「社会人なら一度は読みたい本」とは?▶

【貿易】三菱重工が長崎造船所の一部を売却?|日本初のコンテナ船「箱根丸」

長崎の夜景貿易実務・事務処理

2019年12月13日(金)、新聞各紙は「三菱重工業、長崎造船所の香焼工場売却か」との記事を発表しました。(香焼の読み方は「こうやぎ」です)

ぼく自身は船自体の構造や造船業界には疎い(うとい)ものの、中小企業(メーカー)で貿易実務や海外営業に関わっていますから、かなり驚きました。

というのも、三菱重工は日本で初めてコンテナ船「箱根丸(はこねまる)」を造ったくらいの老舗であって、貿易、物流への貢献度は計り知れないからです。

今回は、その新聞報道のあらましと三菱重工の神戸造船所が建造した「箱根丸」について整理してみました。

 

神高
神高

貿易実務に関わる人は、周辺知識として知っておくと良いですよ。

コンテナ船や貨物船への関心が少し、高まりますしね。

注)2019年12月18日付で正式なプレスリリースが三菱重工からありました。

【貿易】三菱重工が長崎造船所の香焼(こうやぎ)工場を売却?

2019年12月13日(金)、新聞各紙は細かいニュアンスは違うものの、以下のような報道をしました。

  • 三菱重工業は、長崎造船所の香焼(こうやぎ)工場を売却すると決めたようだ。
  • 売却先は、長崎県西海市(さいかいし)にある大島造船所(おおしまぞうせんしょ)といわれている。
  • 今回の決定で、三菱重工はLNG船(液化天然ガス、Liquefied Natural Gasの運搬船)から撤退することになりそうだ。
  • 発表は2019年12月15日(日)の週となるようだ。

香焼工場を吸収する、と報じられた大島造船所(おおしまぞうせんしょ)は同じ長崎県にある造船所で、新聞によっては「日本第三位」とも紹介しています。

たしかに、竣工量(船を完成させた量、プロダクションボリューム)は以下の統計データからわかるとおり、2016年の統計で国内第3位となっています。

今治造船が首位、次いで JMU( Japan Marine United、ジャパンマリンユナイテッド )、3位が大島造船所です。

神高
神高

国土交通省の資料もネットで見つかりました。同じく、3位は大島造船所です。

それにしても、「今治造船」のシェアの大きさは目立ちますね。

実際、2017年11月、日本で一番大きなコンテナ船も「今治造船」が建造していることがわかっています。

神高
神高

20,182 TEU(20フィートコンテナなら 20,182 個を積めるサイズ)ですって。

三菱重工、長崎造船所の香焼(こうやぎ)工場を購入する大島造船所の位置関係

三菱重工、長崎造船所の香焼(読み方:こうやぎ)工場を購入する大島造船所とはどんなところなのか。

大島造船所の公式サイトはこちらです。

ちなみに、三菱重工業の香焼工場は「長崎県長崎市香焼町180」です。

Google Map のルート検索機能で、「三菱重工業長崎造船所 香焼工場」と「大島造船所」、互いの位置関係と距離を調べてみましょう。

同じ「長崎県」ですけれども、約75km、自動車で二時間弱の距離なんですね。

箱根丸(はこねまる)が建造されたのは1968年【案外、新しい】

箱根丸(はこねまる)はNYK(日本郵船)が建造した日本初のコンテナ船として知られています。

完成(竣工)したのは1968年ですから、コンテナ船の歴史って案外、短いんですよ。

戦時中はおろか、高度成長期の終わりごろになってようやく表れてきた「ニューテクノロジー」なわけです。

ぼくが生まれたのが1974年、第一次オイルショックの直後ですから、その少し前ですね。

ちなみに、NYK のコンテナ船部門はいま、MOL、K-LINE と一緒になり、ONE と名前を変えています。

この日本初のコンテナ船「箱根丸(752 TEU)」を建造したのは、三菱重工業の神戸造船所でした。カリフォルニアと日本を結ぶ航路に投入されたそうです。

神高
神高

カリフォルニア航路で752 TEU って、かなり小さいですね!今なら、関西地区から韓国や上海に向かう船でも、もう少し大きいでしょう。

その神戸造船所は、2010年に商船(コンテナ船とか貨物船とか)からの撤退を決めています。防衛省(自衛隊関係)の船は、造っているようですけどね。

日本の造船業と韓国、中国との競争激化がもたらしたもの

今回の内容を簡単にまとめておきましょう。

  1. 【貿易】三菱重工が長崎造船所の香焼(こうやぎ)工場を売却?
  2. 三菱重工、長崎造船所の香焼(読み方:こうやぎ)工場を購入する大島造船所とは?
  3. 箱根丸(はこねまる)が建造されたのは1968年【案外、新しい】

今回の報道で、「韓国、中国の造船所が合併で巨大化し、競争力が増す中で日本国内も造船所の統合が進んでいる」という解説が多く見られました。

  • 韓国の場合:「現代重工業」と「大宇造船海洋」
  • 中国の場合:「中国船舶工業集団( CSSC )」と「中国船舶重工集団( CSIS )」

これらはいずれも各国の最大手が手を組んでいる、という点で、大きな時代の流れを感じます。

また、日本では先だって今治造船と JMU ( Japan Marine United )が提携をすることも発表されているんですね。

ですから、この2019年という年は、日本だけでなく、中国、韓国にとっても節目の年として記憶されるかも知れません。

神高
神高

厳しい競争だとは想像しますけれども、何とか日本の造船所も強みを発揮してポジション(地位)を保って欲しいですね。

「ビジタブル」の電子書籍、出しました
貿易実務・事務処理
応援、ありがとうございます!
フォローいただけると励みになります!
管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

フォローいただけると励みになります!
無料版の Slack で情報交換しませんか?
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました