岡山の名物をお土産で持ち帰るなら|岡山県人がおすすめする3つの美味いもん

岡山のブログ

岡山に仕事で出張に来られたお客さんから「岡山の名物をお土産(おみやげ)に持ち帰りたいんだけど、おすすめある?」と質問を受けることがあります。

岡山県に生まれて、再び故郷に戻ってきた身としては、本当に悩ましい質問です。

県外の人の「気に入るもの」と地元に住む人の評価はおそらく異なるでしょう?

とはいえ、おしなべて評判の良いものはたしかにあります。

神高
神高

今回は、「家で家族と食べたら美味しかった。ありがとう」と実際に言われたものをご紹介します。

岡山県産の清水白桃缶詰|フルーツコンポート【オススメ①】

お子さま、奥さんからの感謝の声が非常に大きいのがこちらの「岡山県産の清水白桃缶詰」。

常識的に考えて缶詰や瓶詰にするようなレベルの果物でない高級品を贅沢に使っています。

乳白色の薄い表皮、甘くとろけるような果肉、パクっと食べられるフルーツコンポート。

「もぎたての味わいをそのままお届けします」と箱にも書かれています。

普段、食べるには贅沢ですけれど、ご家族の記念やうれしい行事にお取り寄せするのも喜ばれるでしょう。

もちろん、季節が合えば、清水白桃(しみずはくとう)を箱買いしていただくのも良いでしょう。

ちなみに、「清水白桃」のシーズンは「7月下旬から8月中旬の夏休みの時期」と言われています。

岡山空港や岡山駅では、シーズンになると特設コーナーがつくられますから、チャンスがあれば是非、ご家族に本物のフルーツをお持ち帰りください。

神高
神高

清水白桃は触ると跡(あと)が付くほど表面が柔らかいので、まるで赤子の頬っぺたのようです。

わんちゃんのきびだんご|株式会社チコ謹製 吉備団子【オススメ②】

二つ目は「わんちゃんのきびだんご|株式会社チコ謹製」です。

知る限り、岡山駅には売られていないものの、倉敷駅近くの天満屋、空港、あるいは主要なペットショップ(主に岡山にあるアミーゴ、ですね)で扱われています。

扱い件数は少ないですけれど、通販でも扱いがありますね。

ご家族にワンちゃんがいらっしゃるご家庭であれば、一緒に楽しんでいただけるでしょう。

ちなみに、ヒト用の吉備団子(と書くと変ですが)の老舗は「廣榮堂(こうえいどう)」という岡山市内にある和菓子屋さんです。

こちらは駅や空港、新幹線ホームの売店でも買うことができます。

昔は味の種類が少なかったので、正直なところ「岡山のお土産といっても、きびだんごを県外の人に勧めるとなるとな……」と思わなくもありませんでした。

しかし、今は違います。

特に味の詰め合わせは、歳のいかないお子さんがいらっしゃる家庭では楽しく食べられた、というお話を聞いています。

パッケージも工夫されているので、三種類を比べるだけでも楽しいですよね。

大手饅頭伊部屋(おおてまんじゅういんべや)【オススメ③】

大手饅頭伊部屋(おおてまんじゅういんべや)が製造、販売する「大手まんじゅう」は贈答品でありながら、自分で食べる用に多めに買っちゃう岡山県人も多い、という逸品です。

ウェブサイトの写真を観ていただければわかるとおり、大手まんぢゅうは米(備前米)を材料として、もち米や甘酒を仕上げたもの。最後に薄皮(生地)をつくって仕上げた「ほとんどがアンコ」のお饅頭です。

甘酒の香りがフンワリと仕上がっているので、特に作られてから1、2日間のものは食べだすと止まらなくなっちゃいますよ。

ちなみに、工場で買いたい、という人は公式サイトをご覧ください。

京橋(岡山の市街地、表町商店街近く)にもありますが、最も大きい工場は「大手饅頭伊部屋 雄町工場」です。

工場ながら、直売店が併設されています。

神高
神高

工場の直売店は、まだ「ほかほか」のものも売っている、らしいですよ。口コミの星がスゴい。

まとめ:「倉敷名物 むらすずめ」もサービスエリアで買えるのでおすすめ

3つを紹介する予定でしたが、実は4つ目のオススメがあります。

それは、「倉敷名物 むらすずめ」です。

広島から岡山、香川から岡山に自動車で来られた人にオススメのお土産です。

なぜなら、「むらすずめ」はほぼすべてのサービスエリア(高速道路のSA)で購入できるからです。

実際、岡山から他県のお客さんを訪問する際も、お土産として重宝します。

さらに、倉敷の美観地区内に実演販売をしている店舗がありますから、是非、お立ちよりください。

「むらすゞめ手焼き体験」という楽しいイベントもやっています。

日持ちするのも、ありがたいですね。

 

神高
神高

ちなみに、ランチ(昼食)を岡山で食べたい人にはこちらの記事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました