SONYがつくるIoTの未来形、MANOMA(マノマ)【親の見守りにも最適】

田舎の風景 家族と子育て

こんにちは、神高(かんだか)です。

岡山で会社員をしながらブログを続けています。

実家(岡山の別のエリア)の両親が年齢を重ねてきて、簡単に連絡を取ったり、生活ぶりを見守るサービスはないのかな。

そんなことを考えているときに、 SONY の新しい取り組みに関する雑誌の記事を見つけました。

答えを SONY(ソニー)が我々に示してくれるのが、新サービス「MANOMA(マノマ)」です。

「スマートホームサービス」をうたっていますが、これから増えてくるであろう「同居型の民泊」や「店舗併用住宅」にもピッタリ。

神高
神高

しかも、あのアレクサ( ALEXA = Amazonが開発したAIアシスタント)も内蔵しているんですよ。

さっそく、その特徴をみていきましょう。

SONYがつくるIoTの未来形、MANOMA(マノマ)【親の見守りにも最適】

運営はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社。

「 So-net(ソネット)」「 nuro 光(ニューロ) 」でもおなじみですね。

MANOMA(マノマ)は複数の IoT(アイオーティー)デバイスを組み合わせて、快適なスマートホームライフを楽しんでもらおう、というサービスです。

「複数」と「組み合わせ」がこのサービスの特徴となっています。

カメラやタグなど組み合わせ可能な IoT デバイス|SONY の考える IoT

ドアロック

 

MANOMA はプランに応じて、これらのデバイスを組み合わせることができます。

AI ホームゲートウェイ

スマートホームの HUB(ハブ=コントロールセンター)。それだけでなく、スマートスピーカー( ALEXA )の機能と LTE 接続機能をも併せ持つ新開発の心臓部です。

室内コミュニケーションカメラ

目立たないようにデザインされた小型のセキュリティカメラ。ソニーの独自開発です。

Qrio Lock(クリオロック)

今ある玄関をオートロック化するデバイス。近づくだけで自動解錠するようにも設定できます。

Qrio Smart Tag(クリオスマートタブ)

所有者の在宅・不在を検知してくれるスマートタグです。見た目も中身も「お守り」ですね。

開閉センサー Z-wave Plus 対応

デンマークの Zensys社が開発した通信規格 Z-wave Plus に対応した開閉センサー。長時間、窓の開閉を見守ります。(引き違い窓にも対応)

MANOMA(マノマ)ならご家庭の Wi-fi とつなげばスマートホームの最先端へ

すでに何らかの通信サービスと契約されていて、ご家庭に Wi-fi がある環境なら、月々 \3,980円で「最先端」のスマートホームを実現できます。

(注: Wi-fi がないご家庭でも、月々 2,000円の追加で「 nuro モバイル 」の Wi-fi が付けられます)

しかも、現在の「スマートホーム」は単に家電と連携するだけではありません。

「おうちの防犯」もできちゃうんです。

ソニー製の各デバイスが連携、スマホにつながる「おうちの防犯」機能に

番犬

各デバイス(センサーや通信機器)は互いに連携するようにつながっているので、たとえば以下のような情報をあなたのスマホに自動で送信してくれます。

  • 玄関のドアにカギがかかっているか
  • 窓の状態(開いているか、閉まっているか)
  • 屋内の様子(カメラで確認。通常時はシャッターが作動するのでプライバシーも保護)

また、事前に申し込んでおけば、異常があるときに SECOM (セコム)の「対処員」が駆け付けてくれるサービスを付けることもできます。(加入料金・月額利用料 無料/かけつけ 5000円/30分)

現代は「多くの人が長生きする社会」「こどもが一人で留守番することの多い社会」ですから、こういったサービスが選べると、安心ですよね。

MANOMAは実家に住むご両親の「みまもり」やホットラインにも使えます

MANOMAはnuroモバイルとセットで契約できますから、地方に住むご両親の「みまもり」、そして「常時接続の連絡手段(ホットライン)」としても便利です。

高齢者だけが住むご家庭の場合、Wi-fi 環境を用意すること自体が面倒ですからね。

半年に一度、あるいは年一回しか帰れない田舎のご両親の様子を「スマホ」で見守ることができるのですから、新しい形の「親孝行」ができます。

しかも、Wi-fi 環境が同時に用意できるので、ご両親に一緒にタブレットやパソコンをプレゼントしても喜ばれるでしょう。

人生100年時代が到来しています。

20年も30年も楽しく「暇つぶし」をしようと思えば、タブレットの一つも必要でしょう?

各デバイスは「同居型の民泊」や「店舗併用住宅」のアシスタントの役割も

MANOMA は AI スピーカーの ALEXA (アレクサ)を内蔵していますから、「同居型の民泊」や「店舗併用住宅」のアシスタントとして導入するといろいろと活用できます。

たとえばネイルサロンを経営しているなら、BGM を ALEXA から提案してもらったり、両手がふさがっているときにタイマーをセットしてもらったり。

タグを持つ人が建物内に居るかどうかがわかりますから、民泊で長期に部屋を貸している方(従来の言葉でいえば、「下宿人」ですね)と常時、情報共有することもできます。

しかも、「玄関のロック( Qrio Lock )の解錠」や「玄関に来た人のカメラによる確認」もスマホでできるのですから、ちょっとした外出時の「留守番」まで MANOMA (マノマ)なら対応してくれます。

セキュリティ専門の「アシスタント」を雇ったようなものですね。

MANOMA(マノマ)は共働き家庭で留守がちなご家庭の家事代行もサポート

カーペットに掃除機をかける

共働き家庭が増えて家事代行サービスも多種多様となっています。

ただ、サービスを受けている間、ずっと在宅しているのもつらいもの。そういう方にも MANOMA (マノマ)はピッタリです。

先ほども説明したとおり、Qrio Lock は遠隔操作でドアの開閉もできますし、カメラで玄関の様子も確認できますから、サービス員が家に入る時から不在でもかまいません。

現在、対応しているサービスは以下です。

  • 家事代行:      ダスキン、ベアーズ
  • ハウスクリーニング: おそうじ本舗
  • ペットシッター:   麻布 PET
  • 出張シェフ:     MyChef (マイシェフ)

多少のコストがかかっても時間を有効に利用したい、という人には最適のサービスですね。

nuroモバイル Home Wi-Fiとセットなら、工事不要のインターネットも低価格で

MANOMA (マノマ)は SONY NETWORK COMMUNICATIONS が運営しているため、MANOMA と Wi-Fi をセットで契約すると大変お得です。

nuroモバイル Home Wi-Fi(M) プランであれば、月額料金 4,880 円のところが 2,000円

無線の通信サービスだから工事不要。

SIM (チップ)を機器(ゲートウェイ)に挿し、電源(コンセント)につなげばインターネット開通です。

月額データ容量無制限(※)、下り最大 370 Mbps でAI ホームゲートウェイで余った帯域を普通の Wi-Fi として使えます。

【注意】nuro モバイル Home Wi-Fi 、3日間の通信料累計が 10 GB を越える用途なら要注意

大変お手軽なnuroモバイル Home Wi-Fi ですが、注意点もあります。

「無制限」とはいえ、高画質( HD や 4K など)の動画(映画やドラマなど)を大画面テレビで一日何時間も視聴すれば、通信速度制限にかかる可能性があるのです。

※)3日間の通信料累計が 10 GB を越える場合は、通信速度制限がかかる場合があります。

据え置きのテレビを中心に、通信量をまったく気にせず使いたい場合は、最寄りのケーブルテレビや「 NURO 光 」などの高速有線接続(光回線)をご用意ください。

\ NURO 光を調べたいかたはこちら/

【公式サイト】え…世界最速!? 

まとめ: MANOMAは使い方にあわせて、プランを選べます

用途にあわせて、MANOMA(マノマ)は二つのプランから選べます。

アドバンスプラン: 月々 3,980円(税抜)~

すべての機器が揃って、MANOMAをフルに活用できる。鍵の解錠・施錠ができるのはこのプランだけ。

提供機器: 6機種

ベーシックプラン: 月々 2,980円(税抜)~

おうちのセキュリティにおすすめのプラン。日々の安心をかんたんに導入。

提供機器: 4種類

これらに機器の初期費用、 nuroモバイル Home Wi-Fi(M) プラン がセットなら、+2,000円(特別価格)というわけです。

使い方に合わせて、検討してみましょう。

 

NURO 光を先に調べたいかたはこちらからどうぞ >>> 公式サイト え…世界最速!? 

 

\MANOMA(マノマ)の情報はこちら/
公式サイト ソニーネットワークコミュニケーションズ MANOMA

タイトルとURLをコピーしました