岡山でブログ運営するなら岡ブロへおいで、と思える3つの理由とは?

桃をどうぞ 岡山のブログ

2018年11月からブログを始めたものの、一人だと寂しいので「岡ブロ」(岡山ブログカレッジ)に2019年7月から参加している神高(カンダカ)です。

岡ブロは、2017年4月から月1で開催されているブログに関する勉強会。

しかし、こんなに近くで開かれていたのに、全く知りませんでした。

……って、そりゃそうです。

ブログのことなんて、2018年の11月まで考えたこともなかったんですから。

岡山在住、特に倉敷駅周辺に出てきやすいエリアに住んでいる方で、

  • ブログを始めたいけど、何から手を付けたらよいのかわからない
  • とりあえずブログを始めたけれど、何が楽しいのか、よくわからない
  • そもそも、成功しているブロガーなんて、本当に実在するのか?

 

神高
神高

そんなことを考えている人には、一度でいいから参加して欲しい。

その理由を3つ、お伝えします。

岡山でブログするなら岡ブロへおいで、と思える3つの理由とは?

「岡ブロ」(岡山ブログカレッジ)の公式サイトをまず紹介します。

主催メンバー(運営メンバー)は以下の5名の方々。

神高
神高

それぞれの名前から、ブログへのリンクを貼っています。

地元岡山の本格派ブロガー・ウェブライターの話が聞ける【理由①】

地元岡山の本格派ブロガー・ウェブライターの話が聞ける。

これが「岡ブロにおいで」と思える一つ目の理由です。

運営の5名は全員、「ブログ」はもちろん、「Facebook や Twitter ( SNS )」、場合によっては「 Youtube 」や「インスタグラム」なども駆使して情報発信を続けている現役のブロガーです。

それぞれ、得意な分野があって、しかも何年も情報発信を継続している方々ばかり。

神高
神高

ブログや情報発信を始めた直後は、継続すること自体が難しいケースもありますよね。

でも、こうして継続できている先輩たちの話を直接聴くことで、自分もマイペースで頑張ってみようかな、と思えるようになります。

全国区で著名なゲスト講師の回が半年から1年ごとにある【理由②】

全国区で著名なゲスト講師の回が半年から1年ごとにある。

これが「岡ブロにおいで」と思える二つ目の理由です。

これまでのゲスト講師をリストにすると、この分野に少し詳しい人ならば、ちょっと驚くんじゃないかな。

講師だけじゃなく参加者まで含めると、もっと凄いことに(パフォーマー&住職の「へんも」さんとか……)。

ちなみに、ぼくが始めて参加したのが、2019年7月の第27回。「あんちゃ」さんの回でした。

そうそう、参加を検討している方に大事な情報があります。

一度でも「岡ブロ」に参加した人であれば、ボスである「チーさん」のFacebook への友達申請で過去の記録(動画含む)をすべて視聴できるグループに招待してもらえます。

どうです、1回参加してみません?

セミナーの後の飲み会まで楽しい(飲まなくても OK)【理由③】

岡山駅

セミナーの後の飲み会まで楽しい(飲まなくても OK)。

これが「岡ブロにおいで」と思える三つ目の理由です。

とくに、横のつながりというか、半年で二度三度と会えば、自然と親しくもなります。

それぞれの普段の生活ぶりは知らないものの、月一で会って最近のトレンドとか、ブログ更新の状況とか聞かせてもらえば、ああ、またここに来たいな、と思えるものです。

神高
神高

せっかくですから、わりと話をさせてもらう方々のリンクも紹介しておきます。漏れていたら、ごめんなさい。連絡くだされば追加します。

まとめ:岡山でブログするなら岡ブロへおいで、と思える3つの理由

最後に、「岡山でブログするなら岡ブロへおいで、と思える3つの理由」をまとめておきます。

通常、日曜日の午後に開催されるので、家庭の用事で参加できないこともあるかな、と思っていたのに、気が付けば2019年7月から「皆勤賞」です。

「岡ブロ」は、ブログの書き方とか、サーバーの選び方とか、特にテクニカルなことを教えてくれるわけではないんです。

神高
神高

ぼくでわかる範囲なら、何でも教えますよ。会場で聞いてもらえば。ココナラを使った感想とか、Wordpress の始め方程度なら大丈夫です。

 

 

 

「情報」だけでなく、「体験」を共有したい、というコンセプトで始まった会にふさわしく、多様な出会いが待っています。

基本、毎月開催ですから、以下のページから次回の開催をチェックしてみてください。

岡山でブログ運営するなら岡ブロへおいで。

2020年2月9日(日)の岡ブロは「きーたん」さんが講師

2020年2月9日(日)の岡ブロは「きーたん」さんが講師です。

タイトルとURLをコピーしました