産経オンライン英会話|体験レッスンで後悔しない手順とは?

選択肢に迷う英語・仕事

こんにちは。

貿易実務を20年超、英検1級を40歳を超えて取得した神高(かんだか)です。

知り合いが「無料おためしがクレジットカード要らずで超簡単」と言っていた産経オンライン英会話の無料トライアル(2回の体験レッスン)を受講してみました。

無料おためし(2回)にクレカ(クレジットカード)の登録が不要、というのはありがたい。

誰でも今日から本格的なオンライン英会話のお試しレッスンが受けられます。

大学一年生など、まだクレジットカードの無い人、持てない人でも試せますからね。

最初にインプットするのは「名前」と「メールアドレス」だけ。

それだけみんなに試して欲しいということなんでしょう。

レッスンの品質も、初めて体験するなら十分なレベルです。

「スタンダード(伝統的)なオンライン英会話」の良い部分+αを、長い時間かけて築いてきたんだな、と感じます。

今回は、そんな産経オンライン英会話の「無料トライアルの始め方」にしぼってご紹介します。

オンライン英会話を試したことがなければ、是非、検討してみてください。

神高
神高

画面の順にインプットしていけば、無料で25分x2回の体験ができちゃいますよ

【無料】さっそく、ためしてみる:産経オンライン英会話 ▶▶▶

産経オンライン英会話|体験レッスンで後悔しない手順とは?

ひょうし抜けするくらい、簡単な情報で「無料お試し2回分」のオンライン英会話を受講できます。

産経オンライン英会話」の公式サイトから入ると、すぐに下のの画面に移ります。

ここまでできたら、半分、完了したようなものです。

 

オレンジのボタンをクリック、インプットする情報は「3つ」だけです

パスワードは自分の好きなものを入れてください。

神高
神高

メールアドレスの管理で使っているパスワードでは「ありません」

この英会話サービス用の仮のパスワードです。あとから変えられます。

3つの情報をインプットすると、入力内容の確認が行われます

どこまでいっても最後まで「無料」登録ですから、心配は要りません。

「送信する」を押すと、入力したメールアドレスに同じ情報が届きます。

 

メールアドレスには、申し込み確認用のメール(案内)が届きます

届いたメールのコピーを紹介します。青くなったところ(リンク)をクリックすると「無料登録」完了です。

お疲れ様でした。

神高
神高

ちなみに、ここでは gmail に届いたメールをコピーしています。

青いリンクを押すと、下のような画面に移ります。

あとは、会員としてログインして、最初から付いている「無料チケット2枚」を使うだけです。

そこまでは、クレジットカードなど、支払いに関する情報は不要です。

トライアルチケット2枚は、マイページ内に表示されています

トライアルチケットを使うために、「チケットで予約する」に入ってみましょう。

受講前に簡単なアンケートを答えます

受講前の簡単なアンケートに答えます。レッスンへの影響はすぐにはないので、迷ったら適当でOKです。

ちなみに、先生に前もって伝えておきたいことがあれば、枠内に「英語で」書いてみましょう。

たとえば、「 Please correct every wrong pronunciation, if any. 」(発音は、問題があれば毎回なおしてください)なんて書いておけば、より発音に注目して指導してくれることでしょう。

レッスン予約も全部オンライン、電話やメールは使いません

レッスン予約は全部オンラインで終わります。電話やメールを使いませんから、気を使わないのが良いですね。

「朝5時」から始まって、レッスン開始は30分刻みとなっています。最終は深夜0時30分にスタートするレッスンです。

実際の画面では顔写真が載っていますから、最初は「好み」や「フィーリング」で選びましょう。

選んだあと、こちらの画面に切り替わります。

良くわからなければ、1回目は「フリートーク」にしてみましょう。教材の指定もなしです。

「無料」ですから、気持ちを楽に始めましょう。

ちなみに、ネット上にある英文の記事やニュースを題材にフリートークすることもできます。

先生は日本語を読めない可能性が高いので、英語の記事にしてあげてください。

 

まとめ:確認画面でレッスンを確定したら、レッスン開始までに Skype の用意を済ませましょう

今回紹介した順序で無料登録を終えたら、25分のレッスンx2回を受講します。ここまでなら「無料」です。

ご自身、あるいはお子さんのために「品質」を知るだけなら、この2回で十分です。

そして、オンライン英会話が初めてなら、その「クオリティー(レッスンの品質)」に驚かれるでしょう。

いますぐ、未登録のメールアドレスを用意して申し込んでみましょう。今日から、ためせます。

 公式サイトはこちら ▶▶▶ 産経オンライン英会話

ネットで得た産経オンライン英会話の評判、よくあるQ&A

最初のトライアル(2回)の時点では悩む必要はないですが、実際に2回のレッスンを受けてみると、以下のような疑問も出てくることでしょう。

  • 仕事が忙しいので、続けられるか不安です。
英語を短期間で身につけるためには、日々の積み重ねが大切です。そのため、1日の隙間時間を作り、英語習得のために時間を割いて頂くことになります。しかし、あなたのライフスタイルに合わせた学習プランや学習スケジュール管理の設計をコンサルタントと二人三脚で行っていきますので、ご安心ください。
  • 過去にオンライン英会話で挫折してしまったことがあります。
当プログラムは学習コンサルタントが生活スケジュールに合わせて毎日することを細かくご提案。定期的な進捗確認面談や回数無制限のメールサポートで学習の習慣を身につけることができます。
  • レベルはどのように決まるのですか?
レベルチェックにはCASEC SPEAKINGというテストを利用します。初心者~中級者に特化したWEBテストで、特別なトレーニングを受けた英語ネイティブスピーカーが採点を実施。受験後、5営業日程度でオンラインでスコアレポートが表示されます。

まあ、受ける前から心配しても仕方ありません。いずれにしても、いまやスカイプはスマホアプリでも気軽に使えるのですから、無料のトライアルレッスンを受けてみましょう。

続けられるかどうかは、その時のフィーリングでわかります。

先生はいずれも明るく、感じの良い方が多い印象です。

 公式サイトはこちら ▶▶▶ 産経オンライン英会話
管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年9月生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

ビジタブルをフォローする!
【無料】slackのチャットに参加しませんか?
英語・仕事
この記事を応援する!
ビジタブルをフォローする!
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました