Uターン転職とは?|「自分の」故郷に帰って就職すること、を疑え

夜空ノムコウ 岡山のUターン転職

こんにちは。

岡山で会社員をしながらブログを書いている神高(かんだか)です。

独身時代にUターン転職の経験しています。

Uターン転職とは一般的に「東京や大阪、あるいは工場がある他の地域、海外など離れた場所で働いていた人が出身地に戻り、地場の企業に就職すること」と説明されています。

しかし、果たしてそれだけでしょうか?

近年、まわりを見て「増えてきたな」と感じるのは、「子育てその他の事情で奥さん(パートナー)の実家の近くに住むことを決めた後、その地域で仕事を探す」というケースです。

 

神高
神高

家族単位で考えれば、これも「Uターン転職」ですよね?

特に、名前が付けられてないようですが、増えていると実感します

 

Uターン転職には、大きく3パターンあると考えられます。

子育てUターン転職|こどもが生まれ、まだ小さい時期に親子三世代で子育てするパターン

勤務先、取引先などをみていて、増えたなあ、と感じるのがこのケース。

こどもが生まれ、まだ小さい時期に親子三世代で子育てするのです。

「子育てUターン転職」と仮に名付けましょうか。

男性(父親)の地元ではなく、女性(母親)の出身地に戻ってきて、両親と同居、あるいは近くに住みます。

このメリット(安心感)は、地元の女性と結婚したぼくでさえ、感じることがあります。

たとえば、子供の通う小学校がインフルエンザで学級閉鎖になったとしましょう。

共働きでどちらも休めない時は、基本、おじいちゃん、おばあちゃんに頼むしかありません。

 

神高
神高

病児保育は、病気のこどもじゃないと、預かってくれませんからね

そんなとき、ぼくのカミさんは同じ地元なので、ぼくの親、自分の親、どちらでも預けることができます。

でも、やはり、カミさんは自分の親の方が頼みやすい。

カミさんにとって、仕事帰りに実家に寄り、久々に両親と夕食を食べるのも逆に楽しみなようです。

そういう時間が取れるのも、地元に住んでいる「良さ」です。

仕事のある平日に実家で両親と夕食を取る。

地元で仕事を見つけ、家族を築いた人にとっては「日常」の風景かも知れません。

次に、一般的に説明されているUターン転職について説明します。

 

神高
神高

ぼくもこのケースが当てはまります

一般的なUターン転職|独身で両親の住む出身地に戻り、就職するパターン

ぼくが29歳で経験したのが、この「独身で両親の住む出身地に戻り、就職するケース」です。

なじみのない都会、あるいはへき地での生活に疲弊する気持ちはよくわかります。

当時、ぼくも東京で働き、不定期で海外に出張したり駐在したりを繰り返していたぼくは、憧れていた海外の仕事にたずさわっていたものの、少し疲れていました。

そんなときに入ってきた父親からの一本の電話で、Uターン転職を本気で考えるようになります。

その後、所属していた事業部がまるごとライバル企業に売却されることが決まり、地元へ戻ることを決めました。

大企業で働くことが幸せにつながる、と何故か信じていたぼくは、大きな意識の変化を受け入れることになりました。

地元で一生をともにできる人がいたら結婚したいな、と考えるようになったのも、転職がきっかけです。

結果的に、社内恋愛で伴侶を見つけることになりました。

出身地に住む両親のサポートをするために仕事を変えて地元に戻るパターン

出身地に住む両親のサポートをするために、仕事を変えて地元に戻るケースもあるでしょう。

晩婚化で「子育てUターン転職」と時期が重なることもあると思われます。

25歳で生まれた子供が25歳で結婚して子を産む時代なら、人は50歳で孫と対面するわけですから、親子三世代の年齢構成も全体的に若い。

しかし、今は35歳で生まれた子供が35歳で子を産む(あるいはもう少し遅い)時代ですから、人は70歳で孫と対面することになります。

人生100年時代とはいえ、こうなると「子育て」と「親へのサポート」が重なる可能性も出てきます。

まわりを見ていると、そんなときに「Uターン転職」が一つの解決策(ソリューション)として選ばれているようです。

 

神高
神高

ぼくの場合、70歳で孫の面倒をみながら働いている、という未来も十分にあり得ます。「あの頃の未来」を思い出すのでしょう、きっと。

まとめ:「70歳のワークライフバランス宣言~あのころの未来」

65歳、あるいは70歳まで働き、100歳まで生きる時代に我々は立っています。

近いうちに「70歳のワークライフバランス宣言~あのころの未来」なんて本が出版されるかも知れません。

そして、70歳のぼくは「夜空ノムコウ」を歌うのです。

……さて。

全体的に晩婚、そして子育ても後ろにずれているので、子供たちの独り立ちは遅くなります。

そんな時代ですから、「親子三世代でガッチリ支えあって生きていく」というのは、古いようでいて、これからの時代に合っているように思えます。

20代、30代、40代、50代、いろいろな世代のUターン転職が出てくる時代じゃないかな、と。

そして、再びふるさとを離れて新天地に挑戦したいなら、「Oターン転職」という手もあります。

人生100年時代ですからね。

神高
神高

何歳から始めても、10年あれば「何か」にはなりますよね

気長に、余生を楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました