【覚悟】簿記3級が難しい3つの理由とは?|カベを乗り越えるフリー(無料)の教材も紹介

簿記の基礎

こんにちは。

とあるメーカーで20年以上、海外営業に従事している神高(かんだか)です。

昼休みに職場の若い後輩と話していたときのこと。

高橋
高橋

カンダカさん、ぼく大学生の時に簿記三級に挑戦したんですけど、難しすぎてあきらめました。トラウマなんです。

神高
神高

確かに、日商簿記3級は難しいね。ゼロから勉強すると、最初の「貸方」「借方」を覚えるあたりで、ちょっとした障害がある(笑)

「働きながら勉強するにしては難しすぎる。すぐに受かる人はどうやってんだ!」なんてね。

勉強をゼロから始めて心が折れそうになる気持ちは、よくわかります。

でも、将来性のある若者ですから、あえて「いやいや、一度社会人を経験してしまえば大丈夫。簿記3級なんて超簡単よ」と伝えました。

なぜなら、日々の仕事の中に「簿記3級」レベルの仕組みがたくさん隠れているから。

会社で数年でも働いた後であれば、日商簿記3級が難しくてトラウマになる、なんてことはないはずだよ、と。

実際、ちょっとした「気づき」だと思うんです。

もちろん、ヒトケタ時間(数時間)の勉強で受かるほど、簿記3級は低いハードルじゃないですよ。

勉強時間は最低20時間、しっかり取り組むなら50時間くらい欲しい。

とはいえ働きながらでも数週間で終わる内容ですし、自分なりの「難しく感じてしまう理由」さえわかれば、勇気を持って第一歩を踏み出せるはずです。

神高
神高

社会人が簿記3級を学ぶべき理由、そして環境は整っています。

記事の最後では「無料で簿記3級に合格できる教材セットをもらう方法」についても触れています。

気になる方は、最後だけでも読んで帰ってください。

≫記事の最後へジャンプ

【覚悟】簿記3級が難しい3つの理由とは?|カベを乗り越えるフリー(無料)の教材も紹介

ここからは、「簿記3級が難しい理由」と「乗り越え方」を3つ、一緒に見ていきましょう。

簿記3級が難しい理由は「専門用語」に不慣れだから|理由その1

簿記3級が難しいと感じる理由の第一は、「専門用語」が多く、不慣れだからです。

たとえ商業高校に在籍する高校生、経済学部、商学部に属する大学生だとしても、実際に「手形」や「当座預金」、ましてや「船荷証券( Bill of Lading )」なんて見聞きすることはないでしょう。

一方、社会人になれば入社数年でも財務、会計の専門用語に触れる機会はあります。

営業なら「売掛金(うりかけきん)」なんて日常会話にさえ出てくるでしょう。

営業や資材、あるいは貿易実務などに関わっておれば、まさに日常、毎日の出来事です。

これは、製造部門や品質保証などの会計とは無関係そうな部署であっても同様です。

製造部門、あるいはQA部門でも「消耗品」を発注し、入荷されれば「棚卸(たなおろし)」に備えて帳簿に記録を残します。

神高
神高

今の時代、実際にはオンライン上にデータが蓄積されていきますけどね。それでも、「原理」を知っておけば「例外」にも対処できます。

つまり、簿記を学ぶことで、あらゆる社内の経済活動が頭の中でつながるのです。

そこまで到達すれば、「専門用語」は単なる「決まり事」ではなく「仕事で使える言葉」となります。

対策:会計に関する「専門用語」を克服するためのポイント

専門用語に慣れるには、会社員なら日々の仕事の中で興味を持つのが近道です。

営業であれば、財務や会計と呼ばれる部署や資材・調達部門の仕事内容にも少しで良いので関心を持ってみましょう。

簿記の仕訳(しわけ)って、結局、バランスというかペア(組)だからです。

何かが増えれば、何かが減る。

あるいは、その責任を負う。

みたいなことで成り立っています。

その対比で理解を深めていけば、すべてを暗記せずとも体系的な知識が身に付きます。

簿記3級を取得することのメリットがわかってないから|理由その2

簿記3級を難しく感じる二つ目の理由は、取得のメリットをわかっていないからです。

簿記3級の内容を習得することで、自力で「確定申告」できるだけの基礎知識が身につきます。

単なる確定申告ではなく、控除額の大きい「青色申告」でさえ一人でできます。

年収二千万円を超えていないサラリーマンは、確定申告なんて必要ありません。

でも、「あー、確定申告なし。楽で良かった」なんて言っている場合ではないんですよ。

確定申告は「税金を取り戻すためのツール」であり、「事業・副業をやり遂げるための道具」でもあるのですから。

メリット:簿記3級レベルの知識があれば、税理士に頼まず一人で青色申告できます

サラリーマンとして定年退職を迎えて、そのあと、一生困らない年金と蓄えができている自信があるなら、この記事は忘れてください。

でも、おそらく我々は定年後も働くことになりますし、数年以内に副業が全面的に解禁されて、フリーランス的な仕事を個人事業主として始めるかも知れません。

神高
神高

英語とか、ライティングとか。新たに勉強してプログラミングとか。

年齢を重ねても、いろいろ学び、挑戦できますからね。

そんなときに「簿記3級」レベルの会計知識はとても役に立ちます。

簿記3級レベルのイメージが頭の中にあれば、今はクラウド会計ソフトが発達しているので税理士に頼まず一人で青色申告できます。

実際、ぼくも2020年3月に確定申告(人生初の青色申告)を経験しました。

今は AI 付きのクラウド会計があるので、本当に楽です。

AI(人工知能)が仕訳(しわけ)の候補を示してくれるので、使えば使うほど楽になります。

そして、最後は青色申告用の帳簿を自動で集計してくれます。

法人格は税理士が必要でしょうけど、個人の確定申告(青色申告)は月々千円ちょっとのアプリだけでこなせます。

市販されている書籍だけで学習を完結させようとするから|理由その3

朝活

日商簿記3級を難しく感じてしまう最後の理由は、「市販の書籍だけで学習を終わらせようとする」からです。

かなり薄い本、さらに「10日間で合格!!」なんて過激なタイトルの参考書が書店にはあふれています。

しかし、簿記でも英検でも、入門編の3級とはいえ本番の試験(本試験)が解けてはじめて合格です。

問題集は解けても、試験の本番では時間が足りなくなったり、盛大な勘違いをしてしまったり、と予想外のトラブルは起きます。

ですから、1回分でかまわないので過去問を手に入れて、一度、時間を測りながら解いてみましょう。

試験本番で「初めて」2時間とおしで問題を解いた、なんて経験値では厳しいですからね。

簿記3級の試験対策:過去問は書店で買わなくとも無料で手に入ります

過去問を書店で買う必要はありません。

TAC や大原簿記学校で資料請求すれば、無料で最新(前回)の過去問と解説がもらえます。

ぼくも何度か資料をもらっていますけれど、勧誘の電話などは一度も経験がありません。

いわゆる来場者プレゼントみたいな「販売促進用の特典」なので、遠慮なくいただきましょう。

まとめ:それでも簿記3級が難しいと感じるなら、フリーの動画もあります

ここまでの内容を振り返ります。

ここまでわかっても「簿記3級は無理だ、とてもチャレンジできない」という確固たる自信(!?)がある方に一つ、試していただきたい無料の「動画教材」があります。

公認会計士の学校「CPA会計学院」の資料請求で視聴できる「全6回」の講義を収めた「おためし教材」です。

これは、本来は「簿記3級の範囲をまとめた売り物(商品)」であると同時に、公認会計士に興味を持った方向けの「無料サンプル」なんですよね。

ですから、遠慮なくカタログや試供品を送ってもらう感覚で試させていただきましょう。

しかも「無料」なのに内容はホンモノです。

非常にレベルが高く、わかりやすい。

じつは、ぼくも「参考書」と「問題集」、そして「講義動画(全6回)」を受けとりました。

簿記3級テキスト外観

動画の講師は理事(学校代表)の公認会計士の方です。

神高
神高

深く、深く理解している先生の説明は、実にわかりやすくて驚きます。

お忙しいなら、第1回だけでも視聴ください。感動しますよ。

新しいことにチャレンジするなら、なにごとも「スモールスタート(できるだけ費用をかけず小さく始めること)」がおすすめです。

簿記3級に挑戦したいけれど、最初から費用はかけたくない。

そんな方にぴったりです。

≫無料の資料請求をして「簿記3級の教材セット」をもらう

無料の資料請求とメール登録だけですから、5分もあれば簿記3級の動画学習を始められますよ。

管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年9月生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

ビジタブルをフォローする!
簿記の基礎
ビジタブルをフォローする!
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました