オフィス365って個人でも使えるの?|Business Essentials のすすめ

ウインドウズロゴ 岡山のブログ

岡山で会社員を続けながらブログを運営している神高(かんだか)です。こんにちは。

ブログを運営する中で、会社で使いなれた Microsoft Office 365 を使いたい時がありませんか?

伝統的なワード、エクセルはもちろん、近年はクラウド版のアプリも充実しており、たとえば「 OneDrive(クラウドのストレージ)」が使えると、一気に使い勝手が良くなります。

でも、会社のアカウント(メールアドレス)でマイクロソフトオフィス365にログインすると「公私」を分けられなくなるし、そもそも会社の「システム管理者」が許してくれない。

そんなあなたに、朗報があります。

オフィス365って個人でも使えるの?|Business Essentials のすすめ

現在、マイクロソフトオフィス365は、大きくわけて3種類あります。

  • 家庭向:Office 365 Solo など(基本的に、ダウンロード版オフィス製品群です)
  • 中小企業向:Office 365 Business Essentials など
  • 大企業向:Office 365 E1 など

この中で、会社員のブロガーともっとも相性が良いのが 「 Office 365 Business Essentials 」です。

「ダウンロード版のオフィス(今は『オンプレミス』とも呼びます)」を含まないプランならば、一般的な企業と比べてもそん色ない「クラウド版オフィス365環境」を非常に安価に用意できるからです。

ワードプレスを常時オンラインで使っているなら、オフィスソフトもオンラインで十分です。

神高
神高

ぼくは、常時接続を外出先で安く使うためにマイネオをオススメしています。二回線契約して、半永久的にデータ残量を翌月に繰り越しています。

≫「 Office 365 サービス」の詳しい内容をみる

一人でも Office 365 Business Essentials に契約してOK

どうしました? 何が不満なんです?

職場で試験導入された「マイクロソフトのクラウドアプリや Azure の 画像認識 AI」なんかをもっと「自由」に使ってみたいんです!

なるほど。

一部の大企業は「クラウド」自体の本格導入にとても慎重らしいですからね。

末端のユーザーは、自由には使わせてもらえないでしょう。

でも、実は個人でも、法人向けの「 Microsoft Office 365 」を激安で契約できます。

Office 365 Business Essentials なら、月額540円。

「税抜ワンコイン」と非常に安価ですが、驚くほど「本格的なクラウド環境」が揃っています。

  • Exchange( 50 GB )
  • SharePoint(Online プラン 1)
  • OneDrive for Business(プラン1: 1 TB )
  • Skype for Business
  • Microsoft Teams
  • Yammer
  • オンライン版の Word, Excel, Powerpoint(ネット接続が必要です)
  • Azure (Active Directory, Vision API 他)

いかがですか? とくに OneDrive や SharePoint のあたり、すごくないですか?

しかも、これらすべてに「管理者権限」がもらえます。

あなたこそ、この世界の「支配者」ですね。

≫「 Office 365 サービス」の詳しい内容をみる

Exchange とレンタルサーバーの連携で簡単「勤務先アドレス」

ノートパソコン

オフィス365は、単に「ワード」や「エクセル」を使うためだけのサブスクリプションサービス(月々の定額払い)ではありません。

メールサーバーの「 Exchange 」が含まれているプランなら、自分が借りているレンタルサーバーの「メール機能」と簡単に連携できます。

つまり、あらゆるマイクロソフトのクラウドサービスに自分専用のメールアドレスでログインできる。

これは、ものすごく便利ですよ。

たとえば、このビジタブルであれば、~@kandaka.work のメールアドレスを Office 365 のログインに使えるように設定できます(注:ドメインを管理しているサービスに、マイクロソフトのネームサーバーを追加します)。

つまり、@gmail.com や @yahoo.co.jp ではない、「自分だけの勤務先アドレス」を持てるのです。

ここまで完了すれば、Microsoft Power Automate (携帯アプリやクラウド上の処理を自動化する機能)や Azure の Active Directory(内部、外部のメールアドレスに個別にアクセス権を与える機能)まで使えますから、 安価に本格的なマイクロソフトのクラウドサービスに触れることができます。

神高
神高

メールアドレスに @kandaka.work が入ると、まるで法人アカウントみたい

たとえば、Computer Vision API と Power Automate を組み合わせることで、撮影した写真から OCR で文字情報をすぐに読み取り、自分あてに送付する」なんてことも可能になります。

会社で「クラウドでいろいろテストしてみたいけど、いろいろ制限があるし……」という方も、これなら自由に勉強できますね。

自分のパソコン1台でMS Power BI (ビッグデータやリアルタイムデータを扱うためのマイクロソフトの BI ツール)を使って Twitter API をリアルタイム解析して……。

夢が広がります。

「仕事」のために用意されたプロ用の道具類を、「趣味」でも使えるんです。

ちなみに、クラウドに加えて、ダウンロード版のワード・エクセル・パワポ他付きの「 Office 365 Business Premium」を使いたいなら 、月額 1,360円のプランが用意されています。

≫「 Office 365 サービス」の詳しい内容をみる

ブログは小休止しても、オフィス365は使い続けていきましょう

家庭のイベントや仕事のサイクルによって忙しい時期があるので、時には小休止をはさみながら自分のペースでブログ運営は続けていけばよいでしょう。

マイクロソフトのクラウドは、新しい時代の働き方を実現するツールとして、一気に広がるポテンシャルを持っています。

会社員、あるいは何らかの組織で働いている人ならば少しずつ触れておくことをおすすめします。

というのも、

「クラウドはサーバーが社内にないし共有だから、なんとなく怖い」

という意識から、

「これだけリダイレクトと暗号処理が連発されるなら、社内に NAS(= Network Attached Storage、ネットワークに接続されたハードディスク)を置くよりも安全じゃね?」

に変われば、日本でも一気にユーザーが広がると思うからです。

たとえば、「 Power Automate (昔は Flow と呼ばれていました)」による作業の自動化には、小学生がプログラミングを学んでいる「スクラッチ」や「マインクラフト」のような楽しさがあります。

趣味としても、十分、奥深いものがありますよ。

≫「 Office 365 サービス」の詳しい内容をみる

 

このほか、ブログを始める前後で注意しておきたいポイントを記事にまとめていますから、興味があれば併せてどうぞ。

詳しくはこちら:ブログを始めたい会社員が後悔しないための15の注意点とは?【2020年版】

タイトルとURLをコピーしました