ポジティブおこもり|雑誌「Hanako」のコンセプトを男性会社員がやると?

自宅に居よう 岡山での子育て

こんにちは。

岡山で会社員をしながらブログを書いている神高(かんだか)です。

カミサンがリビングに置いていた雑誌「 Hanako(ハナコ) 」の2019年6月号。

2019年4月26日発売ですから、約一年前の発行です。

ふだんは気に留めないのですが、ふと目に入った「# ポジティブおこもり」のハッシュタグが気になってパラパラとめくってみました。

カミさん
カミさん

なーに、勝手に見てるのよ

神高
神高

まあまあ。1年ほど前の雑誌だけど、気になったからさ

 

「ポジティブおこもり」……なるほど、これは、良い考え方。

「引きこもり」じゃなくて「おこもり」。

コロナウイルス問題でテレワーク(リモートワーク)が広がったり、積極的に有給休暇を取ったりする動きが強まれば、「ポジティブおこもり」という考え方は男性会社員にとっても重要となりそうです。

Youtube の無料動画やスマホゲームで時間をつぶすにも、限界がありますからね。

ということで、勝手に「男性会社員がポジティブおこもり」をするならどうするか、考えてみました。

 

神高
神高

もちろん、女性にもおすすめできる内容ですよ。

アロマやヨガは男性向きじゃないかも、ってだけで(笑)。

ポジティブおこもり|雑誌「Hanako」のコンセプトを男性会社員がやると?

仕事の後のビール

ぼくが実際に試してみて「これは、ほとんどお金がかからない上に楽しいな」と思えたことのみを3つ、ご紹介します。

各ジャンルの名作映画トップ3を「食わず嫌いなし」で観る

せっかくできた時間ですから、各動画サービスの「無料おためし」期間を使って各ジャンルの「名作映画」をハシゴしてみましょう。

外食と同様に、好きなものばかり食べているとジャンルが偏ります。

  • 「アクション映画」しか普段は観ないのなら、逆に「恋愛映画」を観てみる。
  • 「字幕版」しかダメだ、とポリシーを持っているなら、あえて「吹き替え版」を試す。

そんな新しい経験をしておけば、生活がもとに戻った後も新しい分野を試すきっかけになるでしょう。

映画の「食わず嫌い」は、人生の選択肢を増やしてくれる可能性があります。

たとえば「ショーシャンクの空に」を観てないなら、この機会にぜひ。

これから新しい気持ちでこの映画を観られるなんて、正直、あなたがうらやましいですよ。

英語その他の外国語を無料おためしレッスンでかたっぱしから受ける

英語、中国語、スペイン語など、仕事や趣味で少しでも興味のある外国語はありますか?

であれば、家で過ごしている時間を利用して「オンラインレッスン」を受けてみましょう。

各社、最低1回は無料お試しを用意しています。

中には「7日間」「10日間」といった長いお試しを認めているサービスもありますからね。

たとえば、ぼくが試した中国語のサービス。2回相当が無料です。

これが「英語」なら、業者は5社、10社なんてものではありません。

多くのサービスは新しいメールアドレスとクレジットカードがあれば、新規登録したその日から受講できます。

 

また、すでに家にある教材や参考書を積極的に再利用してみる、なんてのも面白いでしょう。

我が家にも、いくつか英語教材が転がっています。(これは現在進行形ですけど)

 

神高
神高

カタコトでも、外国語の威力って絶大なんですよ。

英語に限らず、たったワンフレーズで空気を変えられることがあります。

たとえば……そうですね。

メーカーや商社の立場で、カタコトの英語を使って中国や台湾でお客さんと価格の交渉をしているとしましょう。

「神高さん、もっと安くなりませんか?」って言われている場面。

そんな緊迫の時間帯に「已经便宜了(イージンピェンイーラ、もう安いですよ!)」と真顔で返事をした後、ニコリと笑顔を返す。

単純ですけど、それだけで笑いが起こり、場の雰囲気まで和らぐことがあります。

たとえ短いフレーズであっても、「現地の言葉を話す」のは相手にとって好印象です。

日本語を話そうとしてくれている外国人の印象が良いように。

副業解禁、定年退職後に備えて「簿記3級」の勉強にはげむ

今まで簿記の資格を取っていないなら、この機会に「日商簿記3級」を取得しましょう。

今の仕事に直接結びつかなくとも、副業が本格的に解禁になれば必ず必要になりますし、副業しないにしても定年退職後のフリーランス的な働き方の中で必ず役に立つからです。

きちんとした教材で学べば、20時間程度で本試験の問題を理解できるようになります。

あとは過去問や練習問題を繰り返し解くだけ。

合格率も毎回50%前後で推移していますから、2回、3回と諦めずにチャレンジすればだれでも合格できます。

そこまで到達したら「青色申告(確定申告)」だって楽勝でできるレベルです。

人生は「ドラゴンクエスト」のようなもの。

戦わなければ「経験値」はもらえませんし、「ゴールド」も手にできません。

年金がもらえるかどうか不安、なんて漠然と恐れるより、「こんぼう」や「かわのたて」を一つずつ買い足していきましょう。

通勤せずに家で有意義に過ごしたい、も日常になれば不満が出ます|でも……

ここまでの内容をまとめます。

ネットでやり取りしている会社員の知り合いから、ときどき不満を聞きます。

「在宅勤務になった時はうれしかった。でも、今は会社に行きたい。疲れた」と。

つくづく、人間はわがままな生き物です。

神高
神高

ぼくは逆に在宅勤務も経験してみたい、という皮肉……

「満員電車がつらい」と愚痴っていても、仕事中は家の外に出てはいけない、となれば不満とストレスがたまります。

でも「どっちでもいいじゃん」と、あるがままを受け入れられるなら、ずいぶんと生きやすくなると思いませんか?

だから、「おこもり(家でじっと過ごす)」にしても「ポジティブ」に自分らしさを出していきましょう。

再び自由に外出できるようになった時、新しい世界を自分で切り開けるように。

タイトルとURLをコピーしました