【貿易】CIF-貿易実務で便利な用語・略語の意味と使い方

在来船貿易実務・事務処理

こんにちは。神高(かんだか)です。

職場の後輩から「 CIF の意味や使い方を教えて欲しい」と頼まれました。

貿易実務の用語・略語に INCOTERMS (インコタームズ)の「 CIF (シーアイエフ、シフと読みます)」があります。

神高
神高

今回は、CIF について、一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

CIF (シーアイエフ、またはシフと読みます)の意味

定義: CIF は「 Cost, Insurance and Freight 」を略した INCOTERMS です。

ここで、おのおのの言葉は、このように理解しておいてください。

  • Cost = コスト = 輸出する国において、荷物(商品、製品)を貨物船に積むまでの国内運賃
  • Insurance = インシュランス = 海上保険
  • Freight = フレート = 目的地までの運賃
  • INCOTERMS = インコタームズ = 国際商業会議所の定めた貿易ルール

Cost, Insurance and Freight「運賃保険料込み」ですから、「FOB までの費用( = Cost )」に加えて、「海上保険」と「目的地までの運賃」を負担する、というのが CIF の意味です。

ちなみに、危険負担( Risk )は FOB と同じく、「物品が本船の船上に置かれた(On board)」時に売主から買主に移転」します。

神高
神高

だから、FOB でも CIF でも、輸送途上で発生した損傷(ダメージ)に保険を使う時は「輸入者(買主)」が手続きするんですよね。「危険」と「所有権」は違う概念なんだけど、ちょっとわかりにくい、かな。

せっかくなので、前後のインコタームズをまとめた一覧もご紹介しておきます。

エクセル版なので、適当にダウンロードして使ってください。

クラウド版の Office 365 を使っているので長いアドレスになっていますけれど、怪しいリンクではありません。

次に、使い方をみていきましょう。

CIF (シーアイエフ、シフ)の使い方

契約書や船積書類(インボイスなど)に書く時は、CIF の後に港の名前を続けます。

例えば、神戸から上海まで貨物を運ぶのであれば、

CIF Shanghai, China: USD 100,000.-

といった書き方をします。(積む港、ここでは「神戸」は書きません)

このとき、Shanghai = 上海港(しゃんはいこう)= Shanghai Port を表していて、「上海港までの運賃と海上保険を『輸出する側』が負担します。その時の販売金額(売り上げ)は、USD 100,000.- です」ということが、この一行=ほんの数文字で表されています。

数億円単位の取引であっても、この表記は同様に機能します。

CIF (シーアイエフ、シフ)とコンテナ船

CIF はもともと従来からある「コンテナ船が発明される前の一般的な貨物船=在来船(ざいらいせん)」に使うために考案されたルールです。

ですから、「コンテナ船輸送には使わないでください」と INCOTERMS を考案して普及に努めている「国際商業会議所」は勧めています。

しかし、いまだにコンテナ輸送に CIF を使う事例はたくさんみられます。

その時、コンテナ船輸送に CIF を使った場合、CIP という別の INCOTERMS と同じ、と読み替えらるのが一般的です。

CIP = Carriage and Insurance Paid To = 運賃と保険を払う、の意味。最初の C ≠ Costに注意

ただ、CIP の場合は、具体的な場所(一般的には、コンテナターミナルの名前)を明記するので、

  • CIP Shanghai CFS, China

といった書き方をしましょう、と国際商業会議所は勧めています。

注)CFS = Container Freight Station = コンテナフレートステーション、荷物をコンテナから出し入れする場所

これであれば、途中に飛行機輸送や陸送(りくそう)が入っても、意味が通じますからね。

神高
神高

とはいえ、実務上は、まだまだ CIP Shanghai, China という「簡易的な」記載も多くみられます。会社に入って仕事を始めたときに「専門学校や資格のスクールで習ったのと違う……」とあわてないようにしましょう。

CIF (シーアイエフ、シフ)が FOB よりも多く使われる理由

神戸港

CIF は、日本国内向けの宅配便にたとえるなら、「元払い(もとばらい)=荷物を出したい人が運賃を払う」です。

これが、CIF が最も使われている理由です。

たとえば、「運賃と保険を含めて100万円で売る」とお互いに決めたら、売買の合意成立(ごういせいりつ)ですよね。

そのあと、売主(売る方)が安い輸送方法を探して、100万円の範囲内で利益が出るように努力をします。

理解を深めるために、もう少し具体的に、CIF と FOB を比較してみましょうか?

CIF (シーアイエフ、シフ)の最大のライバル FOB

たとえば、CIF とペアで語られることが多い FOB の場合、日本国内の輸送で例えるなら「着払い(ちゃくばらい)=荷物を受け取る人が運賃を払う」です。

しかし、日本国内でも「着払いにすると問題がある人」「過去に支払いで問題があった人」を相手に「着払い」を引き受けてくれないことがあります。

船の運賃は、巨大なだけに金額も大きい。

たとえば、コンテナであれば数十万円、在来船は数百万円からそれ以上になることもあります。

荷物を受け取る側に少しでも不安があれば、船会社は FOB を断り、 CIF やその他の「運賃を元払い」にする条件を要求してきます。

だから、FOB よりも CIF が一般的なのです。

CIF (シーアイエフ、シフ)で船を選ぶのは「輸出者」側

ビジネスの原則として、別に契約などで決めていなければ、「費用を負担する側」に、「詳細を決める権利」があります。

たとえば、FOB の場合は、買主 = かいぬし = 輸入する側が船を選ぶ権利があります。

CIF の場合は、まさにその逆で、売主 = うりぬし = 輸出する側が船を選びます。

先ほどの「元払い」との類推からすれば当然のことで、どの運送業者を使うのか、は CIF であれば貨物を出す側が決めることがわかります(注:契約で別の取り決めがあれば、それに従います。たとえば、クレーンの付いてない船はダメだ、〇〇年以上古い船は使えない、などなど)

ヤフオクやメルカリでも、そうですよね?

「落札者(買う側)」が送料を実費負担するなら、「落札者」は、念入りに送料を確認してきます。

この原則は、貿易実務を単なる「船積(ふなづみ)」「書類上の事務作業」として行っていると、見落としがちです。

まとめ:CIF (シーアイエフ、シフ)は残り続ける

いかがでしょうか。

大きく普及したものは、なかなか世の中から消えません。

ワード、エクセル、電子メール。タイムカードに、はては長時間の社内会議まで……。

機能や効率の観点からすると、もっと便利なものが開発されています。

しかし、人間は現状を変えたくない生き物なので、今、何とかなっていたら、わざわざ変えません。(これを「現状維持バイアス」といいます)

ですから、FOB と CIF のコンビについて、今回、説明したことをフワッとまとめて理解しておけば、貿易実務で長く活かせますよ。

CIF 以外のインコタームズINCOTERMS )については、こちらで確認してください。

タイトルとURLをコピーしました