【貿易】SHIP SPARES IN TRANSIT の意味と使い方とは?|船用品として輸送するケースと例外的な処理

貿易実務・事務処理

こんにちは。

とあるメーカーで貿易実務に関わって20年超の神高(かんだか)です。

「 SHIP SPARES IN TRANSIT と船積書類に書いてください」とお客さんから言われたのですが、どんな意味ですか?

との質問を職場の若い同僚からいただきました。

「 SHIP SPARES IN TRANSIT 」は「 船用品、機用品」を飛行機や船で海外に輸送する時に使う決まり文句で、外国貨物のまま、外国船籍の船が自分で持って帰る時に使います。

関税法でいうところの「積み戻し(つみもどし)」に該当します。

とはいえ、舶用機器、機用品などを扱うなど、なかなかに珍しいケースなので、この機会に説明しておきましょう。

SHIP SPARES IN TRANSIT の意味と使い方とは?|船用品として輸送するケース

SHIP SPARES IN TRANSIT というのは、以下のような単語で成り立っています。

  • SHIP: 船、船舶(せんぱく)
  • SPARES: 予備品、部品
  • IN TRANSIT: 立ち寄った時に(受け取る、積み込む)

ここでイメージしておきたいのは「船が自分で使うじう器(什器)や補用品(ほようひん)を引き取る」という点です。

船、特に国から国へ移動する外航船(がいこうせん)は、必要な資材や消耗品を、各国の港で調達します。

時に、船の運航に必要な部品を遠く日本から取り寄せて、船の交換部品として使う、というケースも発生するんですよ。

その時、船積書類(インボイスや船荷証券)に「 SHIPS PARTS IN TRANSIT 」と記載しておくのです。

そうすれば、たとえば航空便で特定の外国に配達したとしても、すぐに外国船籍の船に「外国貨物のまま」載せてくれる可能性が高い。

現地の税関も、基本的には協力してくれます。

「外国貨物のまま輸出すること」を専門用語で「積み戻し」と呼びますが、そのとき、通常の「輸出」と同じルールが適用されます。

そして、一般的には「外国貨物」をそのまま「外国船籍」の船に載せるのですから、あらためて「輸入~輸出」という手続きを踏むよりも処理は早くなります(各国のルールに従います)。

よって、「 SHIPS IN TRANSIT 」の記載は「売主(うりぬし)」「買主(かいぬし)」ともにメリットが大きい、ということになります。

SHIP SPARES IN TRANSIT の使い方|船荷証券( B/L )とインボイス( I/V )に書く

「 SHIPS IN TRANSIT 」と船積書類に書いてください、と言われても、どうすれば良いのか、迷う方もいらっしゃるでしょう。

具体的には「 インボイス( INVOICE )」と「船荷証券( B/L, Bill of Lading )」に書くことになります。

これは、たとえばインボイスに無償品(無料で引き渡すサンプルなど)を表す「 NON COMMERCIAL VALUE 」を記載したりするのと同じ考え方です。

神高
神高

ちなみに、NON COMMERCIAL VALUE と書くのは「無償品」のときです。

船用品であっても通常の売買契約ならば書きません。

「 SHIPS IN TRANSIT 」と明記しておくことで、現地の税関は「なるほど、この貨物は港に立ち寄る外国船籍の船が自分で使うために持って帰るのだな」と理解してくれます。

結果として、貨物は外国貨物のまま、希望する船に積み込まれ、航海の途中で必要に応じて使用されるわけです。

SHIP SPARES IN TRANIT のコンサイニー(荷受人、Consignee)は船長となることが多い

SHIP SPARES IN TRANIT のコンサイニー(荷受人、Consignee)は船長となることが多いでしょう。

というのも、船用品、機用品は、その船で実際に使うことを前提としたルールだからです。

逆に言えば、その船に要らないもの、使わないものを「船用品」として積むことはないですよね。

船長宛てのコンサイニー欄には、たとえばこのような記載をします。

TO THE CAPTAIN OF M/V “MOL TRIUMPH”)

C/O BUSITABLE TRADING INC., OKAYAMA, JAPAN (注:実際は詳しい住所を書きます)

ここで「 CAPTAIN 」は船長、「M/V “~”」には貨物を最終的に引き取る船の名前を書きます。

神高
神高

M/V は Motor Vessel(内燃機船) の略です。Merchant Vessel(商船) の意味で使う人もいますけど、今回のケースはどちらでも正しいですね。

ただ、世界中を旅している船長にこの情報だけでは貨物を届けられないので、C/O ( care of、気付、きづけ )として現地の代理店を記載します。

この時、Notify Party 欄にも詳しい連絡先( 電話、FAX だけでなく E-mail なども)を書いておけば、より確実に貨物を届けられます。

ちなみに、MOL TRIUMPH(エムオーエルトライアンフ)はテレビで紹介されて話題のコンテナ船です。

船用品と認められないケースもある|通常の貨物として積み戻し手続きが行われます

ここまでは、じう器(什器、日用的な雑貨のこと)とみなされて船に積み込まれる前提で解説してきました。

とはいえ、大きい貨物、特殊な貨物であれば、船用品と認められないケースもあります。

たとえば、船に搭載されているエンジンの特殊で巨大な部品、となるとおそらく「船用品」として現地の税関は処理してくれないでしょう。

巨大な貨物、船用品として扱うにはあまりに高価な部品などの時は、「船用品」ではなく通常の貨物として積み戻し(外国貨物のまま、輸出されること)手続きが行われることになります。

その時は、最終的に SHIP SPARES を積み込む船の船舶代理店(貨物を積みたい船の現地代理店)がうまく処理できるように協力することになります。

いろいろなケースがありますが、たとえば図面、何に使うものなのかを説明する簡単なレター、MSDS(成分を示した一覧表) などを用意することになるでしょう。

もちろん、国によっても違いますから、現地からの要請に従い、ケースバイケースで対応します。

とはいえ、原則を知っておけば、例外にも対処できます。

また、事件は、必ずしも海外で起きるとは限りません。

もし、あなたの貨物が横浜港、あるいは神戸港に到着し、その船積書類に「 SHIP SPARES IN TRANSIT 」と書かれていれば、どうでしょう?

以上の原則的な内容を知っていけば、乙仲(フォワーダー)、荷主( Shipper )、そして日本の船舶代理店と協力しながら処理できるはずです。

SHIP SPARES IN TRANSIT の意味と使い方とは?|まとめ

4基のガントリークレーン

ここまでの内容をまとめておきます。

今回説明した「 SHIP SPARES IN TRANSIT 」は船に搭載される機械類や部品(舶用製品、とも呼ばれます)や飛行機に使われる機器(機用品、という用語も使います)を輸出入する立場であれば、知っておいて損はない知識です。

日本の製造業の世界的な地位、ポジションが徐々に弱くなっているとはいえ、部品や素材の分野ではいまだに中国、韓国には劣っていませんからね。

世界中を動き回る巨大なコンテナ船の主要な機械をささえる部品が日本製、というケースは珍しくない。

だから、「 SHIP SPARES IN TRANSIT 」という用語は便利だし、用途も広い。

スムーズにスペアパーツ(補用品、追加の部品)が船や航空機に引き渡されるように、知っておいて損のない知識です。

日本の製造業には、まだまだ世の中に貢献して欲しい。

がんばろうぜ、日本。

管理人の自己紹介
この記事を書いた人
Tohma Kandaka

神高 十真(かんだか とおま)
1974年9月生まれ
地方企業(メーカー)の海外営業職
貿易実務、英語などを一緒に学ぶビジタブル|busitable の中の人
通関士試験合格(3科目)、英検1級、TOEIC 900点-(計測中)、日商簿記2級、知財技能士2級など

ビジタブルをフォローする!
無料版の Slack で情報交換しませんか?
貿易実務・事務処理
ビジタブルをフォローする!
ビジタブル — busitable —
タイトルとURLをコピーしました