副業と本業のバランス|メインの仕事の夢はあきらめるべきか?

ウェブを使ったビジネス 岡山のブログ
神高
神高

ようこそ、お越しくださいました。神高(かんだか)です。

ぼくは、岡山で勤め人として仕事をこなしながら、空いた時間や休日にブログ記事を書く生活が数か月続いています。

あなたは「会社員(=勤め人)として、かなえたい夢」がありますか?

一方で、「ビジネスマンとして、どうしても叶えたい夢」もあります。

そのバランスについて、一緒に考えてみましょう。

副業と本業のバランス|メインの仕事の夢はあきらめるべきか?

泣き顔

今の仕事を選ぶ時、あなたは漠然と「夢」や「希望」を抱いて会社に入りましたよね?

あるいは、仕事を進めるうちに、「こんな夢を実現したい」というものが出てきたのではないでしょうか。

ぼくは60歳までに以下の二つを「会社員として」実現したいと考えています。

  • 海外拠点長(かいがいきょてんちょう)になる
  • 〇〇円(自粛)以上の「新事業」または「新マーケット」を生み出す

 

これらは、今の自分であれば組織の中でしか実現できないことです。

著名なブロガーや起業コンサルタントがいくら「脱会社員」を煽(あお)ろうとも、自分の心に素直に聞いた時の反応が「こたえ」。

そんなことが、したいんじゃない。

ぼくの中の「もう一人の自分」は、いつだってそう答えます。

だから、「ビジネスマンとしての夢」は、ブログに熱中していても、あきらめられないのです。

ぼくは心の底から、本業で(会社員として)扱っている製品(産業機械の一種)は良いものだと思っています。

「価格が安いから」というだけで中途半端なものを買わされている顧客は「かわいそう」だと本気で思っています。

希望をかなえたいなら、本業の質は落とさないほうがいい

「ビジネスマンとしての夢」をかなえるために、本業ではエネルギーを温存して副業に……、などという言説も見かけます。

しかし、ぼくはそれは違うと思います。

どちらも、あきらめる必要はありません。

(注:あなたがこの分野でよほど天才的な適性の持ち主で、本業を超えるほどの年収をブログから得られるなら話は別です)

本業の学びをブログで活かし、ブログでの学びを仕事にも応用するのです。

経験から得た知識は、定年後も一生、活かせるはず。

自分のペースで続けていけばいい。つまり、能力不足は、時間で解決していけばいい。

たとえば、毎週二つの記事を投稿すれば年間100記事。10年続ければ1000記事です。

書く分野にもよりますが、うまくテーマを選べば、息の長い記事がその中には残るでしょう。

だから、本業の質は落とさない。ただし、時間がかかることも受け入れる。

 

焦って、高額なコンサルタントや情報商材( 高額な note も含む)を買う必要はありません。

だって、本業で十分生活できているんですから。心にも生活にも「まだ」余裕がある。

なのになぜ、「楽して儲かる秘密の話」に乗らなきゃいけない?

なぜ、「半年で結果が出る話」を聞かなきゃいけない?

 

神高
神高

申し訳ないけど、間に合ってます。ところで、海外生活の中で、英語で不便を感じることはありませんか?

ツイッターでダイレクトメールを送ってきた「情報商材屋」さんに返したメッセージです。

そのあと、何も連絡は来なくなりました。

少しは力になれるかも、と思ったんだけどな。

どこかで、幸せな人生を歩んでおられることを祈っております。

 

10年後、あなたは何歳ですか?ぼくの場合だと55歳です。

ほら、そこからだって、先は長いでしょう?

サラリーマンの後半は、今までお世話になった分を社内の若い世代に返していきたいと考えています。

もちろん、ブログだって続けていきます。自分の財産になりますからね。

世の中には、10年以上続いているブログやウェブサイトもたくさんあるのです。

副業に時間を使いたいなら、酒とテレビとスマホゲームを減らしたい

スマホ

夢じゃなくて、あきらめた方が良いこともあります。酒とテレビとスマホゲームと……。

神高
神高

あくまで、ぼくのケースですよ。

もともとお酒が好きですし、テレビも好きです。仕事のある日はたいてい、家で晩酌でした。

スマホゲームもついつい触っちゃう。

ただ、ブログを始めてから、すっかりそれらを楽しむ時間が減りました。

暇がないというか、時間がないというか。

家族や通勤途中に出会う人々をみていて痛感するのは、「スマホゲーム」の時間泥棒ぶりです。

あれほどの時間をスマホゲームにかけられるなら、毎日ブログを更新することなど、わけもないことでしょう。

ログインボーナスにガチャ、ランキング、GPS との連携など、継続させるための仕組みが満載。

我々は、誰かの作った「仕掛け」の中で時間を奪われていきます。

でも、「自前のブログ」を持っている、あるいは持とうとしているなら、そろそろ控えていきませんか?

一気にゼロにする必要はありません。少しずつ、ね。

我々には、ストレスのかかる本業がありますから、無理せず、できる範囲から少しずつでいいんです。

Office 365 など、本業で使い慣れたツールをどんどん使いましょう

長くビジネスマンを続けてきたからこそ書ける種類のブログ記事はありますし、使えるツールやスキルもあります。

たとえば、マイクロソフトのクラウド Office 365 は企業を対象としたクラウドサービスですが、個人でも「管理者権限」を持ちながら運用できます。

オンライン版のWord、Excel、Sharepoint、それからPower BI 、Azure まで連携させて月額ワンコイン~で使えます。

しかも、勤務先と違って自分名義のクレジットカードを登録できますから、Azure 周辺の Vision API ( OCR による文字認識や画像認識)など、 AI (人工知能)関連のサービスも試せます。

それらだって、個人が趣味で使う程度なら、処理量がわずかなので、ほぼ無料。

これは「ブログ運営のために自分で学んだこと」が「本業に活かせる」事例となりうるでしょう。

あるいは、「本業で学んだ」ことが「ブログ運営で活かせる」サンプルになります。

繰り返します。

ブログを書いているからといって、「本業での夢」「ビジネスマンとしてかなえたい夢」をあきらめる必要はないんです。

会社にいる時間は、他のことには使えないわけですから、「職務専念義務」にしたがって「本業で活かせる」技術や知識の習得、トライアルアンドエラー(試行錯誤)を続けていきましょう。

結局、それが「ブログ」運営にも活きてきますからね。

 

神高
神高

そうそう、ブログを始めようとしている人、始めたばかりの会社員の人に知っておいて欲しいことをまとめています。

よろしければ、あわせてどうぞ。

詳しくはこちら:ブログを始めたい会社員が後悔しないための15の注意点とは?【2020年版】

タイトルとURLをコピーしました