「社会人なら一度は読みたい本」とは?▶

【貿易】ドレ―(Drayage、Dray)とは?|ドレージとも呼ぶ貿易用語の意味と使い方

貿易実務・事務処理

こんにちは。

とあるメーカーで貿易実務に関わって20年超の神高(かんだか)です。

ドレ―(Drayage、Dray)の意味について、職場で質問されました。

倉庫や工場など、実際に貨物、商品を積み込むところを目にしている部署なら耳にする。

ですが、営業や調達など離れた場所に居ると、たしかにわかりにくいワードです。

輸出者( shipper )や輸入者( consignee )の貿易実務担当者だと、接する機会が少ないかも知れません。

しかし、知っておくと乙仲業者(フォワーダー)との会話を理解しやすくなります。

せっかくの機会なので、いっしょに確認していきましょう。

【貿易】ドレ―(Drayage、Dray)とは?|ドレージとも呼ぶ貿易用語の意味と使い方

ドレ―(Drayage、Dray)とは、「コンテナ貨物をトレーラーなどで輸送すること」を指します。

一般的には、トレーラーやトラックなど車両による陸送(りくそう)ですね。

また、それが転じて輸送する費用(コスト)を意味することもあります。

ポイントは「メインの輸送を指しているわけではない」という点でしょう。

船積、あるいは飛行機に乗せるまでの(たいてい)短い距離を運ぶ行為が「ドレ―」という用語の持つイメージです。

横持ち(よこもち)をドレ―と呼ぶこともあります

通関業者と話をしている中でドレ―のことを「横持ち(よこもち)と呼ぶこともあります。

たとえば、自分が勤めている会社の工場や倉庫から港の近くの CY(コンテナヤード)に輸送するケースですね。

輸入であれば、逆のルート、つまり港から工場・倉庫への輸送になります。

ただ、横持ち、という言葉自体に法律などで定義があるわけではないので、より広い使い方をされることもあるでしょう。

通関業者やフォワーダーが「横持ち」という用語を使った時に曖昧であれば、確認するようにしましょう。

なお、広い意味の「横持ち」はドレ―と違い、陸送に限りません。

港から港に船や艀(はしけ)、バージなどで輸送することを「横持ち」と呼ぶこともあります。

ドレージの英語は Drayage、Dray だけど具体的に伝える方が楽です

ドレージ、ドレ―の語源が「 Drayage 」「 Dray 」という英単語であることは間違いなく、英和辞書にも載っています。

( Dray には「かつて酒樽などの重量貨物を運んだ4輪車」みたいなノスタルジックな解説もあります)

ただ、英文メールにドレ―と書きたい時、かなり使いにくいんですよね。

したがい、無理して使わないことをおすすめします。

というのも、物流会社の担当者同士であれば誤解を生まないのでしょうが、売主( Shipper )と買主( Consignee )の間で使うには、ちょっと専門的過ぎるというか、定義されていない用語になるからです。

ですから、たとえば「貨物が到着してから貴社ハノイ工場までの輸送について、・・・」なんてメールで伝えたいのであれば、ドレ―なんて用語を無理に使う必要はありません。

Regarding the local transportation between CY to your Hanoi factory …

と書くほうがより正確に伝わります。

ドレ―という用語を使う時、コンテナ輸送をイメージします

4基のガントリークレーン

ドレ―、ドレージという用語を使う時、コンテナでの輸送をイメージします。

在来船貨物やブレイクバルクカーゴの印象はありません。

おそらくこれは、ドレ―会社、ドレージ会社という表現が一般的だからでしょう。

「ドレ―しようにも運転手が不足していて……」みたいな会話が行われるとき、コンテナを運ぶ専用トレーラーの画像が頭に浮かびますものね。

それだけ、コンテナによる輸送が一般化している、ということでもあります。

まとめ|【貿易】ドレ―(Drayage、Dray)とは?|貿易実務での意味と使い方

ここまでの内容をまとめます。

メーカー、商社などに勤めているとしても、日常的に製品や商品を目にすることなく、日々の輸出や輸入に関わるケースもよくあるでしょう。

となると、倉庫、あるいは工場など、日常的に自社の製品を目にする方と比べて、極端に実物の輸送や梱包に対して知識が少ない、ということもあり得ます。

実際、ぼくも工場に勤務しているときは「ドレ―」という単語を使いましたけれど、書類の仕事が中心となると「世界的なドレージ不足で……」みたいなフォワーダーとの会話で登場するくらいです。

とはいえ、専門用語、業界用語は日々のコミュニケーションを楽にしてくれますから、曖昧だな、と思ったら検索したり、用語集にあたってみたりすると先々の仕事が楽になりますよ。

貿易実務・事務処理
応援、ありがとうございます!
フォローいただけると励みになります!
管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

フォローいただけると励みになります!
無料版の Slack で情報交換しませんか?
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました