Uターン転職で後悔しなくないあなたへ|Oターンを知ってますか?

子育てと転職 岡山のUターン転職

Uターン転職を後悔している、という体験者の声はネットでもいくつか見つかります。

しかし、彼たち、彼女たちはその仕事を続けなければならないのでしょうか?

そんなわけないですよね。

我々には憲法で認められた「職業選択の自由」があり、「居住移転の自由」があるわけです。

神高
神高

Uターン転職を「後悔しない」あるいは「後悔を後悔で終わらせない」方法があるんです

Uターン転職をして後悔しているなら、Oターンを狙おう

Uターン転職をして後悔している人が都市部の仕事に再び戻ることを「Oターン転職(おーたーんてんしょく)」と呼びます。

こんな言葉がある、ということは、地方の仕事に疲れて再び都市部や大企業の仕事に戻っていく人が一定数、いらっしゃるのでしょうね。

だから、あなたがもしUターン転職で悩み、後悔しているなら、Oターン転職すれば良いのです。

ぼくがUターン転職した2004年頃と異なり、今は転職希望者が無料で使える転職エージェントや情報サービスが多数あります。都市部の求人情報を比較し、面接に応募するのはスマホだけでも終えられる時代なのです。

もちろん、数年でもお世話になった転職先に申し訳ない、という気持ちを持つのは人間として自然な心理です。ただ、自分の求めるものと違うのであれば、自分の心と素直に対話しましょう。

十分なノウハウ、資産を職場に残して、自分は新天地を目指す、というのも現代においては立派な選択肢になり得ます。

Oターン転職という言葉が存在し、一定数の人がそれを選んでいる、ということは憶えておきましょう。

Uターン転職で後悔したくないなら、年収は忘れましょう

Uターン転職で後悔したくないなら、年収のことは一旦、忘れましょう。

額面上の年収は、同じような業種、職種であっても3割減から半減、というのは普通に起こり得るからです。

厚生労働省が2月に発表した「平成30年賃金構造基本統計調査」を参照ください。

たとえば、東京なら380.4万円、岡山なら281.1万円となっています。

もちろん、職種、業種によって大きく違いますから一概に言えません。

たとえば一部上場の総合商社、特に「本体(本社)」であれば、世間の誰もが知る財閥系でなくとも30歳で800万円を超える年収はごく普通です。財閥系の商社なら30歳で1000万円にさえ届くでしょう。

そのようなレベルの年収を地方都市で得るのは、自営業や会社役員を除けば、賃金体系が本社と同じ大企業の地方事業所(工場)でなければ不可能です。

だから、年収の額面だけにこだわっていると、相当な確率で後悔することになります。

そんなことはわかっている、と思いながら転職しても、人間ですから、他人と比較して「本当に良かったのかな」と思うことはあるものです。

もちろん、地方都市の就職でも年収を軽視して良いということではありません。ただ、現状維持、あるいはそれに近いレベルを期待してしまうと失望しますよ、ということ。

その意味では、「転職する理由」をじっくり考えて、ノートなどに整理してみましょう。

活動している途中で、あるいは後から気づくことも多いですけどね。

とにかく、年収減は納得してからUターン転職を考えるべきです。

あなたは子育てが終わった年齢でOターン転職できますか?

カフェで打ち合わせ

Uターン転職で後悔したからといって、永遠に後悔し続ける必要はありません。

というのも、再び転職するチャンスは何度でも生きている限り、訪れるからです。

あなたは子育てが終わった年齢でOターン転職できますか?

もし、ご家族がいて、子供さんがいらっしゃるなら全員が高校を卒業するタイミングを逆算してみましょう。

たとえば、それが50歳なら、今の時代、十分転職は可能です。

転職エージェントで検索するとわかりますが、それらの年齢でも求人は多数あります。

たとえば営業や資材、管理部門経験者なら、新旧の事業をまとめる立場や営業拠点の拠点長候補に応募できます。

おそらく、それらのポジションは海外を含めた転勤や出張が多いことでしょう。

もし、ふさわしい経験を積んでおり、転勤や出張があっても気にしない、ということであれば応募を検討できます。

子育てがひと段落しているなら、ふたたび選択肢は増えます。

「共働きの継続」「ワンオペ子育て」に悩む時期を過ぎていますから、家族それぞれが「自分のかなえたい状態」に向けて時間を費やせば良いのです。

とはいえ、そこまでしなくても、という感覚も理解できます。Uターン転職を考えるような価値観なら、なおさらそうでしょう。

ぼく自身も、今のところ都市部に戻ることは考えていませんからね。

あくまで「生活費が必要なら再び都市部に出稼ぎに行く」という選択肢を残しておきましょう、という提案です。選択肢がある、と思えば、気持ちが落ち着きます。

まとめ:転職してもしなくても「後悔」はするもの|言葉こそ違うけれど

「転職」を一度でも「意識」すれば、動いても留まっても「後悔」はするものです。

「現状維持に納得できない」というのは「過去に決断しなかったこと」を後悔しています。

一方、「Uターン転職したことを悔やむ」というのは「決断したこと後悔」しています。

 

神高
神高

逆に「意識」しなければ、「満足」も「後悔」もないですよ。

だって、初めから何も気にしていないんですから……

 

もちろん、「後悔しない選択肢だってあるんじゃない?」と思いたい気持ちもわかります。

一つだって、悔やまれるような経験はしたくない。それは、誰しもそうでしょう。

ただ、「決断」と「後悔 or 満足」までには時間差(タイムラグ)があります。

「決断」した時点では、それがマルなのかペケなのかわかりません。

「年収1000万円なら、どんな仕事でもする覚悟だよ」と始めるまでは思っていても、それが「日常」になれば、人は変わっていくものですからね。

だから、一度転職を考えた人は、次に決断するときまで冷静に情報収集は続けるべきです。

淡々と冷静に、現状に留まるにしても、出ていくにしても、それがいつかわからなくとも。

ちなみに、ぼく自身は今すぐ転職する可能性はありませんが、ミイダスというサービスで情報収集だけは続けています。

毎週火曜日、経歴や資格などでマッチしそうな求人情報を無料メールで届けてくれて、そのあとも特に勧誘とかないんでね。

≫ ミイダスの無料登録を試してみる

 

タイトルとURLをコピーしました