【貿易】FIO、BT-BT 在来船で使う用語の意味と使い方とは?

月と貨物船貿易実務・事務処理

こんにちは。

とあるメーカーで貿易実務20年超の神高(かんだか)です。

在来船(= a conventional vessel、コンテナ船に対する、不定期の貨物船の別名)の船積みを近々、経験される予定がおありですか?

在来船を使う貿易実務の中で、BT-BT( Berth Term、バースターム )、FIO( Free-In-Out、フリーインアウト)など、あまり見かけない用語が使われることがあります。

ただ、コンテナ船による輸出入を主とする担当者の方ならば、これまで BT-BT や FIO といった略語に触れる機会は少なかったかも知れません。

なぜなら、コンテナ船の場合、基本的に「 BT-BT しか使われていない」からです。

 

神高
神高

今回は在来船で使われる略語、BT-BT と FIO の意味と使い方について解説していきます。

スポンサーリンク

FIO は Free-In-Out、BT-BT は Berth Term-Berth Term の略です

FIO、BT-BT はそれぞれ、次のような本来の意味を持っています。

  • FIO :Free-In-Out、船側からみたときに「荷役(にやく)の手配無し」
  • BT-BT : Berth Term – Berth Term、船側からみたときに「荷役の手配有り」

このとき、(輸出港)-(輸入港)を表していて、かりに「 BT – FO 」と書かれていれば、それは「輸出港では BT、輸入港では FO ( Free-Out ) 」を表しています。

この部分は、客先と取引条件を決める INCOTERMS ( FOBCIF など)だけでは定義できません。

ですから、BT-BT、FIO などの用語は、「荷主(輸出と輸入)と船の間の費用と責任範囲を決める」ために用いられる、とひとまず、理解してもらえばよいでしょう。

 

  • BT-BT: 船会社が運賃に荷役料を含んだ見積条件(主にコンテナ船、クレーンを持つ在来船用)
  • FIO: 「本船荷役(荷物を船に積み降ろしする作業)を船側は手配しない( In-Out から Free だ、と船側が決めた)」という条件(主にクレーンを持たない在来船、不定期船用)
  • FI-BT: 輸出港が FI、輸入港が BT。その他の組み合わせも同様

 

BT-BT、FIO などの用語は、荷物を頼む側(荷主側)の立場ではなく、「船側」「船会社側」から見た「見積の前提条件」なのです。

在来船により輸送される貨物の種類は、意外と多い

在来船により輸送される貨物の種類は、意外とあるものです。

市街地では、コンテナに入らないほどに大きい貨物が陸上輸送されているのを目にする機会は少ないでしょう。

しかし、あまり一般の方には知られていないものの、工業地帯から海外に向けて直接輸出されるプラント設備など、この分野の輸出は日々、行われています。

また、そこまで巨大でなくとも、コンテナにとても入らない大きさの荷物であれば、事情は同じです。

たとえば、以下のような貨物は在来船による輸送が検討されます。

  • 縦横高さが各3メートル前後の一体物の機械
  • 長さ15メートルの鉄製のシャフト
  • 重量が40トン以上ある切断できない金属の塊

約6mx約2mx約2m(20フィートコンテナ)、約12mx約2mx約2m(40フィートコンテナ)に入らないのであれば、原則、在来船(コンテナ船以外の一般的な貨物船、バルカー、バルクキャリア)を使うしかありません。

そのときに FIO や BT-BT などへの理解があれば、乙仲業者や運送会社との打ち合わせもスムーズに進みます。

神高
神高

少し大きい、少し重い、というレベルの貨物ならコンテナ船によるブレイクバルク扱い、特殊コンテナ扱いで運べる時もあります。

「少し」の度合いが船やルートによって違うので、乙仲や船舶代理店を通じて、船会社に相談してみましょう。

在来船輸送の運賃は、コンテナ船による輸送と大きく異なります

夜のコンテナターミナル

在来船による輸送になれていない場合、価格(運賃)が問題となります。

というのも、在来船には、コンテナ船のような運賃の定価( Tariff )が存在しないからです。

したがい、都度、どのような貨物をどのような条件で運ぶのか、運賃の見積(金額や条件の試算)を取る必要があります。

いわゆる「時価」なので、相場があってないようなもの。時期やルートによって大きく変わります。

しかも、在来船は一定の貨物の種類だけを扱っているわけではないので、仕向地(貨物が引き取られる場所)や貨物の不具合など、何かの事情で日本への寄港が遅れる、あるいは寄港自体が見送られる可能性もあります。

したがい、2社、可能なら3社、4社と比較検討をしておくことをおすすめします。

その際、見積書の中に、先ほどの BT-BT( Berth Term )、FIO( Free-In-Out )、あるいは、FIO-ST (Free-In-Out、Stowed、Trimmed )、Hook to Hook などの用語が使われています。

まとめ:在来船の経験が豊富な乙仲業者、荷役業者と十分に相談しましょう

今回の内容を簡単におさらいしておきます。

以上の内容は、荷主側(貨物を輸出する人)だけで悩んだり考えたりする必要はありません。

在来船を扱った経験のある乙仲業者、荷役業者は、船会社と協議して適切な提案をしてくれます。

必要に応じて、梱包業者にも打ち合わせに参加してもらって良いでしょう。

あなたが次に輸出を予定する貨物が、「日本初の梱包形態」ということはまずありません。

関係者はみな、それぞれが近い貨物の取り扱い経験をお持ちです。各々の提案を一緒に吟味していけば、現実的な解決策がきっと見つかります。

あなたの次の仕事が、うまくいきますように。

最後に。

もし、あなたが貿易実務に就いて日が浅いのであれば、こちらの記事だけは読んで帰ってください。

タイトルとURLをコピーしました