今日中に、は within today ではない|だけど……

昨日今日明日英語・仕事

こんにちは。

あるメーカーで貿易実務に関わって20年超、神高(かんだか)です。

44歳になって、ようやく英検1級に合格しました。

そうそう。

ちょっと前、韓国の取引先との電子メールの中で「 Please send the shipping documents within TODAY! 」という表現を見つけました。

この「 within today 」という表現、参考書その他では「間違い」であって、誤った使い方と解説されています。

  • ~ by the end of the day
  • ~ before the end of the day
  • ~ before the day is out
  • ~ by today

などが「今日中に」の英語訳として正しい表現だ、と解説されているんですよね。

たしかに。

神高
神高

でもね……

今日中に、は within today ではない|だけど……

何でもかんでも「今日中」と連絡してきがちな取引先。

特にアジアの場合はせっかちです。

そんな日々のメールの中で、「 within today 」とあれば、文法上は誤っているわけです。

でも、日本語の「今日中に」を「 within today 」と訳してしまう気持ちは、わかりますよね?

この表現はアジア界隈で多く、特に韓国の顧客やサプライヤーによく見られる気がします。

おそらく、日本人と同様に「母国語」の論理のまま、英語に訳そうとしているのです。

今日中に、の韓国語は 오늘 중으로(オヌル ジュヌロ)

今日中に、の韓国語は 오늘 중으로(オヌル ジュヌロ)と書かれます。

ここで、「オヌル」は「今日」、「ジュ」は「中」、「ヌロ」は「~に」を表しています。

つまり、日本語と全く同じ語順、使い方なんですよね。

だから、日本人同様に「今日中に」をそのまま「 within today 」と表現してしまうのでしょう。

貿易実務の中でうまく伝わるなら、使っても構わないんじゃないか?

貿易実務上の事務処理、コミュニケーションにおいてうまく伝わるなら、「 within today 」は使っても構わないんじゃないか。

英語の勉強を何年も続けていますけれど、そう思います。

伝えたい相手に、ズバッと通じるんですから。

アジア諸国との貿易において、シンガポールやインドを除けば外国語として「英語」と接しています。

文法的な正しさで怖気づいて、やりとりが止まってしまうなら、もったいない。

もちろん、品のある英文レターなどであれば、しっかりした文章を書きたいですし、ネイティブによるチェックも受けたいところです。

ですが、毎日使っている英文メールですからね。

こちらがやって欲しいことがキチンと伝わるなら、略語を使うのと同じ。

早く返事をもらい、さらには相手に行動してもらうことが大切です。

勇気を持って、こちらの依頼を発信していきましょう。

ただし、一つだけ「伝えるコツ」があります。

何かを頼むのであれば「理由らしきもの」を書きましょう

  • 「今日中に発送してください」
  • 「今日中に回答ください」

そんなお願いをするときには、できるだけ「理由」「理由らしきもの」を書くようにしましょう。

というのも、頼みごとに理由があると人は「無視しにくい」生き物だからです。

また、担当者(窓口)の上司を間接的に説得する時に「理由」は有用ですよね。

たとえば、こんな構成にします。

  1. 今日中にカタログを発送してください。(お願い)
  2. 来週月曜日にアポを取れた顧客から頼まれているからです。(理由)
  3. 発送できたら FEDEX のトラッキングナンバーを連絡ください。(お願い again )

最後の「お願い again 」のような「言い換え」をすると説得力が増します。

英語でも日本語でも同じように効果があるので、何かをお願いする時に使ってみてください。

今日中に、は within today ではない、だけど……|まとめ

今回の内容をまとめておきましょう。

within という単語は、「ある程度、幅のある期間や範囲」に対して使います。

たとえば、「 within this week (今週中に)」「 within 3 minutes (3分以内に)」は文法的に正しい使い方です。

ただ、英語の世界で「 today 」という単語は「幅(はば)」がほとんどなく、「点(てん)」のイメージらしいんですよね。

だから、within と組み合わせるとしっくりこない、と。

こういったことは、シンプルな単語で構成されていてもわかりにくいものです。

ぼく自身も、もっと学ばないといけないな、と思ったので、あらためて整理してお伝えしました。

今日はありがとうございました。

また、お越しください。

管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年9月生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

ビジタブルをフォローする!
英語・仕事
ビジタブルをフォローする!
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました