「社会人なら一度は読みたい本」とは?▶

通関士教科書・完全攻略ガイド(ヒューマンアカデミーの市販書)がおすすめな人とは?|2021年版

貿易実務・通関士試験

こんにちは。

とあるメーカーで貿易実務に関わって20年超の神高(かんだか)です。

神高
神高

通関士試験には4年目で合格しています。いやぁ、無駄に苦労しました。

通関士の試験形式に慣れた3年目、4年目に主に使っていた参考書が、市販書(書店で手に入る本)の「通関士教科書 通関士 完全攻略ガイド」です。

出版元は、通関士の通信教育も行っているヒューマンアカデミー。

ヒューマンアカデミーも(おそらく)本音では本業の通信教育での知名度を上げたいはずですが、挨拶がわりに書店に並べているこの書籍(教科書)の評判がかなり良いのです。

実際、ぼくも「なるほど、わかりやすいな。情報量もあるし」と感じました。

ただ、断っておくと、ぼくが使ったのはかなり学習が進んでからです。

「完全攻略ガイド」はかなりボリュームがあるので、全くの初心者、初学者が使いこなせるかどうか、という問題があるんですよね。

1,2回でも本番の受験経験を経た後でこの本に出合うと「今までの授業(あるいは通信教育)は簡単すぎて無意味だった」なんて感じる人もいるでしょう。

実際、学習が進んだあとで「最初に選んだ教材は自分に合わなかった」「○○の講義だけでは合格レベルに届かなかった」という声が出ます。

ただ、そう思えるのは、すでに体系的な知識が頭の中にあるからです。

一般的に通信教育やスクールは、脱落する人を減らすために、入り口を広く構えるもの。

通信教育やスクールは、学習を始めてすぐ、最初のあたりでつまづくことが無いよう、授業やミニテスト、アプリなどを使って徐々にステップアップしていきますからね。

だから、まだ通関士の本試験(試験の本番)や総合模試を受けたことがない人に「この本はオススメですか?」とたずねられたら、ぼくは「ちょっとハードルが高すぎるんじゃないかな。まずは目次を眺めてみては?」と答えるでしょう。

なお、 Amazon Kindle 版ならば「無料サンプルを送信」を使うことで最初の約60ページが無料で読めます。

↓↓無料サンプルはこちら↓↓

試験後に中古で売れること、そして読みやすさから書籍版(印刷物)がオススメですけれど、まずは無料で勉強を始めて自分の知識や適性を試す、というのも得策です。

通関士教科書・完全攻略ガイド(ヒューマンアカデミーの市販書)がおすすめな人とは?|2021年版

BUSITABLE-ビジタブル

ということで、通関士教科書・完全攻略ガイドから、2021年版の目次から紹介しましょう。

これらの目次タイトルをざっと眺めてみて「何のことか、さっぱりわからないよ…」という人は、少し遠回りでも貿易その他、基礎的な内容から始める方が安全だろうと思います。

せっかく貿易周辺の知識を体系的に勉強してみよう、なんて感じで通関士試験に興味が出てきたのに、早々に挫折してしまったら、もったいないですからね。

通関士教科書 通関士 完全攻略ガイド 2021年版 目次

関税法

総則定義期間及び期限
輸入
輸出
外国貨物
内国貨物
その他の用語の定義

船舶及び航空機
通関前の諸手続き

通関(輸出通関)
輸出通関の流れ
輸出申告の方法と輸出申告書の記載事項
特定輸出申告制度
認定通関業者制度
輸出申告書に添付する書類
証明または確認
税関による貨物の検査
輸出許可書の内容変更
輸出取りやめ
輸出してはならない貨物
外国貨物の積戻し

通関(輸入通関)
輸入通関の流れ
輸入通関の手続き
輸入申告の方法と輸入申告書の記載事項
輸入申告書の添付書類
証明または確認
税関による貨物の検査
輸入してはならない貨物
原産地を偽った表示等がされている貨物
輸入許可の要件
輸入許可前引取
予備審査制
特例輸入申告制度
事前教示
郵便物等に関する特例

保税地域
保税地域の種類と定義
保税地域の一般的取り締まり
保税地域の許可(指定保税地域を除く)
指定保税地域
保税蔵置場
保税工場
特定保税承認制度
保税展示場
総合保税地域
他所蔵置許可制度

運送
保税運送
郵便物の保全
特定保税運送制度
難破貨物等の運送
内国貨物の運送

収容および 留置
収容
公売または売却等
留置

課税要件(課税物件確定時期と適用法令)
課税要件
課税物件
課税物件の確定の時期と適用法令

課税要件(納税義務者)
納税義務者の種類
原則的納税義務者
特別納税義務者(拡張的納税義務者)

関税額の確定
関税額の確定方式
申告納税方式による関税の確定
賦課課税方式による関税の確定

関税等の納付及び納期限
関税の納付
関税の法定納期限と納期限
附帯税
徴収権等の消滅時効
関税の担保

不服申し立てその他の雑則
不服申し立て
その他の雑則

関税定率法

総則・税率
趣旨
定義
課税標準及び税率
入国者の輸入貨物に対する簡易税率
少額輸入貨物に対する簡易税率

課税価格の決定の原則
課税価格の決定の原則の仕組み
現実支払価格
現実支払価格に加算すべき加算要素

課税価額決定方法の例外
課税価格決定方法の例外とは
輸入取引に特別な事情がある場合
輸入取引によらない輸入貨物
同種または類似の貨物に係る取引価額による課税価格の決定
国内販売価格に基づく課税価格の決定
製造原価に基づく課税価格の決定方法
変質又は損傷に係る輸入貨物の課税価格の決定
航空運送貨物等に係る課税価格の決定の特例

特殊関税
便益関税
報復関税等
相殺関税
不当廉売関税
対抗関税

減免税・戻し税
変質、損傷等の場合の減税
変質損傷等の場合の戻し税等
加工又は修繕のため輸出された貨物の減税
生活関連物資の減免税
製造用原料品の減税又は免税
無条件免税
再輸入免税

減免税・戻し税(2)
外国で採捕された水産物等の減税または免税
特定用途免税
外交官用貨物等の免税
再輸出免税
再輸出減税
輸出貨物の製造用原料品の減免税
輸出貨物の製造用原料品の戻し税
内貨原料品による製品の輸出免税
課税原料品による製品の輸出戻し税
輸入時と同一状態で産出される場合の戻し税
軽減税率適用貨物の用途外使用の制限等
関税の軽減、免除等を受けた物品の転用

関税暫定措置法

関税暫定措置法
航空機部品等の免税
加工又は組立てのため輸出された貨物を原材料とした製品の減税
軽減税率などの適用手続き
特恵関税制度

その他の法令、条約
電子情報処理組織による輸出入等関連業務の処理等に関する法律
税関関係手数料令
コンテナー条約など特例法
ATA 条約の実施に伴う関税法等特例法

外国為替及び外国貿易法

外国為替及び外国貿易法
外国為替及び外国貿易法(外為法)
輸出貿易管理令
輸入貿易管理令

通関業法

総則(目的、定義)
通関業法
その他の定義
通関業務と委任関係

通関業の許可
通関業の許可
通関業の許可の条件
許可の申請
許可の基準
欠格事由
関連業務
営業所の新設
営業所の新設に係る許可の特例
許可の消滅
許可の取り消し
許可の申請事項等の変更等の届出
権限の意味

通関業者の義務・通関業者の権利
通関業者の義務
通関業者の権利

通関士
通関士の確認
通関士の義務・通関業務を担当する一般従業者の義務
通関士の資格の喪失
財務大臣の権限の委任

監督処分と懲戒処分
通関業者に対する監督処分
通関士に対する懲戒処分
財務大臣の権限の委任
報告の聴取
罰則
両罰規定

通関書類の作成及び通関業務

輸出申告書の作成
仕入書インボイスの記載内容について
輸出申告書の作成
輸出申告演習問題と解説

輸入申告書の作成
輸入申告事項登録画面の内容
輸入申告演習問題と解説

関税額等と課税価格の計算方法及び関税率表の解釈に関する通則
関税額等の計算方法
課税価格の計算方法
関税率表の解釈に関する通則

関税率表の所属の決定
部又は類の注の規定
関税率表の所属決定要件で最も重要な要素
2つの関税率表上の類または項を分類する要素

通関士・完全攻略ガイドの目次なんて簡単だよ、という人なら

「通関士・完全攻略ガイドの目次に示されている内容なんて簡単、基礎的な内容だよ」と感じる人は、この本を使いこなせる人です。

買って損はないでしょう。

さらに言えば、すでに税関のサイトや通関士ポータルで公開されている過去問と各スクールの公開模試の研究に注力する段階でしょう。

というのも、いくら評判が良いスクールや通信教育で学んだとしても、最後は本試験の問題、そして得点配分と向き合うしかないからです。

通関士試験に3科目受験で挑戦する場合、ほぼ間違いなく3科目目の貿易実務が合否のカギを握ります。

その少し前の段階、レベルまでは自分で到達するしかありません。

各種スクールの合格体験記、合格者の勉強法は参考になりますけれど、スクールや通信教育が代わりに試験を受けてくれるわけではないからです。

最後の頂上に至る部分は、受験者それぞれの工夫と頑張りで登りきっています。

ヒューマンアカデミーの市販書、通関士教科書・完全攻略ガイドがおすすめな人とは?|2021年版(まとめ)

BUSITABLE-ビジタブル

ここまでの内容をまとめておきましょう。

貿易あるいは海外営業周辺の知識を体系的に学ぼうと思うとき、働きながら自分のペースで通関士試験にチャレンジするのは悪くない選択肢だと思います。

唯一の国家試験ですし、特に関税法とその周辺を学ぶことで、貿易の基礎そして例外的な取扱いを知ることができるからです。

他所蔵置や再輸出免税なんて、通関業者から提案されるケースもあるとは思いますが、メーカーあるいは商社で輸出入を担当している立場なら知っておいて損はないルール、取り扱いでしょう。

正直、単に自社の製品を輸出、輸入するだけなら、ちょっとオーバースペックな資格だと思います。

しかし、体系的に貿易実務を学べる、しかも国家資格という意味では、その立場にある人なら通関士試験は魅力ある目標ではないでしょうか。

電子書籍の無料サンプルは、自分との適性を知るうえで便利です。

↓↓無料サンプルはこちら↓↓

正直、1年での合格は厳しくとも、2、3年かけてトータルで300時間から500時間の学習時間を積み上げられるなら、働きながらでもチャレンジできます。

タイトルとURLをコピーしました