ブログのコンセプトはどう決める?【答え:正解は自分しかわからない】

ステップアップ 岡山のブログ

岡山で会社員を続けながらブログを継続している神高(かんだか)です。

神高
神高

ようこそ、お越しくださいました。

あなたはブログを始めたいと思っていますか?

あるいは、サーバーは借りたけれど、何もコンセプト(サイトのアイデアや記事の内容)が浮かばない。

なるほど。

ぼくは、昼間は勤め人として仕事をこなしながら、空いた時間や休日にブログ記事を書く生活が続いています。

こうなると、すっかり趣味ですね。

ただ、最初のブログ「ビジタブル」という名前を付けるまで、結構、悩みましたね。

 

神高
神高

今回は、ぼくの経験とブログのコンセプト選定に困っている方にヒントをお伝えします。

ブログのコンセプトはどう決める?【答え:正解は自分しかわからない】

ブログを始める時、まずは「1000文字(~2000文字)x100記事」を「半年~1年」で「楽しく」書ける分野を考えてみる必要があります。

なぜなら、知識ゼロから始めるなら、これくらい書かないと Google や Yahoo! の検索上位にほとんど表示されないからです。

検索されなければ、入り口がわからないわけですから、なかなか読者は増えません。

神高
神高

リンクを知ってる知人友人以外、誰にも読まれなくていいなら構いませんけど、できることなら不特定の人に読んで欲しいですよね。

ブログのコンセプトは、本当に何でもいいんです。

  • 「30代を対象にした女性誌のレビューなら半年で100記事書けるわ」
  • 「中国地方のゴルフ場についてなら、それくらいは書けそうだ」

この手の判断は、他人ではできませんよね。やっぱり自分じゃないと選べない。

狭すぎると書くネタに困りますし、広すぎると本気で検索の上位を狙いに来ている「通販サイト」や「情報まとめサイト」に勝てません。

ほどよい「読者層の想定(ペルソナとも呼ばれます)」をしてみましょう。

ちなみに、「ビジタブル」の場合は、以下を中心に書き始めました。

  • 貿易実務の広く使える経験則を、「通関士」レベルから解説(メイン)
  • 貿易実務で使える英語表現や考え方
  • 英検1級に44歳で(ようやく)合格したノウハウや経験談
  • パソコン操作や船積書類作りの TIPS

ペルソナ(想定読者)は、「20代から40代の貿易実務に慣れつつある『実務者』たち」です。

OJT ( On the Job Training、現場で仕事の進め方を習うこと)だけで仕事を覚えた人は、知識は豊富でも「貿易」そのものを体系的にとらえるのが難しくなります。

一つ一つの「対処法」には詳しくても、「その背景にある法律やルール」とつながっておらず、頭の中でバラバラになってるでしょうからね。

記事を読んでもらい、「なるほど、こうすれば未然にトラブルを防げるのか」「こういう英語表現にすれば、確かにメールの返信が早くなったな」といったことを感じて欲しい。

そう思いながら、今でも「ビジタブル」では貿易関連の記事を書いています。

ブログのコンセプトが決まらないからといって、パクるのはやめましょう

うまくいってそうに見えるから、とほかのブログと同じ中身のものを作ると、十中八九「劣化(れっか)コピー」になります。

かけた時間が違うし、センスも違う。

単なるコピーがオリジナルを超えるのは「よほど」のこと。

島田紳助さんも言われていました。「漫才は B&B 洋七さんの『システム』をパクった」と。

神高
神高

芸を盗むために同じ師匠に付き、「島田姓」になったのです。

ただ、「システム」はパクったけど、「ネタ」は自分たちで考えた、とも。

パクるなら、ネタ(コンテンツ)じゃなく、システム(コンセプト)をパクりましょう。

「システム」をパクりたい、と思わせる「先輩ブロガー」はたくさんいます。

地元岡山であれば、ブログコミュニティ(岡ブロ)で参考になる話を聞けます。

詳しくはこちら:岡山でブログ運営するなら岡ブロへおいで、と思える3つの理由とは?

ブログサイトの名前を付けましょう|検索しやすい名称のがオススメ

チームプレイ

若き先輩ブロガーたちの助言に従うなら、ブログサイト(ホームページ)の名前は「4文字から6文字程度の検索で競合しない、憶えやすい造語」が良いとされています。

実際に、「 Google のリアルタイム検索結果」をリンクしていますので、ご確認ください。

岡山ですと、岡ブロ運営の方々のサイトが参考にしてみてください。

ほかにもたくさん著名なブロガーがいらっしゃいますが、ぼくがふだんから参考にさせていただいているところからご紹介しました。

こんなサイト名はおすすめできません|検索できないブログの名称

最初から訴求力( PR 力)のある「独自の」サイト名を恥ずかしがらずに付けましょう。

  • 「仕事に疲れた30男の気まぐれサラダ風ブログ」
  • 「牛窓でおしゃれ番長を気取ってみましたブログ」

みたいな名前は避けて、「キャッチーなサイト名」か「憶えてもらいやすい運営者の名前」が欲しいところです。

なぜなら、将来、ものすごく人気が出たときに「仕事に疲れた後の気まぐれサラダ、云々」では検索しようがないからです……。

もちろん、「〇〇の仕事に疲れた後の~」と〇〇をしっかりしたニックネームにすれば、「〇〇なら、あのサイトか」と思って検索してもらえるのでアリです。

ちなみに、「ピコ太郎」もそういう狙い(マーケティング戦略)が明確ですよね。

さらに最初を「ピ」と破裂音にすることで、「ピカチュウ」同様、子供への拡散も狙っています。

どうせブログを始めるなら、最初は人がいない方へ行きましょう

すでにたくさん人がいる分野は、「競合が多い」ために検索上位に出すのは困難です。

せっかく「ビジネスマン」が趣味で好きなことを書くのですから、人がいないほうに行ってみましょう。

神高
神高

特に目先の生活には、困っていないんでしょう?

最後に少しだけ、ぼくのサイト「ビしたブル」について書いておきます。

「ビジタブル」のほかにも、「貿易実務」に関するサイトはいらっしゃいます。

ただ、その多くは「辞書」のような用語解説か、自社サービスの広告が多いな、と感じています。

ですから、ぼくのような「ブログ初心者」であっても、貿易実務に関する記事を書くことで検索上位を実現できています。

結果、「貿易実務に関わる20代~40代」に役立つ情報を届けられているんじゃないかな、と希望が持てています。

神高
神高

とはいえ、アクセス数はまだまだです。でも、10年かかっても構わないと思ってますから、焦っていませんよ。

ブロガーのコミュニティ(集まり)、岡ブロに来ていただければ、ワードプレスでブログを開設するところまでの手順や設定方法など、相談に乗れますよ。

なお、ブログ開設の前後で気を付けて欲しいことは、こちらにまとめています。

詳しくはこちら:ブログを始めたい会社員が後悔しないための15の注意点とは?【2020年版】

タイトルとURLをコピーしました