たしかにサブスクならば、毎日欠かさず、25分のプライベートレッスンを受ければ、1回あたり200円以下、などと信じられないような受講料を実現できます。

ただ、こういうサービスを利用された方なら、おわかりいただけるでしょう。

英語にせよ、何にせよ、毎日サービスを受けるのはフルタイムで働く社会人には非常に酷です。

もったいない、という気持ちが働いても「どうせ、数百円だしな」という不都合な言い訳が頭をもたげます。

ある時期に集中して練習、訓練したい時には、A&A ENGLISHなら、計画を立てやすい。

サブスクでは、通常、1日に受講できるレッスン数に制限があります。

一方、A&A なら調子の良い日は、2回、3回と集中して受講することもできます。

いつもよりやる気が出た朝、その気持ちを維持して受講できるのは気分の良いもの。

ALEX先生は朝にも強く、曜日によっては朝早から、予約を受け付けておられます。

もちろん、どんなサービスも一長一短、いろいろな側面があります。

もちろん、相性も。

サブスクもうまく活用すれば素晴らしいサービス形態で、息子のために選りすぐった中から一つのサブスク方式のonline英会話学校と契約しました。

目標やこれまでの勉強法、相性などから総合的に判断されることをおすすめします。

日本人の先生のレッスンも目的にあわせて受けたい|オンライン英会話なのに?

A&A ENGLISHには日本人の先生方も4名、在籍されていると公式サイトで紹介されています。

ブログやtwitterをお持ちなので、拝見すると

…… !?

それはもう、いずれも猛者、というのか、四天王というのか、ぼくなどとても比較にならないレベルの英語の知識と経験をお持ちで、まさに英語のプロの方たち。

いずれ、資格試験などと関係なく、これまでの勉強法や英語を習得する上での心構えなどをうかがってみたいくらいです。

そういう変化球のレッスンを認めていただけるかどうか、まだ運営の方にうかがってないのでわからないのですが……。

日本語での雑談に終始するかも知れません。

ちなみに、日本人の講師の方のレッスンは25分で600円

(600円。 六千円の打ち間違いではありません)

尚、日本人の先生は取れるコマがかなり限られるので、事前に運営にメールで相談されるよう、おすすめします。

グループレッスン、プライベートレッスンのメリット・デメリット

ぼくは30歳前後まで、AEON、NOVA、GEOS などの街の英会話学校に通った経験があります。

すでに10年以上前の話で恐縮ですが、自己負担、会社負担、7~8名のグループレッスン、3~4名のセミプライベートなど、いろいろなレッスン形態で学んだことがあります。

しかし、いつの時代、どのスクールも、プライベートレッスンは高嶺の花でした。

プライベートレッスンを受けられるほどの経済的に余裕がある、あるいは会社の理解がある社会人の先輩方をうらやましく思ったものです。

しかし、いまや海外に直接オンライン接続することでプライベートレッスンを実現しています。

逆に、このようなオンラインの形態でグループレッスンは全く、コストダウンにならないこともあるのですが……

公式サイトによると2012年から継続して運営されているとのこと。このようなサービスを維持されていることに感謝。

本当に頭が下がります。

なお、ぼく自身は、準1級の二次試験の方が二次試験で苦労しました。

その時の経験も記事にまとめています。

英検1級のライティングとスピーキング、両方に利く参考書

最後に、学習の役にたった本を一つ、ご紹介しておきます。

もし、英検1級の「ネタの組み立て方」に困っているなら、こちらのライティングの参考書がオススメです。

全てのトピックについて「賛成」「反対」の立場のエッセイが用意されており、音読、暗唱すれば、二次の面接対策にもなります。

神高
神高

口コミの評価が高いのも納得の内容、マジでおススメできます。

英検1級の本番は、ライティングもスピーキングも「賛成」「反対」の立場を即座に決めて、その理由を2つか3つ、ひねり出す「大喜利」みたいなものですから、「ネタの組み立て方」は共通です。

≫英検1級の二次試験対策ができる「 A&A ENGLISH 」【公式サイト】はこちら

英検準1級までの二次試験対策なら、こちらの記事を参考にしてください。

管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年9月生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

ビジタブルをフォローする!
英語・英検
ビジタブルをフォローする!
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました