【貿易】B/LとSurrendered B/Lの違いと支払い条件の関係とは?

貿易実務・事務処理

「 サレンダー B/L 」は、「船会社が一旦 B/L (ビーエル、船荷証券)を発行」し、「荷主に原本の情報を教えて」、「その後すぐに回収してしまう」 B/L を意味します。(元地<もとち>回収とも言います)

 

数ある書類の中でも、B/L(船荷証券)は、最も重要なもののひとつ。

今回は、その原則(オリジナル B/L例外( Surrendered B/L )を順にみていきましょう。

 

神高
神高

「名前」と「外観」が似ているだけで、実はぜんぜん違う書類なんですよ。

 

注)オリジナル B/L についてはよくわかっている、という方は、目次の 2 – 「 Surrendered B/L の使い方とリスク」からどうぞ。

スポンサーリンク

B/Lは貨物そのもの、商品、製品の所有権が示されています

代金決済の仕組みの中心に、船荷証券(以降 オリジナル B/L、または単に B/L )はあります。

 

貨物を船に引き渡した時、オリジナル B/Lを発行するのは、貨物を載せた船の所属する船会社です。

船会社は、B/Lに書かれた貨物を確かに受け取った、という証明、すなわち受領書として B/L を発行します。

貨物をここからここまで運びますよ、という情報も記載されているので、INCOTERMSに基づく運送の契約(すなわち、誰が運賃を払うかなど)を説明、証明する書類でもあります。

貨物を受け取ったあと、発行される B/L の宛先は輸出者(通常は売主)となります。

 

もし、手元にB/Lの写しがあれば、Shipper(仕出人、輸出者)の欄を確認してみてください。

輸出者、売主の企業名、団体名などが B/L の左上に記載されているはずです。

先ほど説明した通り、B/L は「貨物の受領書」の機能があります。

貨物が船に引き渡されたあとも、貨物の所有権は「 B/L を持っている輸出者、売主」にある、というわけです。

 

B/L をそのまま持っていても意味がないので、輸出者(売主)は輸入者(買主)に原紙(オリジナル B/L )を送付します。

DHL や FEDEX などのクーリエ(国際的な宅配サービス)で輸入者(買主)に直接送ることもありますし、L/C(信用状)取引であれば、銀行を仲介して輸入者(買主)の手に渡ります。

輸入者(買主)の手に渡った「 B/L 」は、「受領書」から「証券」に変わります。

というのも、 B/L を持つ者は、貨物を輸入地で船会社から引き取る権利を有していて、B/L に裏書(うらがき、証券の裏にサインをし、権利の移転を証明すること)するだけでさらに第三者への譲渡も可能だからです。

 

手元に B/L の実物があれば、今度は Consignee(荷受人)欄を確認してみてください。

貨物を受け取る側、輸入者、買主の企業名や団体の情報があるはずです。

注)もし TO ORDERナントカ、と書かれていれば、それは L/C を介した取引です。銀行が一旦権利を持つため、そのような記載になっています。

 

B/L を持つものが、輸入地で貨物を受け取る権利を有する。

これは、貿易実務に関わるうえでとても大切な「原則」です。

スポンサーリンク

Surrendered B/L(サレンダービーエル) の使い方とリスク

日本とアジア周辺諸国との貿易では、Surrendered B/L という、形式上の B/L(実は B/L とは本質の異なる書類)が広く使われています。

「 Surrendered 」とは、船会社が一旦 B/L を発行し、荷主に原本の情報を教え、その後すぐに回収してしまう(元地<もとち>回収)ことを意味します。

 

このサレンダー B/L が広く使われるようになった理由は、輸送期間の急激な短縮です。

「素材」にしろ「機械」にしろ、メーカーであれば、輸出先はおそらくアジアの顧客がかなりの比率を占めていることでしょう。

業種の違い、景気の波などがありつつも、中国を中心としたアジア諸国は今もなお、世界の工場です。

 

先ほど説明したように、貨物を船会社から受け取るには、輸入者(買主)は B/L の原紙を入手する必要があります。

しかし、最近のコンテナ船は非常に速い。

中四国、関西地区を出港したコンテナ船は2、3日で韓国の釜山(プサン)に、7、8日程度で中国の上海に到着します。

となると、B/Lの原紙の到着よりも貨物の到着が早いケースが出てきます。(これを、B/L クライシスと呼びます)

貨物の到着からフリータイムのカウントは始まりますから、これでは期限までに貨物を輸入できず、デマレージのリスクも高まってしまいます。

B/L よりも貨物が先に到着すること(いわゆる B/L Crysis)を防ぐ目的で、サレンダー B/L が使われている、というわけです。

 

ただし、便利な仕組みにはリスクもあります。

この Surrendered B/L は証券としての機能を失っているため、原則的に L/C 決済では使えません。

(注:あくまで原則であって、各銀行と書面を交わして例外が認めらえるケースもあります)

サレンダー B/L を使えば、FAX でも PDF でも、とにかくコピーがあれば Surrendered B/L に明示された Consignee は貨物を船会社から受け取れる、という便利さがあります。

一方で、L/C などの銀行を介した取引では使えないため、売主には不利な状況が生まれやすい、というデメリットもあります。

したがって、契約内容や商品にもよりますが、Surrender B/L を用いる場合には一部/全部の代金を前もって受け取る、船積み前に代金回収を終えてしまう、といった対策が必要となる場合もあります。

 

もちろん、グループ会社や長年、取引のある信用が確立された間柄との取引であれば、そこまで考える必要はありません

問題は、確実な代金回収と貨物の引き渡しですから、信頼できる相手であれば、月末締めの翌月 T/T (電子送金)であっても何ら不都合はないでしょう。

スポンサーリンク

裏書なしでも、B/L所有者に貨物は引き渡されます

あれ?オリジナル B/Lは裏書しなければ貨物は引き渡されないのでは?と思ったあなた。

するどいですね。

証券として扱われる以上、B/L には裏書譲渡(うらがきじょうと)できる機能が備わっています。

日商簿記の3級の範囲、「約束手形(やくそくてがた)」というしくみと比較してみましょう。

「約束手形」は、一定の様式を満たした有価証券で、期日が到来した時にそこに書かれた金額を払う、という約束を証明する書類です。

 

この約束は所有者が裏書(うらがき。本当に裏に直筆サインします)をすることで、新しい持ち主に権利が移ります(=裏書譲渡)。

まさにこれと同じ「譲渡」機能を B/L は持っています。

 

ただし、B/Lの場合、原則として「B/Lを持つ者」は「裏書がなくても」貨物を受け取ることができます。

もちろん、B/L やサインが改ざんされたような形跡がある場合などは、船会社は何らかの判断をします。

また、船会社が独自に内規(社内規定)を定めて、ややこしい手続きを踏まなければ裏書のない B/L では貨物を渡さない、という例もあるようです。

ただ、原則としては、「裏書があってもなくても」 B/L を持つ者は貨物を受け取る権利があります。

したがい、B/Lの受け渡しには常に慎重になるべきです。

 

信用状( L/C )を用いておれば当然、代金回収と B/L は切り離せません。セットで扱われます。

ですから、裏書された B/L が必ず介在するので、不用意なことはなされないと思います。

しかし、T/T(電子送金)やD/P、D/A( 銀行を介した B/L を使った代金決済の一種 )などであれば、いわゆる取り込み詐欺(=貨物だけ奪われて代金をもらえないこと)に巻き込まれる危険もあります。

慣れてくると、どうしても扱いが雑になりがちですが、サレンダーではないオリジナルB/Lは貨物そのものだと思って大切に扱いたいものです。

 

神高
神高

ところで、日商簿記3級の勉強をされた方。「船荷証券」の仕訳(しわけ)って憶えておられますか?

スポンサーリンク

日商簿記3級の試験問題の中にも出される「船荷証券」

もう少し、「簿記」と「船荷証券」の比較をしてみましょう。

日商簿記3級など、会計の資格試験に取り組んだ人なら、以下のような問題を見たことがあるでしょう。

「大阪商店は荷為替(50万円)を引き受けて船荷証券を受け取った。仕訳せよ」

簿記の試験なので「船荷証券」とありますが、これは間違いなくオリジナル B/L を指しています。

この仕訳では、資産に「未着品」50万円が計上されます。

つまり、船荷証券を受け取ったら、貨物そのもの(未着品という勘定科目)が資産にカウントされるわけです。

 

簿記を先に学ぶと、特に「証券」の仕組みを理解していない人にとっては、「いったい、何のこと?」な問題です。

しかし、ここまでの説明で、船荷証券( B/L )が何かを理解しておれば、紙切れ一つで、なぜ荷物を受け取ったも同然の仕訳(しわけ)をするのか、理解できるようになります。

 

極端な話、コンビニで朝ごはんのバナナを買うとき、契約書を作る人はいないでしょう。

しかし、コンテナいっぱい( FCL )のバナナをDOLE社からリーファーコンテナ(冷凍・冷蔵ができるコンテナ)で購入するとなれば、何度か商談が必要ですし、結果を契約書として残す必要も出てきます。

この取引の履歴が、帳簿上に「仕訳」として載ってきます。

ビジネスである以上、買主は確実に貨物を受け取れるように、あらゆる注意を払います。

一方、売主の DOLE 社側も代金回収(買主から売主がお金を受け取ること)を確実に行えるように様々な準備をすることになります。

その貨物の受け渡しの中心に「船荷証券」はあります。

スポンサーリンク

まとめ:「サレンダー」と「 Surrendered 」

最後に、もう一度おさらいしておきましょう。

 

貿易実務に関わる中で、Surrendered B/L のことを「サレンダー」と呼ぶことがあります。

厳密にはSurrendered(サレンダード)。

 

神高
神高

日本人同士の会話で「サレンダードですよね」などと言い換えたりするのは、「面倒臭いヤツめ」と思われるのでやめましょう。

 

しかし、海外の顧客、取引先とやり取りする時は別です。

「Please arrange B/L to be issued as “SURRENDERED” for PO NO. XXX.」等々、極力、正確に電子メールなどで伝えるべきです。

ここを曖昧にすると、こちらの意図が通じない可能性があります。

 

Surrendered B/L を用いるかどうかの判断は、代金決済と直結しています。

極論すれば、Surrendered で単なる送り状になってしまうからです。

必要以上に心配する必要はありませんが、便利なものにはリスクもある、と認識しておきましょう。

 

最後に。

会社方針などで L/C決済が必須で、輸入時のフリータイムにお悩みなら、 Bene Cert(Beneficiary Certificate、ベネサート)という手もあります。

参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました