iStaCamp(アイスタキャンプ)のなぜ?|口コミや評判が少ないけど大丈夫?

岡山のUターン転職

こんにちは。

小さいメーカーで会社員をしながら、ブログを書いている神高(かんだか)です。

先日、無料でエンジニアを養成する「42 Tokyo(フォーティーツートウキョウ)」のニュースを知り、「本業とは関係ないけど、ちょっとだけかじったプログラミングを本格的に習いたいなぁ」と思いながら、インターネットで調べていたんですよ。

そこでふと、iStaCamp(アイスタキャンプ)という「数千円のテキスト代だけ」で「就職、転職できるレベルのプログラミング技術を教えてくれる教室」を見つけました。

五反田(ごたんだ、品川の近く)にある教室で、2か月~プロのプログラマーが手取り足取り教えてくれて、しかも授業料は「無料」。

最後に、大手企業を含む取引先への就職支援もしてくれる。

正社員として、希望する企業、会社に紹介してくれるらしい。

 

神高
神高

何これ、あやしい。ネットの世界は、これだから……

ただ、そんな心配はぼくの早とちりでした。

調べてみると、素晴らしい理念に基づいて始められた「事業(サービス)」であることがわかったんです。

以下のような人、かつ東京に出やすい場所に住んでいる人、これから住む予定の人は検討する価値があります。

 

お金をかけずにプロのプログラマーになりたい(みっちり勉強する覚悟はある)
疑問点はすべて解消しながら、プロのレベルに到達したい( 〃 )
早期退職して時間がある。今のうちにスキルを身につけたい( 〃 )
東京(関東地方)にOターン、Uターンで転職して戻りたい( 〃 )

 

このほか、職業訓練校などを検討されている人も、話を聞いてみる価値はあると思います。

では、いったいなぜ、iStaCamp(アイスタキャンプ)は「無料」でプログラミングを教えているのでしょうか?

iStaCamp(アイスタキャンプ)のなぜ?|口コミや評判が少ないけど大丈夫?

iStaCamp(アイスタキャンプ)を経営しているのは、株式会社アイスタンダードといういわゆる IT 企業です。

河﨑雄太社長のインタビュー記事に、「なぜ無料なのか」の答えがありました。

うぁ、イケメン IT 社長(笑)。

週末にサッカーするような人は、あらゆる面で男前です。

とはいえ、社長の経歴を拝見すると、さまざまな仕事を経験されているんですね。

だから、後輩の育成にも目が向いているものと想像されます。

スクールを主催する「株式会社アイスタンダード」は本格的な IT 企業

「株式会社アイスタンダード」は、受託開発事業(他の会社に頼まれてプログラムを作る仕事)と自社サービス(いわゆるスマホアプリなど)の両方できる会社です。

そして、新しくITエンジニアになる夢を実現するために、社内の「現役エンジニア」が「現場で必要とされるスキル」を希望者に教える、というサービスを始めたのが「iStaCamp(アイスタキャンプ)」なのです。

就職支援は随時(ずいじ、いつでも)|2か月が目安

特徴は、受講中、ずっと就職支援を受けられること。

別に入ってすぐ、1ヶ月目でも関係なく、「もう十分、SE(システムエンジニア)として働ける」と判断されれば企業に紹介されます。

カリキュラムの途中でも、スキルと求人がぴったりの案件があれば、積極的に就職支援をしてくれます。

というのも、就職先の企業が適切な技術者を紹介してくれたお礼として「アイスタンダード社」に授業料+αを支払ってくれるしくみで成り立っているからなんですよね。

「プログラマーを必要としている仕事」と「ピッタリなスキルを持つ人材」が一致すれば、すぐに正社員で就職できる、というわけです。

もちろん、受けるかどうかは本人の自由です。

受講生自身が行きたくない企業に入る必要はありません。

とはいえ、就職支援をしてくれる企業は、大きい会社、知名度のある企業がたくさんありましてね。

  • サイバーエージェント(アメブロ、アベマ TV などでもおなじみ)
  • DMM.com(証券や英会話、ビデオオンデマンドでも有名)
  • Akatsuki(ロマンシング サガ リ・ユニバースなどで有名)
  • DRECOM(ちょこっとファームなどのアプリ開発など)
  • Cygames(実はサイバーエージェントグループのゲーム開発会社)
  • Sumzap(同じく、実はサイバーエージェントグループのゲーム開発会社)

たとえば Akatsuki(あかつき) 、ゲームをされない方だとなじみがないかも知れませんが、ドラゴンボールのゲーム開発などで知られる「東証一部上場企業」。

それでいて、働いている社員の自社に対する「口コミ」評価もすこぶる高い。

 

神高
神高

今、こういった新興の企業で経験を積める、って正直、うらやましいな、と思います。

ガイダンスは無料、五反田(ごだんだ)で行われています

ガイダンスは無料ですから、五反田(ごたんだ、品川、大崎の次の駅)に出かける用事があるなら、お話だけでも聞いてみてください。

≫無料のプログラミングスクール「アイスタキャンプ」のガイダンスに申し込む

本格的な IT 企業として仕事を受注し続けているわけですから、講師の方々からじかに話を聞けるだけでも価値があります。

iStaCamp(アイスタキャンプ)では、Java を中心に学べます

笑顔の女性とiPad

iStaCamp(アイスタキャンプ)のカリキュラムは、比較的大きな企業で広く使われている Java (ジャバ)を中心に組み立てられています。

もちろん、その他の知識についても体系的に学べるようになっています。

2か月でシンプルな EC サイト(ネット販売のホームページ)まで作れるようになるっていうんですから、魅力的なカリキュラムですよね。

スクールの紹介資料から、スケジュール(例)をご紹介しましょう。

【第1週】|環境構築~ Java の基礎など

  • 環境構築
  • Linux コマンドラインの入力
  • バージョン管理ツール Git の使い方
  • Java 基礎(文法、カプセル化などのオブジェクト指向、例外処理)

【第2週】|Java の応用

  • Java 応用(標準 API の使い方、ラムダ式、ファイル操作)

【第3週】|HTML や Java Servlet など

  • HTML & CSS
  • サーブレット( Java Servlet )と JSP
  • つぶやきアプリ作成

【第4週】|SQL その他

  • SQL 練習ツールを使った課題

【第5週~第8週】|採取課題とポートフォリオ作成

  • 最終課題 詳細設計所の作成
  • EC サイト作成
  • 単体試験項目書作成&実施
  • ポートフォリオ作成

iStaCamp(アイスタキャンプ)は、コーディングの時間が75%~

パンフレットを拝見すると、一日の標準的なカリキュラムもわかります。

09:00 Morning Study 朝の学習

前日の復習をしたり、今日の課題を予習したりするセルフスタディの時間

10:00 Lecture 授業

講師からその日の課題とポイントを説明

12:00 Lunch Break 昼休み

ランチタイム・講義の時間以外であれば、何時にとっても OK

好きな時間に自分のペースで休憩が取れます

13:00 Code & Work Project(コーディング)

課題をこなすために手を動かす時間、1日のメインとなる時間

講師(プロのプログラマー)が常駐してくれるので、いつでも質問可能

17:00 Finish 一日の終わり

これを日々繰り返すことで、2か月でプロのプログラマーを目指せます。

iStaCamp(アイスタキャンプ)のなぜ?|まとめ

iStaCamp(アイスタキャンプ)の「何故(なぜ)?」に話をもどしましょう。

口コミや感想などの件数がそれほど多くない理由として、以下のような事情があるものと思われます。

  • 新興 IT 企業である「株式会社アイスタンダード」社が提供していること
  • 教育を提供できる人数がまだ限られていること
  • オンラインでなく、五反田(ごたんだ、東京)の教室で教育を提供していること

 

ただ、これも株式会社アイスタンダード自身、2019年末に大阪に事務所を開設するなど、伸びている最中ですから、これから知名度も上がっていくと思われます。

 

次に何をしたいのか、するべきなのか、わからない。
でも、独り立ちしたい。自分の力、スキルで生きていきたい。

 

もし仮に、そんな思いが頭の中でグルグルまわっていて、約2か月、平日昼間の時間のすべてを「自分の成長、学び、そのあとの未来」に捧げられる立場なら、逆に「大チャンス」かも。

 

「iStaCamp(アイスタキャンプ)」なら、ほとんど費用をかけずにプログラマーとして新天地にチャレンジできます。

もちろん、パソコンが全く使えない、エクセルのような表計算アプリも触ったことがない、となると、もう少し基礎的な内容から学んだ方が良いかも知れません。

でも、そこをクリアできているなら、迷うことはありません。

十分、チャンスはあります。

しかも、独学でもっともハードルの高い「環境構築」と 「 Git(ギット、プログラムの更新履歴管理) 」を「プロのプログラマー」が一緒に乗り越えてくれるのは、たいへん心強い。

たった「2か月」で人生が変わります。

IT 業界にチャレンジしたいなら、ガイダンスに参加して現役プロの講師の話だけでも聞きましょう。

自分から情報を取りに行く人には、チャンスがめぐってくるものですよ。

タイトルとURLをコピーしました