新ブログ:TOEIC-630.NET とは?

【貿易】STGが何故英ポンド?主要な国際通貨の略語もついでに憶えちゃえ!

英国ポンド 貿易実務・事務処理

先日、職場の後輩から、「この注文書に書いてある STG って三文字は何ですか?」との質問を受けました。

実際の書類を見せてもらうと、英国向けの輸出インボイスの通貨の場所に「 STG 」と書いてある。

ああ、これは「スターリングポンド」「英ポンド」の略表記で、通貨単位の「 GBP 」と一緒だよ、と伝えました。

ただ、「なぜ、STG なんです?」という質問にはすぐに返答できなかったので、貿易実務の参考書で調べてみました。

神高
神高

今回は、ついでに貿易実務で使う「国際通貨」単位について、整理してみましたよ。

【貿易】STGが何故英ポンド?主要な国際通貨の略語もついでに憶えちゃえ!

STG は pound sterling (ポンドスターリング)の略語で、イギリスの通貨を指します。

一文字で略すと「£」です。

ちなみに、「 sterling 」は「英貨」、あるいは「真正な」「立派な」とも訳される英単語で、古英語では「小さい星印」を指すのだそうです。昔の通貨は金や銀の含有量が決められていて、そのしるしに星を付けたとか。

その英国ポンドですが、かつては世界の基軸通貨でしたが、現在は米ドル( USD )、ユーロ( EUR )、日本円( JPY )に次いで4番目に多く外国為替市場で取引されている、と wikipedia(英語版)にあります。

貿易実務は「特定の二者」の間の取引なので、過去の慣習がそのまま続く、ということはよくあります。

この STG もその類で、別に通貨の表記に GBP (Great Britain Pound)を使っても良さそうなものですが、過去の注文書や契約書が STG 表記であれば、船積書類もそれに合わせて作成することになります。

新しい取引(引き合い、見積依頼)であれば、自社からの見積書には GBP を使うでしょうけどね。

長年取引がある相手とのやりとりですから、古き良き(?)時代の貿易を思い出させてくれるような、懐かしい響きもあります。

神高
神高

ところで、通貨の省略した3文字、製造業ではおなじみのISO(国際標準化機構)が定めているって知ってましたか?

貿易実務では「主要な通貨」と「自社が使っている通貨」を憶えておきましょう

メーカー、製造業であればなじみのある国際標準化機構( ISO、アイエスオー )は、通貨の略表記も ISO 4217 で定めています。

  • USD: 米国ドル、米ドル( US Dollar )
  • EUR: ユーロ( Euro )
  • JPY: 日本円( Japanse Yen )
  • GBP: 英国ポンド( Great Britain Pound )

最低限、これらは憶えておきましょう。日本円で見積(みつもり、価格提示)し、輸出するケースもありますからね。

次に、アジア地域との取引で使う機会が多いであろう通貨を挙げます。

  • CNY: 中国人民元( Chinese Yuan = 中国元に由来、RMB も慣習的に使われます)
  • HKD: 香港ドル( Hongkong Dollar )
  • KRW: 韓国ウォン( Korean Won )
  • TWD: ニュー台湾ドル( New Taiwan Dollar、NTD や NT$ 表記も慣習的に使われます )
  • SGD: シンガポールドル( Singapore Dollar )
  • THB: タイバーツ( Thai Baht )

このあたりが、USD 建(だて)や JPY 建の取引以外で使われる主要メンバーでしょう。

もちろん、世界的に「主要通貨」と呼ばれるものもあります。以下の4つは主要8通貨のメンバーに数えられていて、為替市場での取引も比較的大きい通貨です。

  • AUD: オーストラリアドル
  • NZD: ニュージーランドドル
  • CAD: カナダドル
  • CHF: スイスフラン

ただ、よほどの大手企業を除いて、自社が取引している顧客、サプライヤーは限られるでしょうから、まずはその地域の通貨を憶えておきましょう。

INCOTERMS 同様、よく使うものからで充分です。

中国との取引では RMB (人民元)の略表記を使うこともあります

中国の通貨

中国との取引では RMB (人民元)の略表記を使うこともあります。

船積書類で使われることもありますが、「現地でいくらだったから米ドル換算でいくら」といった電子メールでのやり取りでも多く見られますね。

たとえば、「現地のホテルの相場は RMB XXX = USD *** くらいだが予約して良いか?」など。

 

神高
神高

RMB は Renminbi に由来していて、漢字で書けば 人民幣(じんみんへい)です。

 

ちなみに、中国に出張すると RMB(CNY) は通貨の前に日本円と同じく¥(円の記号)を使った領収書を受け取ることがあります。

これも CNY や RMB の別表記ですね。

まとめ:国際通貨単位の表記は「商習慣」で決まることも多いです

今回の内容を簡単におさらいしておきましょう。

  1. 【貿易】STGが何故英ポンド?主要な国際通貨の略語もついでに憶えちゃえ!
  2. 貿易実務では「主要な通貨」と「自社が使っている通貨」を憶えておきましょう
  3. 中国との取引では RMB (人民元)の略表記を使うこともあります
  4. まとめ:国際通貨単位の表記は「商習慣」で決まることも多いです

RMB と CNY など、国際通貨単位の表記の違いは「商習慣」でうまくいっているなら、あえてイジる必要はないでしょう。

輸出者、輸入者が理解していて、きちんと貨物が引き渡されて代金が支払われているなら、目的は達しています。

神高
神高

ISO と違うとどうも気持ち悪い、ということなら、新しい取引(見積や契約)などで CNY で提案するのも一つの手ですけどね。

貿易実務って、こんな細かいことまで「商習慣」で変わってくるところが、面白いところですよね。

 

本日はお越しいただき、ありがとうございました。

最後に、もしあなたが貿易実務に関わって日が浅いなら、これだけは読んで帰ってください。

きっとお役に立てます。

タイトルとURLをコピーしました