会社員が新しいことに挑戦するなら学びはゆっくりでいい|ブログを始める準備

ピアノレッスンを受ける子供 岡山のブログ
神高
神高

ようこそ、お越しくださいました。

岡山で会社員を続けながらブログを書いている「神高(かんだか)」です。

あなたはブログを始めたいと思っていますか?

あるいは、始めようとしたけど、最初のところでつまづいてしまった。

なるほど。

ぼくは、昼間は勤め人として仕事をこなしながら、空いた時間や休日にブログ記事を書く生活を続けています。

ブログは楽しい。こころから、そう思います。

すっかり、趣味として定着してしまいました。

ただ、ぼくも始めたばかりのころは勉強の仕方自体が判らず、困りました。

そんなときの心構えについて、今回はお話したいと思います。

会社員が新しいことに挑戦するなら学びはゆっくりでいい|ブログを始める準備

会社員を続けてきて、30代を過ぎ、40歳、50歳となってくると、若い人とは、学びのスピードが違います。

ですから、ブログを始めたい、と決断したあと、すぐに環境を構築できなくとも焦る必要はありません。

成長を焦ると、「情報商材」や「 note 」、要らない高額なコンサルタントなどのお客さんにされるだけです。

神高
神高

別に生活に困っているわけじゃないんでしょう?

ならば、結果を急がないことです。

本業だって、新入社員のころは数ヶ月、数年かけて仕事に慣れていきましたよね。

それと同じです。

ただ、今の時代、「自前のブログ(=レンタルサーバー&独自ドメイン)」を立ち上げて運営すること自体は「超簡単」で、初めての人でも数日間の試行錯誤でできます。

神高
神高

「簡単だ」と自分に言い聞かせることも大切です。「こんなの、できないよ」と思ったら、多分、できませんから。

難易度としては、どうでしょう。

もし、過去に

  • 「付属の説明書を読みながら、ビデオのタイマー録画ができていた」

あるいは

  • 「パソコンに家電量販店で買ってきた麻雀のソフトをインストールしたら、ちゃんと遊べた」

程度の「器用さ」と「自分で学ぶ力」、「成功体験」があれば、自前のブログはすぐに創れます。

そして、あなたは「創造主」としてその「ウェブサイト」を管理していくのです。

どうです、面白い趣味だとは思いませんか?

会社員が新しいことに挑戦するなら、無料で試せる間に適性を見極めましょう

現在、自前のブログ(ワードプレスによるブログ)を運営できるレンタルサーバーは多数あります。

そして、いずれの会社も、数日から1か月程度の無料お試し期間を設定しています。

これは、ある程度慣れた人に「使い勝手」や「スピード」を体験してもらうための「キャンペーン」です。

しかし、これらの無料期間をうまく使えば、お金をほとんどかけることなく「ブログ未経験者」から卒業することができます。

ブログを趣味にしたい「大人」のあなたへ|使えるサーバー3選

土日が休みであれば、土曜日の朝、3社のどこかに申し込んでみましょう。

たとえば、ぼくが借りている MixHost であれば、10日間のお試し期間があります。

10日間あれば、「土日~土日」+1日で週末を2回、使うことができます。

この間に自分のサイトを立ち上げて、スマホで新しい記事を確認できたら、「あなただけの世界」を一つ、創造したことになります。

その期間、お酒やテレビは我慢しなくちゃいけませんが、ブログを始めてみよう、と思ったくらいですから、割り切ってチャレンジしてみましょう。

ダメなら、ブログ以外の新しいことにチャレンジするか、新しいサーバーを借りて再度、試してみれば良いのです。

会社員が新しいことに挑戦するなら、無料で試せる間に適性を見極めましょう

ノートパソコン

サーバーを借りるところ、ドメイン名(ナントカ.comなど)を借りるところはどうしても数百円の費用がかかるので、「無料」というわけにはいきません。

A8.netのセルフバックをうまく使えば、最初の1年分程度の運用資金(1万円くらい)は手に入ります。企業側が代理店に払う手数料(口銭)を、ユーザーに直接還元してくれるのです。社会人の人なら、なんとなくでも仕組みはわかりますよね?

しかし、その他のことは基本、無料で始めても全く問題ありません。

たとえば、

  • 無料ワードプレステーマ「 Cocoon 」
  • 無料画像サイト「 Pixabay
  • 無料画像編集ソフト「 Gimp 」(ギンプと読みます)
  • 無料アイコン作成サイト 多数(「無料 アイコン作成」で検索してみてください)

で始めても、十分な見栄えのブログを始められます。

実際、このサイトだって、アイコンこそ「 ココナラ 」で作り直してもらいましたが、それ以外は基本的にこれらの無料ソフト、無料素材を使わせていただいてます。

まとめ: Cocoon の作成者、わいひらさんのブログ記事に助けられた

ぼくが最初のサーバーに MixHost を選んだのは、こちらの記事が非常に丁寧で「これなら、ぼくでもできそうだ」と直感的に思えたからです。

基本的に、この記事一つで「最後の決断」をしてしまいました。

ドメインを取るところは、結局、管理画面がよくわからくて お名前.com を選んだものの、それ以外はまったくこの通りに作業を進めました。

神高
神高

サーバーその他、人それぞれ管理画面との相性はあります。

あとは、MixHost でつまづくとしたら、この点(ディレクトリ丸見え)でしょうか。

これは、ブログ公開までたどり着けたら実施しましょう。とりあえずは、ブログ開設が先です。

Cocoon は徐々に慣れればよいわけですが、最初に気を付けるべきはテーマに「親子」がある、という点です。

最初はよくわからなくてもかまいません。「親子」で設定して「子」だけを更新(アップデート)する、と覚えておくだけでOKです。

このように Cocoon には掲示板(フォーラム)があり、きちんと質問すれば、作者の「わいひら」さん他に丁寧に答えていただけます。

10日間でここまで出来たなら、十分、あなたは「ブログ運営に適性のある人」ですよ。

 

会社員、社会人がブログを始める前後での注意点などについては、こちらで整理していますので、あわせてどうぞ。

詳しくはこちら:ブログを始めたい会社員が後悔しないための15の注意点とは?【2020年版】

岡山のブログコミュニティにも顔を出しています。

ぼくでわかることならなんでもお答えしますよ。

詳しくはこちら:岡山でブログ運営するなら岡ブロへおいで、と思える3つの理由とは?

タイトルとURLをコピーしました