【貿易】フォワーダーって正しい英語?海外でも通じる?

フォワーダーと陸海空貿易実務・事務処理

数週間前、大手企業の〇〇倉庫(〇〇=財閥系)から担当者が遊びに、ではなく打ち合わせに来ていた時のこと。

「うちみたいな会社、フォワーダーって呼ばれるんですかね?」と聞いてきたので、「世間ではそういう認識じゃない?」と返しました。

たしかに「フォワーダー」って定義がフワッとしていて、なんとなくカッコイイ英語表現です。

流行りの3PL(サードパーティーロジスティクス、荷主に代わって運送全体を取り仕切ること)とかやってそうだな、なんて。

勝手なイメージですけど。

今回は、その「フォワーダー」について、一緒に確認しておきましょう。

 

神高
神高

突然ですけど、貿易実務で英文メールの中に「 a forwarder 」と書いても、通じると思いますか?

スポンサーリンク

答え:フォワーダーを英語で書くときは a freight forwarder だと通じやすい

いきなり答えですが、英文メールや FAX の中であれば、「 a freight forwarder 」と書くほうが通じやすいです。

神高
神高

文脈によっては、単に「 a forwarder 」でも十分に通じます

この時、freight は 「貨物」という意味で使われています。

一方、forward は、「転送」「回送」「横持ち」といった意味で使われています。

つまり、「荷物を受け取って、運送業者に渡す」+「人」、が forward + er というわけです。

スポンサーリンク

フォワーダーは、「船や飛行機を運航する会社の代理店」の仕事もします

フォワーダーというとき、基本的には輸出や輸入を伴う貨物を扱える業者を意味しています。

ですから、荷物を送りたい人や受け取りたい人・法人(荷主)の輸出入を手伝うだけではなく、船や飛行機を運航する会社をサポートする仕事もしています。

実際、通関業の許可を持って国際物流に関わる企業・乙仲(□□運輸、□□回漕店、□□倉庫など)の中には、船側、飛行機側の荷役(にやく、にえき、貨物の積み下ろしや短距離の輸送など)をまるごと請け負うところもあるのです。

最初にお話しした財閥系の〇〇倉庫も、いろいろな運送業者を仲介し、国際的な物流に関われるので、じゅうぶんに「フォワーダー」としての立場を確立しています。

 

神高
神高

ただ、財閥系の倉庫会社は不動産収入がものすごいですから、「不動産デベロッパー」としての側面もあります。

 

複数の収入源がある企業って、うらやましいですね。

スポンサーリンク

フォワーダーの日本語訳は、いずれも長いので定まっていません|フォワーダー、または乙仲(おつなか)

40ft container

フォワーダーを一言で言い換える日本語訳はないものか、とあらためて探してみたものの、しっくりくるものがありませんでした。

  • 海上貨物取扱業者(かいじょうかもつとりあつかいぎょうしゃ)
  • 航空貨物取扱業者(こうくうかもつとりあつかいぎょうしゃ)
  • 貨物利用運送事業者(かもつりよううんようぎょうしゃ)

などの記述があるのですが、これらを使って呼ぶことはまれでしょう。

いずれも、非常に長いですからね。

したがい、貿易実務に関わる人の間では、そのままカタカナで「フォワーダー」、あるいは「乙仲(おつなか)」を使っていると想像します。

 

神高
神高

ちなみに、乙仲は乙種仲立業(おつしゅなかだちぎょう)に由来するらしいですよ

定期船の仲介が「乙種」、不定期船の仲介が「甲種」だったんですって。焼酎みたい

船にしても飛行機にしてもスペース(貨物を積める場所)が広いですから、輸出を希望する人(売主、荷主など)を探すのも一苦労です。

船倉(せんそう)がカラッポ、スカスカの状態で船や飛行機を運航すると大損害ですから、その荷物集めや梱包(混載作業 = LCL )をフォワーダーが手伝っているのです。

もし世の中にフォワーダーが存在しなかったら、個人や法人は船や飛行機と直接交渉はできないでしょうから、法外な高コストになるでしょう。

その意味では「混載」こそ「シェアリングエコノミー」の古典的な形だと言えます。

代理人のいない世界、想像するだけで「非効率」ですね。

スポンサーリンク

まとめ:forward は「電子メールの転送」の意味でも使われています

英単語としての「 forward 」はいくつかの顔があります。

まず、forward は前置詞になれます。その時の意味は、サッカーのフォワードと同じく「前方」。

Move forward! = 前に進め! といったイメージ、使い方ですね。

そして、コンピューター・通信の世界では、「電子メールの転送」がまさしく「 forward 」です。

転送されたメールの件名には「 Fwd: 」が追加されたのを見たことがありますよね?

神高
神高

これらの状況を関連付けておけば、より理解しやすいでしょう

 

タイトルとURLをコピーしました