外国人の携帯電話 日本での新規契約の手順と注意点とは?

スマホを持つ外国人 岡山のブログ

こんにちは。

岡山で会社員をしながら、ブログを書いている神高(かんだか)です。

「ドコモ、AU、ソフトバンク、外国人はどの電話会社と契約するのがお得?」

知り合いのコンビニ店長のところで、ベトナム人の若者(仮にブイくんとします)が働いています。

そして、その店長から「彼が携帯電話の契約に行ったのに、断られた。理由は教えてもらえない。かわいそうだ。助けてくれないか」との相談をうけました。

ぼくも理由を知りたくなったので、いくつかの電話会社に聞いてみました。

「絶対、大丈夫」とはいえません。しかし、解決のヒントはもらえました。

あなたの、そしてブイ君(仮名)の役に立つかも知れないので、ここに書いておきます。

 

神高
神高

狙い目(おすすめ)は「楽天モバイル」です。

お店が日本中、いろいろなところにあるのに安いですからね。

詳しくはこちら:【楽天モバイル】

日本での携帯電話の新規契約には、3つの条件が大切

海外の人と携帯電話の契約をするとき、携帯電話の会社は、お金を払ってもらえなくなることを心配しています。(注:身元不明の人に販売して、犯罪に利用されることも警戒していますが、あなたはそのような目的ではないでしょうから、そこまで考える必要はありません)

あなたのお父さん、お母さんは社会的に立派で、お金も持っている人かもしれません。しかし、携帯電話会社と契約するには、本人の信用が必要です。

ですから、携帯電話の会社は、その心配が少なくなる条件を決めています。

ぼくが今回、いくつかの携帯電話会社に聞いてわかったのは、以下の3つがとても大切だ、ということです。

  1. 20歳を超えていること(成人していること)
  2. 日本の滞在予定が2年以上、残っていること(在留カードで確認)
  3. クレジットカードを使って払うこと(本人名義)

これらが全部 OK なら、日本でも携帯電話を契約できる可能性が高いです。

理由を順番に説明します。

「20歳を超えていること」の大切さは、日本人も同じ【大事なこと1】

街で見かける日本人の中学生、高校生の多くは携帯電話を持っています。しかし、彼たち、彼女たちの携帯電話は、99%、親が契約しています。

親が契約した後、「利用登録」「使用登録」という手続きをして、本人(その若者)が使えるようになっているのです。

逆に言えば、未成年が直接申し込んでも、契約を断られる、と考えておいてください。

このルールはとても厳しく管理されているので、もしあなたが19歳より若いのであれば、日本に居る信頼できる人(親戚のおじさん、おばさんなど)に契約してもらうしかありません。

日本での滞在予定が長いほど、電話会社から信用されます【大事なこと2】

あなたが学生であれば、「在留カード( RESIDENCE CARD )」に「満了日( PERIOD OF STAY )」が書かれているでしょう。

その期間が2年より長ければ、携帯電話会社は、より信用してくれます。

というのも、ほとんどの携帯電話会社は「2年」、あるいは「3年」よりも長く契約してくれることを前提に、いろいろな値段や条件を決めているからです。(すぐに契約をやめる人に携帯電話を安く売ると、大損害になるでしょう?)

来月、日本から自分の国に帰るような人はもちろんダメですが、来年、日本から帰る人も、契約者として信用されにくいのです。

もちろん、携帯電話(スマホ)本体(機械、端末)のお金を先に払ってしまうなど、話し合いで解決できる可能性はあります。

クレジットカードがあれば、さらに信用されます【大事なこと3】

クレジットカードがあれば、支払いが簡単です。

逆に、クレジットカードがない人は、支払いのために日本で銀行口座を作る必要があります。

しかも、本人名義でなければならず、本人確認も行われます。これは、外国人のあなたには面倒で、大変なことです。

また、会社によっては、銀行振替に手数料を取るところもあります。

日本に勉強にくるくらいですから、あなたのお父さん、お母さんは社会的に信用のある人ではないでしょうか?

であれば、日本で使える本人名義(あなたの名前の)クレジットカードを自分の国で作っておきましょう。

たとえば、後で紹介する「楽天(らくてん)モバイル」では、

  • VISA
  • MASTER CARD
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • DINERS CLUB

これらのクレジットカードが使えると確認済みです。

「楽天(らくてん)モバイル」なら、店舗でも新規契約可能

日本には、回線を持っている通信会社( carrier といいます)が3つあります。

  • NTT docomo
  • au (KDDI)
  • Softbank

しかし、これら3社の名前で販売する 携帯電話、そして毎月の通信料は、とても高いです。

今、日本には MVNO という、carrier の通信設備を安く使って、携帯電話もセットで販売する会社がいくつかあります。

その中でも、外国の人には「楽天モバイル」がおすすめです。

その理由は、日本中に「お店(実際の店舗)」があるからです。

MVNO の多くは、インターネットで販売しています。しかし、「楽天モバイル」は日本中のショッピングモール、ジョーシン、エディオンの家電量販店などと協力して「お店」を出しています。

そこで相談しながら、契約することができるのです。

「楽天モバイル」の場所は、こちらをみてください。

(2019年5月1日追記:プリペイド SIM と一緒に、店舗情報の英語版もありました)

あなたの街、あるいはそのの近くにも、「お店」が見つかるでしょう。

また、もし、あなたがインターネットに詳しいのであれば、インターネットから申しこみすることもできます。

ネットで申し込むと、たくさんの楽天ポイントを紹介した人ももらえるなど、良いことがあります。

「楽天モバイル」は、紹介キャンペーンをやっていて、紹介してくれた人の「ID」を伝えるだけでポイントが二人とももらえます。(もちろん、ぼくの ID を紹介しても良いですよ (^_^)/)

ぼくの 楽天 ID は 「 tmkndk 」です。

ただし、先ほどの3つの条件は、変わりません。

ネットで申し込んでも、お店で申し込んでも、「在留カード」の確認は必須です。

その点を、よく理解しておいてください。

最後に。

もし、どの携帯電話を選ぶか迷ったら、ぼくは、海外製の SIM フリー、または SIM ロックがかかっていても docomo 対応の機械、端末(電波(キャリア)に docomo を選ぶだけで、契約は楽天モバイル)をおすすめします。

なぜなら、あなたが自分の国に帰ったあとも使える可能性が高いからです。韓国や台湾、中国の端末を選び、さらに後で SIM ロック解除すれば、ほぼすべての端末があなたの国でも使えるでしょう。

保証はできませんが、今は大体、そのようになっています。

まとめ:日本人の学生、未成年の新規契約も同じ

いかがでしたでしょうか。

説明を難しく感じたかも知れません。しかし、これは日本人の学生でもほとんど同じです。未成年は、親の協力が必要なのです。

最初のベトナム人のブイくん(仮名)、そしてあなたに、少しでも日本を好きになってほしいので、今回の記事を書きました。

学生さんであれば、是非、日本人の友達をたくさん、つくってください。

そして、将来、日本に関係する仕事をしてください。

例えば、ぼくは製造業で貿易の仕事をしています。夢のある仕事です。

あなたの日本の生活が、幸せなものなりますように。


詳しくはこちら:【楽天モバイル】

タイトルとURLをコピーしました