ベストセラーの本を安くたくさん読みたいあなたへ ▶▶▶

【英検1級が解説】SDGsのアイコン、英語版と日本語版とを比較しながら説明します

英語・仕事

こんにちは。

メーカーで海外営業として働きながら英語を学び続け、44歳になってようやく英検1級を取得した神高(カンダカ)です。

政府(特に外務省)、大企業だけでなく、個人にも広まってきている SDGs – Sustainable Development Goals(読み方は通称「エスディージーズ」)

えらい人がスーツの胸あたりにバッジを付けている、あれです。

神高
神高

国連( United Nations )の公式サイトでは、端的に以下のような説明がなされています。

The Sustainable Development Goals are the blueprint to achieve a better and more sustainable future for all. They address the global challenges we face, including those related to poverty, inequality, climate change, environmental degradation, peace and justice. The 17 Goals are all interconnected, and in order to leave no one behind, it is important that we achieve them all by 2030.

参照:-「UNITED NATIONS(国連)」About the Sustainable Development Goals

課題とされているテーマがしっかり英検のライティングやスピーキングで出題される分野と重なりますし、徐々に企業の間にも考え方が浸透してきているので、実は長年、気になる「キーワード」でした。

そんなおり、2019年6月15日に私用で立ち寄ったグランフロント大阪で「 SDGs MIRAI KAIGI 」というイベントを発見。

パナソニックや Benesse、AGC など、各社のブースを楽しく回らせていただきました。

せっかくの機会ですので、今後、ますます広まっていく「 SDGs 」について一緒に整理しましょう。

英検二次試験のネタとしても、これから増えていきそうですからね。

神高
神高

今回は、英語版と日本語版のアイコン、記載内容の対比も用意しました

ちなみに。

  • 会社(職場)で、チームとして SDGs に取り組みたい
  • SDGs(エスディージーズ)について、体系的に勉強したい

そんな課題をかかえている方には、「30日間無料」で試せる Kindle Unlimited ( Amazon の電子書籍「読み放題」サービス)の「 SDGs の入門書」がおすすめです。

企業や団体で、かつ「チーム」で SGDs に取り組みたいなら、専門書を一冊くらいは読んでおかないと的外れなことをしでかしそうで怖いですよね。

たとえば、ぼくが職場で導入を検討するなら、「無料の30日間」でこの本を部下とぼくとで回し読みして、エッセンスを「パワーポイント」か「マインドマップ」形式のプレゼンにまとめるようにするでしょう。

そのうえで、必要なら職場で1冊、印刷物でも買ってもらう、と(笑)。

仕事で必要となった SDGs の概要を体系的に学びたい時にぴったりの構成とボリュームです。

神高
神高

でも、Kindle Unlimited は時々入れ替えがあるので、「読み放題」の対象商品から外れていたら、ごめんなさい。

  1. SDGs「持続可能な開発目標」は国連サミットで採択された世界共通の目標
  2. 17のテーマとロゴ(英語、日本語) ~ 企業、団体、個人でも貢献できる
      1. 1. NO POVERTY : 貧困をなくそう
      2. 2. ZERO HUNGER : 飢餓をゼロに
      3. 3. GOOD HEALTH AND WELL-BEING : すべての人に健康と福祉を
      4. 4. QUALITY EDUCATION : 質の高い教育をみんなに
      5. 5. GENDER EQUALITY : ジェンダー平等を実現しよう
      6. 6. CLEAN WATER AND SANITATION : 安全な水とトイレを世界中に
      7. 7. AFFORDABLE AND CLEAN ENERGY : エネルギーをみんなに そしてクリーンに
      8. 8. DECENT WORK AND ECONOMIC GROWTH : 働きがいも経済成長も
      9. 9. INDUSTRY, INNOVATION AND INFRASTRUCTURE : 産業と技術革新の基盤をつくろう
      10. 10. REDUCED INEQUALITIES : 人や国の不平等をなくそう
      11. 11. SUSTAINABLE CITIES AND COMMUNITIES : 住み続けられるまちづくりを
      12. 12. RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTION : つくる責任 つかう責任
      13. 13. CLIMATE ACTION : 気候変動に具体的な対策を
      14. 14. LIFE BELOW WATER : 海の豊かさを守ろう
      15. 15. LIFE ON LAND : 陸の豊かさも守ろう
      16. 16. PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS: 平和と公正をすべての人に
      17. 17. PARTNERSHIPS FOR THE GOALS : パートナーシップで目標を達成しよう
      18. SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS : 総合ロゴ
  3. いずれも英検1級の「ライティング」「スピーキング」に出そうなテーマ
  4. まとめ:アイコン(ロゴ)の改変や盗用は NG ですが、広く使える(らしい)

SDGs「持続可能な開発目標」は国連サミットで採択された世界共通の目標

「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)」は、世界が抱える様々な問題を2030年までに解決するために作られた世界共通の「17の目標(原文では 17 goals)」です。

国連の公式動画 (Youtube)はこちら。

数十秒なので、ぜひ、ご覧ください。英語版の字幕も付いています。

2015年9月の国連サミットで採択されました。

神高
神高

「 Development 」については、「開発」という日本語が持つ印象だけでなく、「発展」「成長」「発達」「変わっていくこと」といった意味を含んでいると理解すれば、イメージしやすいでしょう。

世界中の国や自治体、企業、団体が注目している理念であり、2025年の開催が決定している大阪万博でも、ひとつの目標として SDGs が掲げられています。

今回、大阪駅のイベントを仕掛けていたのは、「未来会議実行委員会」。

グランフロント大阪で開催されていたのは、子どもたちとファミリー向けの For FAMILY「 SDGsこどもサミット 」というものでした。

スタンプラリーや、特に小さなお子さんが楽しんで学べる教材を用意するなど、楽しいイベントとなっていました。

個人的には、Calbee から分社化された「カルネコ株式会社」さんの取り組み(カーボンオフセットを織り込んだ販促物提供のプラットフォーム)が印象に残りました。

17のテーマとロゴ(英語、日本語) ~ 企業、団体、個人でも貢献できる

「17の目標」は壮大なようでいて、身近な内容を含んでいますから、2030年の達成を目標にどんな企業、団体、個人も貢献できる可能性があります。英語、日本語を並べて、具体的にみていきましょう。(英語、日本語とも、公式のロゴ(アイコン)からの転載です。使用のためのガイドラインはこちら

国連の公式サイトには、Photoshop など高解像度で用いるための PDF 形式もあります。

1. NO POVERTY : 貧困をなくそう

NO POVERTY、つまり「貧困をなくそう」というスローガンです。アイコンは相互の助け合いを表しているようですね。

 

(poverty : 貧困、困窮、poor の名詞形 )

2. ZERO HUNGER : 飢餓をゼロに

ZERO HUNGER、つまり「飢餓をゼロに」しよう、という呼びかけです。

 

( hunger : 飢餓、空腹、hungry の名詞形)

3. GOOD HEALTH AND WELL-BEING : すべての人に健康と福祉を

GOOD HEALTH AND WELL-BEING、これは「すべての人に健康と福祉を」と唱えています。

 

( well-being : 福祉( welfare )、福利、幸福)

4. QUALITY EDUCATION : 質の高い教育をみんなに

QUALITY EDUCATION、こちらは「質の高い教育をみんなに」という理念です。

 

( education : 教育、学び)

5. GENDER EQUALITY : ジェンダー平等を実現しよう

GENDER EQUALITY、これは「ジェンダー平等を実現しよう」という内容です。

( equality : 平等、同等、equal (イコール)の名詞形)

6. CLEAN WATER AND SANITATION : 安全な水とトイレを世界中に

CLEAN WATER AND SANITATION、すなわち「安全な水とトイレを世界中に」と求めています。

(sanitation : (公衆)衛生、サニタリー)

7. AFFORDABLE AND CLEAN ENERGY : エネルギーをみんなに そしてクリーンに

AFFORDABLE AND CLEAN ENERGY、こちらは「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」を提唱しています。

( affordable : 手頃な価格で手に入りやすい)

8. DECENT WORK AND ECONOMIC GROWTH : 働きがいも経済成長も

DECENT WORK AND ECONOMIC GROWTH、これは「働きがいも経済成長も」と訳しています。ただ、decent work が「働き甲斐」なのかどうかは個人差があるかも。

( decent : まともな、きちんとした、見苦しくない)

9. INDUSTRY, INNOVATION AND INFRASTRUCTURE : 産業と技術革新の基盤をつくろう

INDUSTRY, INNOVATION AND INFRASTRUCTURE は「産業と技術革新の基盤をつくろう」という理想です。全世界でね。

( Infrastructure : 社会的な基盤)

10. REDUCED INEQUALITIES : 人や国の不平等をなくそう

REDUCED INEQUALITIES、これは「人や国の不平等をなくそう」という願いです。

( reduced : 低下、減少、inequalities : 不平等)

11. SUSTAINABLE CITIES AND COMMUNITIES : 住み続けられるまちづくりを

SUSTAINABLE CITIES AND COMMUNITIES、これは「住み続けられるまちづくりを」と主張しています。いまや「ロハス( LOHAS )」などといった形で日本語化した感さえある「サステナブル」をここでは使っています。

( sustainable : 継続できる、 sustain で継続、維持、持続)

12. RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTION : つくる責任 つかう責任

RESPONSIBLE CONSUMPTION AND PRODUCTIONは「つくる責任 つかう責任」と訳されています。この理念は製造業なら必ず向き合わなくてはならないものです。

( responsible : 責任のある、consumption : 消費、使用)

この項目は特にアクセスが多いので、個別に記事にしました。

会社として取り組むときに参考としてください。

13. CLIMATE ACTION : 気候変動に具体的な対策を

CLIMATE ACTION、「気候変動に具体的な対策を」ということ。

( climate : 環境、気候)

14. LIFE BELOW WATER : 海の豊かさを守ろう

LIFE BELOW WATER、これは「海の豊かさを守ろう」という思想を端的に表した言葉です。間違いなく、海のキャパシティの大きさに人類は守られていますからね。

( life : 一般的に「生命」ですが、ここでは生き物、生物、植物)

15. LIFE ON LAND : 陸の豊かさも守ろう

LIFE ON LANDは「陸の豊かさも守ろう」と言い換えられています。海も陸も、ということです。

( life : ここでは、生き物、生物、植物)

16. PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS: 平和と公正をすべての人に

PEACE, JUSTICE AND STRONG INSTITUTIONS、これは「平和と公正をすべての人に」ということで、ハトと裁判を表すハンマー(小槌)が描かれています。

( institutions : 機関、制度 ここでは裁判制度などの意)

17. PARTNERSHIPS FOR THE GOALS : パートナーシップで目標を達成しよう

PARTNERSHIPS FOR THE GOALS、最後のまとめは「パートナーシップで目標を達成しよう」で締めくくられます。

(partnerships : 協力関係)

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS : 総合ロゴ

いずれも、「わかってはいるんだけど、簡単ではなさそう」なテーマですよね?

でも、シンプルな「英語」「日本語」のコンセプトをカラフルな「ロゴ」にしてくれたおかげで、自分たちの問題として、取り組みやすく思えてきませんか?

企業も各種団体も、あるいは個人でも、これらのいずれかに貢献することは可能だと思います。

このサイト( busitable )であれば、さしずめ「 4. QUALITY EDUCATION 」「質の高い教育をみんなに」や「9. INDUSTRY, INNOVATION AND INFRASTRUCTURE 」「産業の技術革新と基盤をつくろう」でしょうか。

いずれも英検1級の「ライティング」「スピーキング」に出そうなテーマ

2018年、英検1級に取り組み、ライティングスピーキングともにアウトプットの訓練をしました。

その時の経験に基づけば、今回、ご紹介した17件全て、いずれもいろいろな切り口で出題される可能性が高いテーマであることがわかります。(あるいは SDGs 自体が出題される可能性もあります)

人類共通の取り組むべき課題として、国連で認識されているわけですから、興味があれば国連本部の資料もあたってみましょう。

UNITED NATIONS が全世界に向けて発信しているので、平易でわかりやすい英語が用いられています。

(しかし、こういう時、右上の言語の選択肢に「日本語」がないのは残念ですね……)

神高
神高

ちなみに、英検1級のライティングとスピーキングの参考書、もっともオススメできるのはこちら。目次だけでも、ワクワクしません?(そうでもない?)

「積極的に日本は移民を受け入れるべきか?」といった賛成、反対の両方で書けそうな論点だけではなく、「核兵器は廃絶すべきか?」など、「そんなことに反対する人がいるのか?するとしたらどんな主張をするんだ?」というテーマもしっかり同じボリュームの例が示されているのが、この本の面白いところなんですよね。

英作文、とありますけど、英検二次の面接対策にも使えます。

まとめ:アイコン(ロゴ)の改変や盗用は NG ですが、広く使える(らしい)

ここで、一気におさらいしておきましょう。

企業も個人も、あるいは英検の学習をしている人にもお役に立てるように、全方位からご紹介してきました。

SDGs のロゴの使用に関しては、商用利用、営利目的を含めてかなり寛大なところがある(らしい)ので、少し研究してみたいと思います。

神高
神高

当然ですが、No. 2 の「 ZERO HUNGER 」をラーメン屋の看板に使うとか、無断の改変、盗用とかもダメですよ

17の課題は、元来、いずれも重いテーマであるものの、「前向きに、みんなで取り組んでいけば解決できるのだ!」という国連の主張がカラフルなロゴから伝わってきます。

最初は「いっちょかみ」的な興味、関心でも良いと思うので、2030年に向けて、皆で取り組み続けていきましょう。

神高
神高

最後に、さきほどご紹介した電子書籍をご紹介しておきます。

「30日間無料」で試せる Kindle Unlimited ( Amazon の読み放題サービス)にも、こんな SDGs の入門書があります。

法人や団体で「組織として」取り組むなら、個人でも少し体系的に学んでおきたいですよね。

自社のサービスや商品とどう結びつけるかに失敗すると、的外れな努力に終わりかねません。

「30日間無料」なので、無料期間が終わる日をスマホのアラームにセットして読み始めましょう。

神高
神高

Kindle Unlimited は時々入れ替えがあるので、すでに対象から外れていたら、ごめんなさい。

管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年9月生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

ビジタブルをフォローする!
英語・仕事
ビジタブルをフォローする!
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました