「社会人なら一度は読みたい本」とは?▶

通関士ってどんな問題が出題されるの?|法律に関する資格試験だから……

選択の扉貿易実務・通関士試験

こんにちは。

貿易実務に関わって20年以上、通関士試験も3科目受験で合格している神高(かんだか)です。

「通関士の試験って、どんな問題が出されるんですか?」と職場の若い人に聞かれました。

神高
神高

通関士は法律に関する国家資格なので、ほかの法律に関する資格の形式とよく似ています。

今回は、「法律に関する資格試験」としての通関士試験に注目して一緒にみていきましょう。

通関士ってどんな問題が出題されるの?|法律に関する資格試験だから……

通関士試験の問題は、「税関(ぜいかん)」のホームページで無料公開されています。

3科目で構成されていて、各試験の問題数は以下となっています。(受験案内より)

 

スクールなどでは、他の法律系の資格と比べるために、シンプルにこのように書いているところもあります。

試験科目出題形式及び配点
択一式選択式計算式
《1》通関業法10点(10問)35点(10問)なし
《2》関税法等15点(15問)45点(15問)
《3》通関実務申告書20点(2問)
5点(5問)10点(5問)10点(5問)

 

ここで、「択一式」というのは、弁護士や行政書士、宅建などと同じく、選択肢から「正しいもの」「誤っているもの」を選ぶタイプの問題です。

たとえば、こんな形式です(実際の選択肢は5つあります)。

次の記述は、通関業務及び関連業務に関するものであるが、その記述の誤っているものはどれか。一つを選び、その番号をマークしなさい。なお、誤っている記述がない場合には、「0」をマークしなさい。
  • 1  通関業者は、通関業法以外の法律において行うことが制限されている事項を除き、関連業務として、通関業者の名称を用いて、他人の依頼に応じ、通関業務に先行し、後続し、その他当該業務に関連する業務を行うことができる。
  • 2  他人の依頼によってその依頼をした者を代理してする関税法第 7 条第 3 項の規定による輸入貨物に係る課税標準の教示の求めは、関連業務である。 ……(続く)

一方、「選択式」は通関士に特徴的な問題形式で、二種類あります。

  • 選択式-①:穴埋め問題
  • 選択式ー②:正しいものをすべて選ぶ問題

この「穴埋め問題」こそが大きな「得点源」です。

得点源は穴埋め問題、だけど「通関実務」には「穴埋め」問題がない

ロッテルダムのフィーダーコンテナ船

通関士の試験を実際に眺めてみると、穴埋め問題が得点源であることはすぐにわかります。

というのも、穴に入る候補は2つか3つ程度に限定される問題が多いからです。

たとえば、第53回で以下の問題が出されました。

「通関業務」とは、他人の依頼によって、関税法に基づき税関官署に対してする輸出又は輸入の申告等の手続又は行為につき、その依頼をした者の( ホ )をすることをいう。
選択肢は15個示されているものの、この枠に入る可能性があるのは限られていて、「代行」「代理」「代理又は代行」の3つだけです。(正解は「代理又は代行」)

この3択から正答できれば、得点がもらえるわけです。

一方、「択一式」は5つのうち、一つを選ぶのでそれだけ失敗(誤答)をする確率が高い。

一つ一つの問題、選択肢の難易度はあるものの、「失敗しやすさ」という意味でいえば、穴埋め問題が得点を確保しやすい。

そして、一科目目の「通関業法」、二科目目の「関税法」には、穴埋め問題がたくさんあります。

  • 通関業法(1科目目): 選択問題10問のうち、穴埋め問題は5問
  • 関税法(2科目目): 選択問題15問のうち、穴埋め問題は5問

合格ラインは「各科目70%」が目安ですから、これは大きいですよ

「穴埋め問題」で大きく得点を「上げ底(あげぞこ)」することができます。

だからこそ、この2科目、とくに「通関業法」は本番での「大失敗」が起きにくくなっています。

神高
神高

でも、その「穴埋め問題」が3科目目の「通関実務」には無いんです。

ゼロ問、ですよ。

通関実務(3科目目)の得点源は計算問題と輸出申告

3科目目の「通関実務」には、穴埋め問題が一問もありません。ゼロです。

最初の問題が「輸出申告」で、続くのが「輸入申告」。

そのあとに「穴埋めではない」選択式が続きます。

その記述の正しいものはどれか。すべてを選び、その番号をマークしなさい。

このようなスタイルの問題ですね。

そして、これらの選択式問題は、いずれも求められるレベルが高いのです。

法律を根拠にしているならまだしも、「基本通達」という運用上の但し書き(ただしがき)まで問われるケースがありますから、自信をもって選択肢を選べない、非常に難しい問題が続きます。

3科目目の「通関実務」だけダントツで難しいのは、このような問題構成にも理由があるのです。

神高
神高

科目免除を使える立場にある人は、ぜひ検討してみましょう。

2科目なら、通関士試験は「別物の試験」ですから

3科目目の通関実務では「計算問題」と「輸出申告」を得点源にしたい

今回の内容をまとめておきましょう。

通関士試験の構成から戦略を練るなら、3科目目の通関実務では「計算問題」と「輸出申告」を得点源にしたいところです。

特に「計算問題」では、満点さえ狙っていきたい。

得点源となってくれる「穴埋め問題」が一問もないのですから、問題のパターンが比較的少ないところで得点を重ねるのが得策です。

逆に、計算問題は苦手意識を持ってしまうと、合格はかなり遠くなってしまいます。

パターンが限られていて、全問正解も十分に狙える難易度(レベル)ですから、学習の途中で定期的に計算問題を解いておくと、試験本番でも自信をもって臨めることでしょう。

神高
神高

100均の電卓でも計算できるような範囲だけですからね。

「計算」、というだけで苦手意識を持つのは、もったいない。

「択一式」や「選択式」は、決められた中から選ぶので簡単そうですけど、実は間違い、勘違いを誘う「ワナ」がちりばめられています。

その点、計算問題は「ワナ」が少ないですから、しっかり準備して取り組むだけの価値はありますよ。

最後に。

もし、通関士試験の勉強を続けていて、モチベーションが上がらないな、と感じているなら、こちらの記事を読んでみてください。

ぼくは、考え方しだいで、通関士資格にはまだまだ将来性があると考えています。

 

また、効率的で価格も安い「動画で学べる通信講座」についても、別の記事にまとめています。

通関士の通信講座~動画で学べる7つを比較【2020年合格目標】

タイトルとURLをコピーしました