貿易実務における事務処理全般

貿易実務における事務処理全般貿易実務・事務処理

こんにちは。

とあるメーカーで貿易実務に関わって20年超の神高(かんだか)です。

このカテゴリーでは、輸出、輸入を扱う貿易実務全般、事務処理全般について解説します。

それから、コロナウイルス問題でリモートワークの機会が増えたことから、Microsoft Teams を中心としたクラウドサービスについても少し扱っております。

テレワーク(在宅勤務)のノウハウは、出張中の事務処理などにも役立ちますのでね。

代表的なテーマとして、以下のようなものを扱っています。

(それぞれ、比較的、多く読んでいただいている記事にリンクしました)

個別の貨物や事案についてはコメントせず、広く一般的に使える内容を解説するように努めています。

こういった内容について書いて欲しい、というリクエストがあれば「お問合わせ」からどうぞ。

ぼくに書ける内容であれば、記事にしますのでね。

最新のインコタームズ( INCOTERMS 2020 )の解説に力を入れています。

2019年秋に概要が発表された最新のインコタームズ( INCOTERMS 2020 )の解説に力を入れています。

10年ぶりの改訂ですのでね。

一覧は No. 1を、それ以外の3文字( FOB や CIF など)はご希望の見出しを選んでください。

ちなみに、DDU は2010年版で廃止されています。

INCOTERMS 2000 とうたえば、使っても全く問題ないですけど、意外と盲点でしょう?

貿易実務は独立したスキル、さまざまな応用が利きます

貿易実務は、他の事務とは違う独立したスキルなので、扱う商品が変わってもその原則を広く応用することができます。

いつの時代も、輸入や輸出の基本的な知識や金融(支払い)に関するノウハウはたいてい、似たようなものだからです。

たとえば、一般的に使われる船積用のインボイスは、完全に電子化されることはあっても、そのデータ自体は今と同じような内容が記載されるはず。

いままで蓄積された「しきたり」や「国を越えた共通認識」を捨てるとは考えられません。

10年前にインコタームズから除外された DDU がいまだに広く使われるような業界ですからね。

営業や資材、あるいは会計の部門に属していても、貿易に関する基本的なルールは、一度身につければ長く使える知識となります。

貿易実務は「本」と「 OJT(実践)」の両方で学びましょう

独立したスキルである貿易実務をどう学ぶべきか。

答え:貿易実務は「本(電子書籍など)」と「 OJT(職場での実践)」の両方で学びましょう。

というのも、以下のような理由があるからです。

「本(電子書籍など)」から学ぶべき理由

まずは「本(電子書籍など)」から学ぶべき理由です。

  • 貿易のルールやしきたりには、法律や条約の裏付けがあるから
  • なんとなく「わかったつもり」になる用語が多いから(積み戻し、など)
  • 体系的に理解していなくても、意外となんとかなるから

そうなんです。

理解があいまいでも、貿易周辺の仕事って「なんとかなる」んです。

実際、OJT(職場での実践)だけで何年も仕事をされる方も多いですからね。

神高
神高

平日に行われるジェトロ他の研修に、なかなか行かせてもらえない、なんて(笑)。

でも、一つ一つの理由や背景、用語の本当の使い方は、やはり体系的に勉強しないと理解できません。

しかも、「再輸出免税」みたいなルールはその言葉を知らないと検索しようもないですから。

でも、まあ心配は要りません。

大丈夫。

本を1,2冊を通読するだけで、OJT の知識は頭の中でつながります。

OJT(職場での実践)で学ぶべき理由

続いて、OJT(職場での実践)で学ぶべき理由です。

  • 扱う荷物(商品)や地域(国、地域)、輸送方法で事情が異なるから
  • 貿易実務は立派な企業活動(営業、調達など)の一部だから
  • 取引する相手(外国人)も人間だから

本に書かれていることは、あくまで「一般論」であって、個別の事例まで網羅できません。

扱う貨物や地域、輸送方法でずいぶんと考え方やルールが違います。

ブログ「ビジタブル」にしても、一般的な内容について掘り下げているのであって、ぼくが仕事で扱っている「産業機械(の一種)」だけに通用するような内容は扱っていません。

白状すれば、そもそもわからないんです。

たとえば、以下のような内容をブログ記事に書いて欲しい、と依頼を受けたとしましょう。

  • 高級絵画を空輸でヨーロッパまで運ぶ方法(保税扱いでお願いします)
  • バリ島からすてきな木製の家具を輸入する手順(竹で編まれています)
  • 暫八(関税暫定措置法)で大連工場と金具をやり取りする一連の手続き

「仕組み」としてはわかります。

参照すべきルールや法令、基本通達などを挙げることまでは、何とかできるでしょう。

しかし、「個別の注意点」「実際の運用」となると、やはり経験した人じゃないとダメ。

ましてや、貿易実務で書類をやり取りする相手が何を重視しているか、なんて門外漢では知りようがありません。

だから、個々の職場で蓄積されたノウハウは、OJT(職場での実践)から学ぶべきなのです。

ブログ「ビジタブル」は「本」と「 OJT 」をつなぐお手伝いをしたい

赤い橋とコンテナ船

2018年11月にブログを始めたときから、ずっと変わりません。

ブログ「ビジタブル」は「本」と「 OJT 」をつなぐお手伝いをしたい、という思いで続けています。

たとえば、

Arrival Notice の Notify Party には、きちんと届けたい人の情報を書きましょう」とか。

メールを早く処理して欲しいなら、それらしい『急ぐ理由』をきちんと書きましょう」とか。

あるいは

Microsoft Teams で『使える絵文字』の種類を増やす方法」とか。

本にするほどでもない。

でも、仕事をする現場で本当に役に立つ。

そんな情報をお伝えできれば、と考えています。

「仕事で学び、学びを仕事に」活かしていきましょう。

連絡、コンタクトしたい方へ| Slack(スラック) 始めました

連絡、コンタクトしたい方へ、 Slack(スラック) 始めました。※以下の画像はイメージです(^^;

「ビジタブル」読者の方の「雑談」にも無料の slack(スラック) は使えます。

slack が無料である限り、ずーっと無料です。

参加を希望される方は、お問い合せのページから「メールアドレス」を教えてください。

≫お問い合せフォームはこちら

招待メールを「 slack 」経由でお送りします。

すでに10名弱の方にご参加いただいていましてね。

ネット用のハンドルネームで、ぜんぜん大丈夫ですよ。
貿易実務・事務処理

【貿易】T/T決済とは?|Telegraphic Transfer の意味と使い方

T/T決済の意味や使い方を知りたいですか?T/TはL/C同様、国を越えて送金をするための決済の仕組みです。送金者側から日時と金額を指定できるので、前受金をT/Tで受け取る時も使えます。仕向、被仕向といった銀行の用語とあわせて理解しましょう。
貿易実務・事務処理

Microsoft Teams と Outlook(メール)の連携|PowerAutomate なら条件付き書き込みまで可能

Microsoft TeamsとOutlook(メール)の連携方法を知りたいですか?PowerAutomate なら条件付きの自動書き込みまでできます。また電子メールからチャネルへの直接投稿は設定されたメールアドレスへ送信すればできます。
貿易実務・事務処理

海外営業の本質とは?|「受注まで」と「代金回収」の観点で解説します

海外営業の本質は「受注まで」と「代金回収」の二つに集約されます。海外顧客との取引には契約書を含む書類が必須ですから、代金回収と受注は一体です。そして未回収などの問題が発生すると最初の契約の良し悪しが問われるのです。英文契約書に強くなりましょう。
2020.05.26
貿易実務・事務処理

Microsoft Teamsで社外の人とオンライン会議を始める方法とは?|取引先はアカウント不要

Microsoft Teamsで社外の人とオンライン会議を始める方法を探していますか?アカウント(登録)無しでも招待する方法はあります。今すぐ会議のリンクを電子メールで送りましょう。迷惑メールと勘違いされないように、最初は電話も入れましょう。
貿易実務・事務処理

Microsoft Teamsの「一般」チャネルの使い方|え、削除できないの?

Microsoft Teamsの「一般」チャネルの使い方を知りたいですか?削除できないので、読者を限定しない共有情報を載せるのが基本です。別に雑談チャネルをつくり、所有者以外の書き込みをモデレーション機能で禁止すれば、大切な情報のみ残ります。
貿易実務・事務処理

Microsoft Teamsの背景ぼかしをデフォルトで設定する方法とは?

Microsoft Teams(マイクロソフト・チームズ)の背景ぼかしを最初から設定する方法を探していますか?入室前にカメラをオフにして背景画像をセットしましょう。ただブラウザ版で使えませんし、iPhoneなどスマホへの導入もこれからです。
2020.05.30
貿易実務・事務処理

【貿易】ETA と ETD、貿易実務で便利な略語・用語の意味と使い方とは?

ETD、ETAの意味を知りたいですか?使い方の具体例まで例文を交えて解説します。輸出入に関わる乙仲業者や運送業者と共通認識を持ちやすい用語なので多方面で活用できます。transhipment(積替)がある場合は輸入者と情報共有にも便利です。
2020.05.19
貿易実務・事務処理

【貿易】Beneficiary Certificateの「本当の意味」と使い方とは?

Beneficiary Certificateは輸入者側なら活かせるかも知れません。デマレージ回避の観点でも有用です。ただし、契約時に双方十分理解しておく必要があります。書類の一部をクーリエでやりとりすることで貨物到着時の書類未着を防げます。
貿易実務・事務処理

【厳選】初めて「ビジタブル」を読みに来てくださった方のための10記事

ブログ「ビジタブル」に初めてお越しいただいた方に厳選したオススメ記事10選をご紹介します。貿易実務関連だけでなく、仕事で使える英語、簿記、通関士資格などの体験談を中心に本当に役に立つ情報をお伝えします。slackでの情報交換も歓迎です。
2020.05.10
貿易実務・事務処理

【貿易】代理店と販売店=AgencyとDistributorの違いとは?

「代理店」と「販売店」の違いを知りたいですか?日本語では似ていますがエージェンシーagencyとディストリビューターdistributor、商流が異なります。船積書類や請求書などの送付先にも影響するので、貿易実務上、とても大切な概念です。
タイトルとURLをコピーしました