スポンサーリンク

INCOTERMS 2020 のトレーニングコースって何?

セミナー貿易実務・事務処理

2019年7月17日に、ICC(国際商業会議所)から入った一本のメールには、こう書かれていました。

「Incoterms(R) 2020 Training Courses(トレーニングコース/訓練コース/研修会)があります」

従来、インコタームズに関して、このような記述は見たことがなかったので、少々、驚きました。

というのも、INCOTERMS や貿易実務は、一般的に独学、OJT( On the Job Training )、資格試験や専門学校などを通じて学ぶものという認識だからです。

貿易実務で経験してきたことなども考慮しながら、翻訳してみました。

この変化について、プレスリリースを一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

2019年9月10日、INCOTERMS 2020 の概要が発表されました【追記】

2019年9月10日、INCOTERMS 2020 の概要が発表されました。

しかし、まだ読み込めてないので、いろいろと謎に包まれています。

ただ、発効(使えるようになる)は2020年の1月ですから、翻訳版が出るまではゆっくり構えておいて問題ありません。

INCOTERMS 2020が正式リリース!そのポイントとは?

インコタームズ2020の研修会(講習会)を世界各地で計画します

Due to the overwhelming importance of the Incoterms® rules for business, ICC will be providing dedicated training sessions to ensure that Incoterms® 2020 are used correctly by everyone, everywhere, every day. Misapplication of the Incoterms® rules, or trusting the guidance of fake Incoterms® rules providers, will result in damaging consequences for business.
Incoterms(R)が定めるビジネスルールは極めて重要であるため、ICC(国際商業会議所)は(新しい)Incoterms(R)2020がいつでも、どこでも、そして誰でも正しく使用できるよう、専門の研修会(講習会)を提供していきます。 Incoterms(R)規則の誤用はもちろんのこと、正しくないIncoterms(R)規則を発信する者の情報を信用してしまえば、ビジネスに悪影響を及ぼすことになるからです。

インコタームズ2020 はオンライン研修あり

ICC dedicated training sessions help ensure that the Incoterms® rules are appropriately applied. Already, the ICC Academy, ICC’s dedicated e-learning platform, has announced the pre-order launch of the Incoterms® 2020 training courses, as well as the Incoterms® 2020 Certificate. Before 9 August 2019, users can sign up for a 15% early-bird special discount for the Incoterms® 2020 Certificate training course.
ICC(国際商業会議所)の専門の研修会(講習会)は、インコタームズのルールがうまく適用されていることを確認するのに役立ちます。すでに、ICCの専用eラーニングプラットフォームであるICCアカデミーが、Incoterms(R)2020研修コースとIncoterms(R)2020認定証の事前受け付け開始を発表しています。 2019年8月9日までの申し込みであれば、受講者はIncoterms(R)2020を習得した証明書を得るための研修コースを15%早割(はやわり)特別割引で始めることができます。

インコタームズ2000を習得するオンライントレーニングも始まります

ICC のあるパリの風景

The online training includes interactive case studies that allow trainees to apply their understanding of the Incoterms® rules by simulating real-life work scenarios. The course content was written by leading ICC experts to ensure consistency with ICC’s standards of excellence.
オンライントレーニングの中で、(貿易)実務上の作業内容を再現します。双方向的なケーススタディ(事例研究)も含まれているので、受講者はIncoterms(R)ルールの理解を深めることができます。また、コースの内容が、ICC(国際商業会議所)が定める「卓越した基準」を満たすものであることを確実にするため、ICC を代表する専門家によって書かれています。

インコタームズ2020のお披露目式は世界20か国、60都市以上で計画中

ICC national committees will also be offering a wide range of training sessions and supplemental services related to Incoterms® 2020. So far, these include 10 launch events and over 130 training seminars in 20 countries and over 60 cities worldwide.
ICC (国際商業会議所)内に設けられた委員会は、インコタームズ2020に関わる研修会と補助的なサービスを検討中です。いまのところ、研修会(講習会)は、世界20カ国、60都市以上で計画されます。合計すると、(世界中で)10回のお披露目イベントと130回を超える研修会が計画されています。

まとめ:インコタームズ2020の新しい試みは、普及活動へとつながる

いかがでしょうか。

Early Bird Special: $400 reduced to $340。ということで、体系的に学ぶには、少しお金がかかります。

また、英語かスペイン語しかないので、このままだとハードルが高いですね。

ICCアカデミーにはほかにもコースがあって、広告に関するレッスンは無料で受けられます。「英語で何かを学ぶ」という体験ができます。小テストがあるのも、良い感じです。

ICC-INCOTERMS_2020_

正直なところ、「インコタームズ」という言葉は知っていても、「ICC(国際商業会議所)」が定めていることや、2000年版、2010年版がある、といったことは、貿易実務に関わる人の中でも認識はバラバラです。(知らなくても、輸出入手続きはできますからね)

ただ、ICC は、FOBCIF が独り歩きしてしまい、いまだにコンテナ船輸送に FOBCIF が使われる現状に我慢ができなかったのでしょう。

道具(ツール)である以上、多くの人に使われていく中で、FOBCIF も本来の概念からは変質しています。

だから、INCOTERMS に登録商法をあらわす (R) や ®を付けることで、自分たちの管理下でしっかり正しい理解を届けたい、という思いが今回の発表で感じられます。

たしかに、スマホアプリでインコタームズの定義がいつでも確認できるようになれば、2010年版のようなこと(ゆっくりとした普及~場合によっては変更があったことすら知られていない)にはならないと予想します。

アプリが発表されたら、貿易に関わる「みんな」で使ってみましょう。

なお、このプレスリリースに関しては、先に前半に触れた二つの記事があります。

併せて、お読みください。

タイトルとURLをコピーしました