「社会人なら一度は読みたい本」とは?▶

通関士にバッジってないらしいですね|国家資格(士業)のバッジについて

貿易実務・通関士試験

こんにちは。

とあるメーカーで海外営業に関わって20年超の神高(かんだか)です。

仕事柄、まれに弁護士さんと打ち合わせすることがあるのですが、胸に付けた「向日葵(ひまわり)」と「天秤(てんびん)」バッジを目にするだけで、権威を感じます。

一方、取引先の通関士さんに聞いたところだと、通関士ってバッジが無いらしいですね。

何か通関士らしいバッジがあると、面白いんだけどなあ、と思っていたら、ネットで興味深い記述を見つけました。

通関業者の前身である「税関貨物取扱人」にはバッジがあったそうなのです。

通関士にバッジってないらしいね|国家資格(士業)のバッジについて

国家資格でありながら個人で独立開業しないからでしょうか、通関士には有資格者をあらわすバッジが(知る限り)ありません。

確かに、貨物の立ち合いをする際に通関士さんがバッジを付けているイメージはありません。

作業着だったりしますのでね……。

ただ、ネットで調べてみると、通関業者の前身「税関貨物取扱人」の従業員にはバッジがあったとのこと。

その写真がこちらです。

ほー、確かに裏面に「税関貨物取扱人従業者之章」と刻印されています。

従業者、ということは、今でいう通関士を含めた通関業者の社員を証するバッジ、ということになります。

C が Custom (税関)、B が Broker (ブローカー)という意味ではないか、と。

ただ、インターネットにこれ以上の情報がないので、真偽のほどはわかりません。

そういえば、神戸でお付き合いしている乙仲さんが通関士の1期生だった、とうかがいました。

あの方でさえ、もうかなりのご年配だからなあ・・・。

もし、過去の事情をご存じの方がいらっしゃったら、ご教示いただきたいと存じます。

それでは。

タイトルとURLをコピーしました