【書評】ブログの始め方を初心者向けに解説した良書|無料ブログで始められる

本気で稼げるアフィリエイトブログ 岡山のブログ

岡山駅の書店で、ブログの始め方を初心者向けに解説した良書を手にしました。

しかも、ワードプレスではなく「無料ブログ」前提でこれでもか、と詳しい解説があります。

その本の名前は「アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げるアフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79」。亀山ルカ (著)、染谷昌利 (著)。

出張前、駅の改札に近い本屋で「ブログ飯」の「染谷昌利」さんの名前をみて衝動買いし、新幹線の中で目次を見て「こりゃ、知ってることばかりだな」と思ったものの……。

神高
神高

まだまだですね、ぼくの知っている範囲なんて

太字&色を付けて強調された部分「以外」もていねいに書かれているので、一つ一つの解説から多くのことを学べます。

すべての「ブロガーになりたい人」「なったばかりの人」「なったけど、迷っている人」。

特にブログを始めたい「働く女性」に向いています。(もちろん、男性でも参考になりますよ)

その理由を説明していきましょう。

【書評】ブログの始め方を初心者向けに解説した良書|無料ブログで始められる

この本の素晴らしいところは「ブログで稼ぐための準備と心構え」から始まっていることです。

人それぞれ、好きだったこと、続けてきたこと、これから取り組みたいことがあるはずです。

その中からテーマを選んでブログを続けていけば、「収入」につながる、かも知れない。

そう思いながら、ブログをはじめ、そして「継続」しましょう、と最初にうたっています。

きれいごとでなく、収入(マネタイズ)の部分に最初からスポットを当てています。

ここで自分の気持ちに素直になれる人は「小さな成功」をそれほど時間をかけずとも経験できると思います。

もちろん、本業があるのですから、寝食を忘れてまでブログに打ち込む必要はありません。

テレビを観る時間、スマホゲームをする時間、他人のインスタやツイッターをチェックする時間。

自分のブログがあれば、そんなスキマ時間に「ログイン画面」を開き、一行でも増やせば「進歩」できるんです。

ぼくもそう信じて8ヶ月ほど雑然とした記事を書いてきました。

歩みは遅いですが、月々のレンタルサーバー代と書籍代をブログが払ってくれる程度にはなっています。

カテゴリーやコンセプトを決めよう、と促しているところがすばらしい

心構えができたらさっそく書き始める、ということではなく、先に「カテゴリーやコンセプトを決めよう」と促しているのも、この本をオススメできるポイントです。

「自分にできそうなこと」「世の中で流行っているもの」を一度、冷静に考えてみましょう、ということでもあります。

この「テーマ選び」が女性向け(若い女性が書かれていますからね)かな、と思ったので冒頭にそう書きました。(でも、男性にも参考になりそうな情報がたくさん含まれています)

いくら流行っていても、「自分にできないこと」をテーマにブログを書き続けることはできません。

逆に、「自分にできること」であっても「世の中に全く需要がないこと」をテーマに書いても読者は現れません。

読者は Google や Yahoo の検索を頼りにページにたどり着き、そのうち何人かが読んでくれるからです。

ですから、そのあたりの実情を知るために、ネットで自分の気になるキーワードを検索してみることをオススメします。

上位に出てきたウェブサイト(ホームページ)が「えぇー!こんな適当なことばっかり書いてても成立するんだったら、自分でもできそう」と思えるなら、大チャンス。

そんなテーマを見つけられたら、あとは記事の投稿を「継続」するだけ。

反対に「こんなの、できるわけない……」と思えるほどの「こだわり」と「積み重ね」を目の当たりにするかも知れません。

その時は、一旦、撤退して作戦を練り直しましょう。

ゲームを始めて、いきなり「ドラゴン」と戦っても、連戦連敗で何ももらえません。

戦えるエリアで戦い、経験値とゴールドを積み重ねればチャンスはまわってきます。

初心者でも、「最初からワードプレス」にチャレンジして欲しい

coffee and telephone

コンセプトやテーマが決まれば、ブログ記事を書くことができます。

ただ、この本の中でオススメとされている「はてなブログ(無料ブログ、通称ハテブ)」での記事投稿、ぼくはおすすめできません。

自分が書いた文章を公開すればスマホでも読めるんだ!

そんな驚きを初めて体験するには良いと思います。

それでも、初めから「ワードプレス( Word Press )」でブログを立ち上げることを強くオススメしたい。

土日を費やしてでも、です。

いまやレンタルサーバーは月々1000円前後の時代。

多少、スペックを我慢すれば月々500円程度のレンタルサーバーサービスも見つけられます。

レンタルサーバーなら、そこに書く記事イラスト、そしてドメイン(ナントカ .com や co.jp)は、すべて「自分の財産」

著作権で守られる「財産」です。

だれも、その「価値」を奪うことはできません。

すべての所有権は「あなた」にあるのです。

働いているあなたがブログを「趣味」とするのであれば、この部分はしっかり「投資」してほしいと思います。

とはいえ、アクセス数が安定した有名どころのブロガーが使っている本格的なレンタルサーバーでも、「月々1000円~」ですからね。

月々ケーキとコーヒー一杯と同じくらいで、24時間365日、ブログは情報発信をしてくれます。

神高
神高

これは、いまさらながら「スゴイ」ことなんですよ。

まとめ:このステップなら、「10人中9人脱落」とはならないはず

ブログの「継続」は難しい、初めても10人中9人が脱落する、という記述をいろいろなところで目にします。

ただ、それも「考え方次第」じゃないかと思います。

この本で「心構え」を学び、「カテゴリーやコンセプト」までできた人のうち「10人に9人」までもが脱落するほど、ブログは厳しいものではありません。

「10人のうち9人」は「何も考えずにとりあえず始めた人」を含んだ数字、だとぼくは思います。

もちろん、収益が伸びるかどうか、は別ですよ。

毎月、百万円を超える収益を発表するブロガーがいますが、そんな人たちは特殊なので参考にはしても気にしないことです。

才能や経験、選ぶ分野、ありとあらゆる要素がからみあっていますし、そもそも「生まれて初めて取り組んだブログ」でそこまで成功している、とも限りません。

自由になるために始めたブログなのに、自分のこころを縛りつけては本末転倒でしょう?

だから、自分の信じた「ブログ道」を歩んでみましょう。

人生、先は長いのですから。

ちなみに、もし、2018年9月に初めてサーバーを借りた自分自身に読ませるとしたら、この本と次のまとめ記事を読んでもらいます。

この本+ワードプレス+無料テーマ「 cocoon 」+レンタルサーバー「 どこでもOK 」から始めて20記事くらい書けば、何か変化が現れるはずです。

「ビジネスマンのブログ」のススメ|人生100年時代の杖になる

タイトルとURLをコピーしました