TOEIC公式問題集の評判や口コミ|受験歴30年が本音でレビュー

英語・仕事

こんにちは。

とあるメーカーで貿易実務に関わって20年超の神高(かんだか)です。

高校時代から TOEIC(トーイック、トエック) を受け、過去2回のメジャーアップデート(大幅な問題形式の変更)も目の当たりにしてきたので断言できます。

「 TOEIC 公式問題集」を持ってないなら、いますぐ一冊買いましょう。

目標が500点でも600点でも同じです。

そして、IIBC(運営会社)が提携しているリスニングセクション用のアプリをスマホに入れるのです。

これだけで、TOEIC 本番にもっとも近い試験を再現する環境が整います。

細かいことは抜きにして、ズバリ言います。

受験料(6,490円)をドブに捨てないためにも、トエック公式問題集は「必携(ひっけい)」です。

神高
神高

トーイック公式問題集を持っていれば、無料でリスニングテスト用アプリが使えます。問題集の中にアクセス用のパスワードが記載されています。

≫ 【無料】audiobook.jp の公式サイトでアプリをチェックする( iPhone、Andoroid 共通)

「TOEIC 公式問題集」に取り組むべき3つの理由

これから「TOEIC 公式問題集」に取り組むべき3つの理由をお伝えします。

ちなみに、最新の「公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6 」【2020/2/21発売】は表紙がブラウン(茶色)のこちらです。

本試験が非公開なので「TOEIC 公式問題集」が過去問にもっとも近い|理由①

本試験が非公開なので「TOEIC 公式問題集」が過去問にもっとも近い。

これが、最初にして「最大」の理由です。

TOEIC は2020年6月の例外を除き、無料では過去問を公開していませんからね。

今までに出題された「本物」の試験問題は、一般的に「過去問(かこもん)」と呼ばれます。

そして「あらゆる試験対策は『過去問』を研究することから始まる」ことは、英検、通関士、簿記など様々な試験にチャレンジしてきた経験から明らかです。

試験をつくる側も「過去問」を参考にしながら試験問題を創りますからね。

とてもゼロから作れるものじゃない。

なぜか。

  • 過去問とまったく同じ問題は出せない
  • 過去問と比べて、あまりに難しい問題は出せない
  • 過去問と比べて、あまりに簡単な問題は出せない

これらの「3ない」ポイントを全て満たそうと思えば、問題を創る側も「過去問」を参照せざるを得ません。

結果として、「過去問と似たような問題」が「本試験(本番)」でも並ぶことになります。

しかし、TOEIC は試験問題の持ち帰りを認めていません。

だから、実質的な過去問の「公式問題集」がベストの教材となるのです。

リスニングセクション( Listening Section )のナレーターが本番に近い|理由②

リスニングセクション( Listening Section )のナレーターが本番に近い。

このポイントも非常に重要です。

なぜなら、TOEIC はアメリカで作成される試験でありながら、リスニング問題では以下の4か国がナレーター(話し手)として登場するからです。

  • 米国(アメリカ) – The United States of America
  • 英国(イギリス) – United Kingdom
  • 豪州(オーストラリア) – Australia
  • 加州(カナダ) – Canada

一度でも TOEIC を受験されたことがあれば「あれ、やたら聴き取りにくい女性が登場するな」といった経験がおありではないですか?

おそらく、それは「米国」ではない残り3か国の「誰か」です。

神高
神高

得意・不得意は個人差があるので、これ以上は特定できません。

慣れない音の変化がたくさんありがちなのは、「英国」です。

我々は米国人が録音した英語教材に慣れています。

だから、「英国」「豪州」「加州」の3か国は聞き取りにくいのです。

公式問題集に登場するナレーターは、(入れ替わりはありますが)実際の試験でも出題を担当されている方々ですから、各国の音の変化に慣れることができます。

しかも、公式問題集は「国旗マーク」でどの国の「なまり」なのか、明示してくれているのです。

もちろん、「公式ではない」市販の問題集もその点はわかっていて、一部の大学教授が作った教材などを除けば「4か国のナレーター」でリスニング教材を作成しています。

とはいえ、公式問題集ほどのクオリティは再現できません。

なにせ、本物ですから。

武田塾のメソッド「まず1冊を完璧に仕上げる」は大人にもあてはまる|理由③

武田塾のメソッド「まず1冊を完璧に仕上げる」をご存じでしょうか?

どんなレベルでも、自分に合った参考書を一冊、完ぺきに学ぶことで成長を実感できる、というものです。

大人の学びでも、このコンセプトは正解なんですよ。

「 SDGs 」にせよ「コンプライアンス」にせよ、仕事の上で何かを学ぶとき、サラッとうわべだけ調べたことは身に付きませんよね?

TOEIC 対策でも同様です。

同じ教材を何度も繰り返すことで、まるで

  • 「抜けている穴が埋まっていく」
  • 「壁の塗り残しが減っていく」

ような感覚を得られます。

TOEIC 公式問題集は、丸々2回分の模擬試験が詳しい解説付きで収録された「過去問」です。

だから、最新の「公式問題集」を一冊購入し、時間を測りながら実際に解き、最後に「二つの課題」を見なおししましょう。

  • 全くわからなかった問題
  • 偶然「正解」を選べた問題

この二つを、つぶしていきましょう。

試験本番ではマークシートに「自信をもって選べた」かどうかをマークする欄はないですよね。

でも、自宅で公式問題集を解くなら、マークシートに何を書きこんでもかまいません。

あいまいな状態で選択肢を決めた問題の横に何らかの目印を残しながら、徹底的に1冊の問題集をコンプリートすれば、自分だけの「診断書」が出来上がります。

「TOEIC 公式問題集」の商品情報とラインナップ|ナンバリングタイトルがあります

現在、TOEIC の公式問題集は「6冊( No. 6 )」まで発売されています。

もし、一冊も持っていないなら、新しい方から買っていくのが正解です。

というのも、古い号(1と2)は音声データが用意されておらず、学習するにもとにかく不便なんですよ。

ボリューム3からスマホやパソコンで聴ける音声データが付くようになりました。

≫ 【無料】audiobook.jp の公式サイトでアプリをチェックする( iPhone、Andoroid 共通)

「TOEIC 公式問題集」は定価販売なので「送料無料」のオンラインショップで買いたい

TOEIC の公式問題集は「書籍」なので割引がありません。

ですから、購入するのであれば「送料無料」で買いたいですよね。

Amazon、楽天、ヤフーショッピングなど送料無料のサービスを使いましょう。

なお、中古本もネットにはありますが、問題に一部でも書き込みがあると困るのと、案外、安くないです。

TOEIC 公式問題集は、中古でも大きく値段が落ちません。

それだけ、人気がある証拠でもあります。

「TOEIC 公式問題集」の口コミと評判|好評に決まっているけど……

TOEIC 公式問題集の評価はしっかりと確立されていて、ツイッターにも「早く取り組むべきだった」というコメントが多くみられます。

いろいろな教材がありますけれど、やっぱり最後は「公式問題集」に戻ってきます。

とはいえ、何冊も公式問題集を買う必要はないんですよ。

1冊からせいぜい数冊を何度も何度も復習するのがスコアアップへの近道です。

ノウハウコレクター( How to ばかり集める人)になってはいけません。

実践あるのみです。

「TOEIC 公式問題集」のよくある質問、疑問|公式問題集は高いのか?

「TOEIC 公式問題集」に関するツイートをながめていると「なんであんなに高いの?」という疑問がときどき見られます。

でも、実際に買ってみればわかるはず。

その価格にふさわしい手間がかかっています。

他とは品質が違います。

  • 4か国、男女を交えたナレーターの確保
  • 音声のアプリ対応(細かい音質や時間調整)
  • 良質な紙を使った問題用紙やマークシート
神高
神高

正直「公式ではない問題集」の中には、このあたりがいい加減なものもあるんですよ。

「タイトルと表紙の派手さ」だけで煽る(あおる)本にダマされてはいけません。

いくらタイトルで「たった○○週間で初心者でも■■点アップ!」なんて書かれていても、信用できないのです。

見た目やタイトルだけ派手な問題集を2冊買うなら「公式問題集」を1冊買いましょう。

また、「公式問題集」は価格が落ちないので、綺麗に使えばヤフオク、メルカリなどで普通に売れます。

TOEIC の受験対策で学んだことは仕事の役に立つのか?

「 TOEIC で学んだ英語って、仕事で使えるのかな?」なんて、考えるだけムダです。

必ず役に立ちます。

断言します。

特にメーカーや商社などで「日々、英語を使うわけではないけれど、ときに必要になる」仕事をしている人なら、TOEIC 対策だけでも、みちがえるでしょう。

何から手を付けて良いかわからなければ、とりあえず公式問題集の「解答・解説」を見ながら「音声」と一緒に「音読」しましょう。

ときどき輸出のある製造業の世界で20年以上仕事をしている立場ですから、嘘は申しません。

TOEIC 対策は、効きます。

社内で受ける TOEIC IP テストでも、試験対策は効きます!

会社の命令で、無理矢理 TOEIC IP (団体用の試験)を社内で受ける人。

そんな人にも「公式問題集」は役に立ちます。

こんなお金は出せない、というなら、同期や職場の同僚とお金を出し合って一冊をシェア(共有)しましょう。

土日を使って試験対策を数時間するだけで、試験本番が変わります。

本当です。

それすらもできないほど忙しいなら、リスニングセクションの「パート2」だけでも勉強してください。

「 part 2 」は勝負(正誤の結果がわかるまで)が早いので、飽きずに取り組めます。

TOEIC公式問題集の「本当の意味」と「真の使い方」|30年前のこと

ここまでの内容をまとめます。

TOEIC を始めて受けた約30年前、ここまで広く社会で使われるようになるとは夢にも思いませんでした。

地元の英会話学校(イーオン)がスクールの生徒向けに実施したとき、ぼくも参加させてもらいました。

リスニング100問、リーディング100問。

会場は岡山市北区大供のイーオン本社。

形式は同じですが、問題数の配分が異なる上にナレーションも明確に4か国ではなかった。

また、返ってくるスコア表も 3M の付箋(ふせん)に印字したような「小さい紙片」でしてね。

当然ながら、証明写真が印刷されることもありませんでした。

初受験のスコアは、確か400点台です。

それでも「高校生なのにスゴい」と一緒に受けた岡山大学のお兄さんに褒めてもらいました。

「TOEIC 公式問題集」こそが本物の「TOEIC 公式攻略本」です

就職や転職に使われているため「公式感」を出している今の TOEIC ですけれど、もとから「民間の試験」ですし、結局は商売(ビジネス)です。

主催団体の IIBC は、2020年4月から「受験料の値上げ」も実施しました。

2009年に「内部留保(個人でいう貯金ですね)が多すぎる」と国に指摘されて受験料を一度下げたのに、です。

900点前後のぼくが、990点を目指すかどうか迷う理由はそこにあります。

とはいえ、TOEICが社会で認められる資格であることは確かでしてね。

テストとしてよくできています。

何らかの理由で高スコアが必要なのであれば、ゲームの一つと割り切って「公式の攻略本」で研究すればいい。

そして、サクッと目標を達成してしまいましょう。

結局は、それが「低コスト」でゴールに近づく最適ルートです。

≫ 【無料】audiobook.jp の公式サイトでアプリをチェックする( iPhone、Andoroid 共通)

まだ一冊も持っていないなら、最新の本を買いましょう。

管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年9月生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

ビジタブルをフォローする!
英語・仕事
ビジタブルをフォローする!
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました