スマートトラベラーの事前申し込みはどうする?【洗濯代行】

子供服の洗濯物 旅行・出張・一人旅

こんにちは。岡山で会社員をしながら、ブログも続けている神高(かんだか)です。

SmartTraveler(スマートトラベラーは「国際空港に到着したときに使える洗濯代行&宅配サービス」。

「2018年8月の家族旅行で、このサービスが使えていれば」と思ったので、別の記事でご紹介しています。

さて、このスマートトラベラー、新しいサービスだけに、申し込み方法にも特色があります。

帰国した時に空港の特設カウンターに直接行っても受け取ってもらえませんので、その点はご注意を。(利用の2日前までに申し込んでください)

それでは、オンラインで事前申し込みする手順をご紹介します。

 SmartTraveler(スマートトラベラー)の事前申し込み方法

まずは「SmartTraveler(スマートトラベラー)」の公式サイトに入ります。出てくる画面は、スマホであってもパソコンであってもほとんど差がありません。

今どきの「おしゃれ」で「携帯とパソコンで表示に差がない」タイプのホームページなので、縦に長く、文字も少なめなのです。
申込み画面には「お申込み」の場所を押す(マウスでクリックするか、携帯画面でタップ)と進みます。
ただ、この時点で疑問があれば、遠慮なくメールで質問しましょう。ぼくも質問をメールを送ったことがあります。とても丁寧な返信をすぐにいただきました。
運営会社に質問がある時のメールアドレスはこちら: chkit-info@smart-traveler.jp
「お申込み」の中はこのようになっています。スマホとデザインを共通化しているので、巻物のような縦に長いつくりになっています。したがい、一度、画面下部までスクロール(流し読み)してから、依頼したいサービスを選んでいきましょう。
特典などで「クーポンコード」を持っている場合には、忘れずに「クーポン」の欄にインプットしてから「お客様情報」を入れていきましょう。
「必須」と書かれている箇所は連絡先や住所です。
「ランドリーバッグ(洗濯物を入れる袋)」を受け取るのに必要なので、落ち着いて間違いのないようにインプットしていきます。

旅行情報が決まっていなければ、後からでかまわない

「旅行情報」は「旅行の行先と時期」を書く欄です。ただ、申し込み時に決まってなければインプットしなくて良いですし、後で変わっても問題ありません。
運営会社との連絡は電子メールや電話でできますから、最も大切な「帰国する時に利用する空港」と「帰国の時期」が決定したら、再び連絡します。
支払いもネットだけで可能です。支払いを「クレジットカード」にすると、細かいカード情報をインプットする画面が表示されます。
インターネットで買い物をされたことがあれば特に障害はないと思いますが、「クレジットカードがない」「ネットに支払い情報を入力するのは不安だ」ということであれば「銀行振り込み」も選べます。
後日、電子メールか書類で振込先の情報(振込先の銀行口座番号など)が届きます。

キャンセルの条件に納得してから申し込みを

インターネットで手続きは完了しますが、「契約」という意味では普通の買い物と何ら変わりはありませんから、条件に納得してから「申込み」に進みましょう。

「ランドリーバッグを受け取ったらキャンセル不可」という条件ではありますが、別に旅行の日程が変わること自体は問題ないわけですから、「次の海外旅行」が計画される限りは、無駄になることはありません。

新しい旅行日程が決まったら、運営会社に「新しい旅行日程」と「帰国する空港」を伝えれば「洗濯&配達」のスケジュールを再度、組んでくれます。

スマートトラベラー」はインターネットで申し込みをするだけで、実際に「洗濯」や「クリーニング」をしてくれるのは「プロのクリーニング店」ですから、事前の日程調整と店舗への連絡が必要なのです。

いわゆる「通信販売」なので、「特定商取引法」という法律で販売者(株式会社CHKiT)の詳しい情報開示が、ページの一番下でなされています。

まとめ: 旅の余韻を少しでも長く味わうなら

いかがでしょうか。

まだ新しいサービスながら、HIS(エイチ・アイ・エス)のファミリープランに採用されたほどですから、高く評価されているサービスであることは間違いありません。

先ほど説明した通り、安価なサービスだからといっても、国家資格を持つクリーニング師がいる提携店舗が「洗濯」から「たたみ」まで責任を持って対応してくれます。
つまり、クリーニング店に「プロの仕事」を依頼しているわけです。

せっかく、家族と大切な時間を過ごすために海外旅行をするのであれば、現地での豪華なディナーやアクティビティだけではなく、このような「旅行の余韻」を少しでも長く味わうことに目を向けてみるのも面白いと思います。

あなたも、ご家族のため、次の家族旅行でおひとつ、いかがですか?

スマートトラベラーを申し込むときの公式サイトはこちら:

タイトルとURLをコピーしました